赤ちゃんの歯磨きはいつから?やり方は?生える前のケアと生え始めの磨き方

公開日:

歯は一生の付き合いになる体の重要なパーツの1つ。
赤ちゃんに歯が生え始めたら、いつから歯磨きをするものなのか、歯磨きを嫌がってしまう赤ちゃんにどう磨いてあげるか、嫌がらないための磨き方などをご紹介します。
正しい歯磨きのコツを知って、大切な赤ちゃんの歯をむし歯から守りましょう。

目次

  1. 赤ちゃんの歯磨きは、いつから?生える前のケアは?
    • 歯の生え始めは、ガーゼからスタート
    • 生え始める前からガーゼに慣らせても
    • 生え始める目安は、5~6ヶ月ごろ
  2. 赤ちゃんの歯磨き、やり方は?
    • 歯の磨き方
    • 歯磨きする時の姿勢
    • 歯ブラシの持ち方
    • 歯ブラシの使い方、前歯・奥歯の違い
  3. 歯ブラシの選び方は?
  4. 歯磨きの回数は、1日1回から
  5. 赤ちゃんが嫌がる時の磨き方
    • 遊びの中で教える、口の中を鏡で見せる
    • 歯磨きジェルを使ってみる
  6. ガーゼはいつから?歯が生える前のケアの仕方
    • ガーゼ磨きは離乳食が始まったら開始
    • ガーゼでの磨き方
    • 歯の掃除用ガーゼの選び方
  7. 赤ちゃんの歯磨き、しないとどうなる?
    • 歯磨きをしないと虫歯のリスクが
    • むし歯になったら治療はできるの?
  8. 歯磨き粉、フッ素は、必要?いつからはじめる?
    • 歯磨き粉は3~4歳頃からでOK
    • フッ素は絶対ではない
  9. 仕上げ磨きはいつからいつまで?
  10. まとめ

赤ちゃんの歯磨きは、いつから?生える前のケアは?

歯の生え始めは、ガーゼからスタート

歯磨きは乳歯が生えた段階ではじめましょう。
歯が1~2本のうちは歯磨きの感覚に慣れるためにガーゼを使って歯をぬぐうように磨くところからはじめ、ある程度本数が増えてきたら歯ブラシに移行すると良いでしょう。

生えたての乳歯はミルクや離乳食の食べかすなど、むし歯の危険が多くあります。
乳歯はいつか永久歯に生え変わるから・・・と歯磨きをおろそかにしてしまうと赤ちゃんがむし歯で痛い思いをするだけでなく、口の中でむし歯の原因菌が増えてしまいます。
むし歯の原因菌が一度増えてしまうと、永久歯にも影響を及ぼしかねません。
ていねいに歯磨きをし、日々のケアをしっかりすることで赤ちゃんの大切な乳歯を守りましょう。※1

 

生え始める前からガーゼに慣らせても

赤ちゃんにとって口の中を歯ブラシや指でいじられるのは本能的に嫌なものです。
歯磨きを本格的にスタートする前に、歯や唇に触れられる感触に慣れさせてあげましょう。
歯が気になり始めたら、湿らせたガーゼでやさしく口の中を拭いてあげます。
おっぱいやミルクを飲んだ後に習慣付けると、ママやパパにとっても練習になるので歯磨きもスムーズに始めやすくなります。

ガーゼ拭きのやり方は、後ほど詳しく解説します。

 

生え始める目安は、5~6ヶ月ごろ

一般的に多くの赤ちゃんは5~6ヶ月頃に下中央の前歯が生えはじめます
その後、10ヶ月頃に上中央の前歯が、さらに1歳頃に上下で8本くらい生え、1歳半には奥歯の頭が出てきます。
最終的に2歳半頃に上下20本の乳歯列が完成しますが、歯が生える時期は個人差がとても大きいものです。
ただし、中には1歳でやっとはじめの1本目が生えてきたという子もいます。
生える時期はあくまで目安としてとらえておきましょう。※2

歯が生え始める前の時期は、よだれの量が増える赤ちゃんもいます。
よだれは増えてもあまり気にしなくても大丈夫ですが、注意が必要な場合もあります。
赤ちゃんのよだれの量と対策

の記事で、詳しくご紹介しています。

※1 子供たちの口と歯の質問箱 日本小児歯科学会/2019年7月30日現在
http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq02.html
※2 はじめてのママ&パパの育児/五十嵐隆 監修/2014年10月10日発行/2019年7月30日現在/主婦の友社出版

赤ちゃんの歯磨き、やり方は?

歯の磨き方

赤ちゃんの小さい歯を磨くには少しコツがいります。

 

  • 歯磨きする時の姿勢
  • 歯ブラシの持ち方
  • 歯ブラシの使い方

この3点に気を付けて仕上げ磨きをすると上手に磨けます。
それぞれのやり方をご紹介します。

 

歯磨きする時の姿勢

歯の本数が少ないうちは授乳する時と同じ姿勢で行いましょう。
その際に赤ちゃんの手は親のわきの下にはさむと磨きやすくなります。
赤ちゃんがよく手を動かしてしまうようであれば、空いた手にお気に入りのおもちゃを持たせてみましょう。
奥歯が生えてきたら、子供をあおむけに寝かせた状態で頭を膝に乗せ、口の奥まで見えやすくして磨きます。

 ※3※4※5

歯ブラシの持ち方

仕上げ磨きをする時はまず歯ブラシの持ち方に注意しましょう。
力を入れて磨いてしまうと赤ちゃんが痛がってしまい、歯磨きを嫌がる原因になりかねません。
歯ブラシはえんぴつを持つイメージで人差し指と親指ではさみ、他の指は軽く添える程度にします。
この持ち方にすると力が入りすぎず、適度な力で磨くことができます。

※3※4※5

歯ブラシの使い方、前歯・奥歯の違い

磨く時は歯ブラシに力を入れすぎないよう注意して行いましょう。
歯ブラシは小刻みに動かすことがコツです。

 

【前歯の磨き方】
指で唇をやさしくめくって、歯ブラシを直角に当てて細かく動かします。
下の歯の前歯が磨きにくい場合は、歯ブラシを持っている手の小指と薬指で赤ちゃんの頬からアゴを固定させると磨きやすくなります。

※3※4※5


【奥歯の磨き方】
奥歯はブラシを持つ手を赤ちゃんの下あごに固定させつつ、もう片方の手の指で赤ちゃんの唇のわきを固定しながら磨きましょう。
ブラシは歯に対して45度くらい傾けて細かく動かすと上手に磨けます。
汚れがたまりやすい歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの間は特に丁寧に磨きます。
磨きにくい奥歯の裏は歯ブラシを縦にして、かき出すように磨きましょう。

※3※4※5

 

いくら歯磨きを頑張っても、欲しがるままに、だらだらとおやつをあげてしまうと、虫歯の原因になってしまいます。
離乳食中の赤ちゃんは、基本的におやつをあげなくても栄養的には問題はありません。
おやつを食べることを習慣づけてしまわないよう注意しましょう。
赤ちゃんのおやつの必要性やあげ方について

も、知っておくと歯の健康のためにもなりますよ。

※3 はじめてのママ&パパの育児/五十嵐隆 監修/2014年10月10日発行/2019年7月30日現在/主婦の友社出版
※4 最新版育児大全科/Baby-mo特別編集/五十嵐隆 監修/2019年2月28日発行/2019年7月30日現在/主婦の友社出版
※5 いちばんハッピーな育児BOOK/辻祐一郎 監修/2017年11月30日発行/2019年7月30日現在/成美堂出版

歯ブラシの選び方は?

歯ブラシは赤ちゃんが使う用のものと、親が行う仕上げ磨き用のものの2本を用意します。
赤ちゃん用はあくまで歯ブラシに慣れさせる目的ためのものであり、歯をきれいに磨くのは親が使う仕上げ磨きのブラシになります。
歯ブラシは赤ちゃんの月齢に合ったものを選びます。
小さめで毛先が丸くなっているものだと磨きやすく、歯や歯ぐきにもやさしくブラッシングできます。
赤ちゃんが楽しく歯磨きできるようにお気に入りのキャラクターがついたブラシを選ぶのもおすすめです。
また、仕上げ磨き用のブラシは親が持ちやすい柄の長めのものを、赤ちゃん用のブラシはのどを突かないようにガードが付いているものだと良いでしょう。

 

歯磨きの回数は、1日1回から

歯磨きをはじめて間もないうちは赤ちゃんの機嫌の良い時、1日1回にしましょう。
はじめのうちは歯ブラシの感触に慣れさせるために、1~2回ブラシで軽く歯にちょんちょんと触れるところからはじめましょう。
歯が生えはじめの時期は比較的何でも口に入れたがるので、このタイミングを逃さずに歯ブラシに慣れさせてしまうのがおすすめです。
歯磨きに慣れてきたら回数を増やして朝晩2回にします。
特に寝ている間は唾液が少なくなり、虫歯菌のリスクが高まるので夜の歯磨きは特にしっかり行うように心掛けましょう。
また食べかすで汚れやすい奥歯が生えてきたら、ていねいにブラッシングをしましょう。※3

 

※3 はじめてのママ&パパの育児/五十嵐隆 監修/2014年10月10日発行/2019年7月30日現在/主婦の友社出版

赤ちゃんが嫌がる時の磨き方

多くの子供がはじめのうちは歯磨きを嫌がってしまうものです。
しかし、むし歯になってしまうとさらに痛い思いをするだけでなく、永久歯の生え方などにも影響を及ぼすことがあります。
そうならないためにも小さなうちから歯磨きを習慣付けることは非常に大切なのです。

 

【嫌がるときに試したい方法】

  • 遊びの中で教える
  • 口の中を鏡で見せる
  • 歯磨きジェルを使ってみる

 

遊びの中で教える、口の中を鏡で見せる

歯磨きにちなんだ絵本や歌で親しみを持たせたり、手鏡を持たせ自分の口の中を見せながら「○○ちゃんの口の中にばいきんさんがいるよ!歯ブラシでやっつけようね」などと声かけをするなど工夫をしてみましょう。
最近では歯磨きが楽しくできるような支援アプリなどもあるので、スマートフォンの使い方に配慮しながら上手に活用していくのも良いでしょう。

 

歯磨きジェルを使ってみる

6ヶ月頃から使えるフルーツ味などの赤ちゃん用の歯磨きジェルを使うのもひとつの方法です。
子供が好む味付けがされているため、歯ブラシを嫌がらずに口に入れてくれることもあります。
歯磨きができたらちょっとしたご褒美をあげて、やる気を出させてあげるものおすすめ。
1回出来たごとにシールをあげたり、1歳半頃から食べられる子供用のキシリトールタブレットをあげるなど親の負担にならない範囲で行ってみましょう。

歯磨きはなるべく子供が楽しめる状況を根気強く作ってあげることが大切です。
逃げ回る子供を無理やり押さえつけて磨くと、かえって歯磨きを嫌いになってしまうこともあるため注意してくださいね。

 

ガーゼはいつから?歯が生える前のケアの仕方

歯磨きの前段階として、歯がしっかり生えていないうちは「ガーゼ拭き」をするのも、赤ちゃんの歯磨き慣らしに有効です。

 

ガーゼ磨きは離乳食が始まったら開始

ガーゼ磨きは、離乳食がはじまった段階で、歯ブラシを使う前の慣らしとしてはじめましょう。
口の中を拭かれる感覚に慣れさせておくと、その後の歯ブラシへの移行がしやすくなります。
ママやパパにとっても赤ちゃんの歯ぐきや歯の感触に慣れておくことで、仕上げ歯磨きもよりスムーズにできるでしょう。
また歯の本数が増えてくると、汚れのたまりやすい歯と歯などはガーゼだけはきれいに磨けなくなります。
歯の本数が増えてきたらガーゼではなく、歯ブラシに切り替えるようにしましょう。

離乳食の時期や進め方については、
離乳食の進め方について

詳しくこちらの記事でご紹介しています。

 

ガーゼでの磨き方

ガーゼ磨きはミルクや離乳食の後に行います。
清潔なガーゼを指に巻いて、やさしいタッチで口の中をぬぐうようにふいてあげます。
特にミルクなどのカスが溜まりやすい上唇の裏は丁寧に行いましょう。
はじめのうちはガーゼ磨きに慣れることを重視して長く磨きすぎないよう、赤ちゃんの様子を見ながら無理のないペース進めていくことがコツです。※6

 

歯の掃除用ガーゼの選び方

使用するガーゼはまず第一に清潔なものを選びましょう。
ガーゼの種類は色々ありますが、赤ちゃん用のやわらかいものがおすすめです。
ガーゼの他に、赤ちゃんの歯磨き用ウェットシートも市販されています。
ガーゼを濡らす手間もなく、成分も赤ちゃんに配慮した優しいものが使われています。
ウェットシートは使い捨てになるので、衛生面でも安心です。
用途に合わせて使う種類を選びましょう。

※6 子供たちの口と歯の質問箱 日本小児歯科学会/2019年7月30日現在
http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/faq02.html

赤ちゃんの歯磨き、しないとどうなる?

歯磨きをしないと虫歯のリスクが

赤ちゃんの歯が1本でも生えると、むし歯になるリスクが発生します。
歯磨きをしないと、食べかすなどのむし歯の原因菌をそのまま放置することになるのです。
乳歯がむし歯になると、永久歯もむし歯になりやすくなる、歯の生え方にも影響を与えてしまうなどさまざまなリスクが発生します。※7
赤ちゃんの乳歯は成長と共に生え変わるものですが、その後一生の付き合いになる永久歯の土台になる存在です。
乳歯の段階からしっかり歯磨きを行い、むし歯にさせないことは赤ちゃんの健やかな成長にとって必要不可欠なのだと意識しましょう。

 

むし歯になったら治療はできるの?

むし歯の治療は基本的に穴をけずってつめる方法になりますが、赤ちゃんの場合は泣いて激しく嫌がることもあり、施術が難しいケースも少なくありません。
そのため赤ちゃんに負担がかからないように、まずはむし歯の進行を止める治療を行い、年齢が少し上がってからしっかり治療を行うといった場合もあります。
いずれにせよむし歯になってしまうと赤ちゃんには大きな負担がかかってしまいます。
そうならないためにも日常的な歯磨きをしっかり行うように心掛けたいものです。

※7 いちばんハッピーな育児BOOK/辻祐一郎 監修/2017年11月30日発行/2019年7月30日現在/成美堂出版
※8 最新版育児大全科/Baby-mo特別編集/五十嵐隆 監修/2019年2月28日発行/2019年7月30日現在/主婦の友社出版

歯磨き粉、フッ素は、必要?いつからはじめる?

歯磨き粉は3~4歳頃からでOK

歯磨き粉は3~4歳ごろからの使用で充分です。※8
歯磨き粉を使わないと歯の汚れがきちんと落ちないのでは?と不安になる方もいますが、しっかり丁寧にブラッシングをすることが何よりも大切です。

 

フッ素は絶対ではない

生えたばかりの乳歯はエナメル質がまだ弱く、むし歯になりやすい状態です。
そこで活躍するのが歯のエナメル質を強く、かたくしてくれるフッ素です。
フッ素を塗布することでむし歯菌に負けないエナメル質を作り、ごく初期のむし歯であれば修復してくれることもあります。※9
ただしフッ素を塗ったからといって虫歯を完全に防げるわけではありません。
日々の歯磨きや小児歯科での定期検診を行うことが、歯の健やかな成長に欠かせないと意識しましょう。
またフッ素を使う時期ですが、歯がある程度生え揃った状態で行うのが良いとされています。 ※10
かかりつけの小児歯科などに相談し、赤ちゃんの歯の状態を見ながら進めていきましょう。

※9 最新版育児大全科/Baby-mo特別編集/五十嵐隆 監修/2019年2月28日発行/2019年7月30日現在/主婦の友社出版
※10 はじめてのママ&パパの育児/五十嵐隆 監修/2014年10月10日発行/2019年7月30日現在/主婦の友社出版

仕上げ磨きはいつからいつまで?

仕上げ磨きは、歯磨きをスタートした段階からはじめましょう
赤ちゃん用の歯ブラシはあくまで歯磨きに慣れされるものであって、磨くことが目的ではありません。
パパやママが仕上げ磨きをしてあげることで歯をきれいな状態に保ちましょう。
仕上げ磨きは子供が一人で上手に磨けるようになるまで続けます
何歳までは必ずしなければならないという目安はありませんが、臼歯の生えはじめにむし歯になることが多いため、小学校1~2年までは仕上げ磨きをする方が良いという考えもあります。※11
気がかりな場合は小児歯科などに相談したり、正しい歯磨きの仕方を指導してもらうと良いでしょう。
歯が生え始めたら、年1回でも定期的に小児歯科で歯の点検をしてもらうのもおすすめです。
小さい頃から歯医者さんで診てもらうことに子供が慣れていると、万が一歯の治療が必要になった際に、抵抗なく歯医者さんに診てもらうことができるかもしれません。

※11 たんぽぽ小児歯科/2019年7月30日現在
http://www.tanpoposhouni.jp/question.html

まとめ

永久歯の土台となる乳歯のケアはその後の歯の成長を左右するものです。
まだ自分で磨くことのできない赤ちゃんにとって、パパやママがしっかりケアを行うことでその後の歯の健やかな成長が守られます。
まだ小さいうちは歯磨きを嫌がって逃げ回ることもあり、苦労することも多いと思いますが根気強く続けて習慣付けていきましょう。
正しい歯の磨き方を知って、丁寧なケアで大切な我が子の歯を守りましょう。

公開日:
上へ