小学生の習い事おすすめは?いくつ習う?しない子はいる?デメリットは?

公開日:2019.10.28

最近では、子供の習い事が早期化しており、何か習い事をさせたいと迷っているパパママも多いでしょう。
周りのお友達に習い事を始める人が増えてくると、少し焦りを感じながらも、何を始めたらいいのか、いくつも習わせるべきなのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、小学生の習い事事情を、習い事の数や費用、人気やおすすめの習い事、さらに習い事が多すぎる場合のデメリットについてご紹介いたします。

目次

  1. 【小学生の習い事事情】習い事の数は2つ。費用は2万未満。していない人も2割。
    • 小学生の8割以上が習い事をしている。習い事をさせたくないも2割。
    • 習い事の費用は月18000円以上⁈
    • 小学生の習い事の数は、2つくらい
  2. スポーツ系の習い事は低学年を中心に人気!男女別おすすめの習い事
    • スポーツ系の習い事、水泳は男女とも人気
    • 男の子の習い事はスポーツ系がおすすめ
    • 女の子の習い事はピアノやダンスなどもおすすめ
  3. 習い事はデメリットも。多すぎる習い事は親子ともに負担に。
    • 習い事の費用がかさむ
    • 低学年のうちは送迎が親の負担になる
    • 習い事の時間が増えると遊びの時間が減る
    • 受け身になってしまわないよう注意が必要
    • 評価を気にしてしまうと自尊心に悪影響も?!
  4. 習い事に行きたがらない!本当に必要? と疑問を感じたら通信教育も
  5. まとめ

【小学生の習い事事情】習い事の数は2つ。費用は2万未満。していない人も2割。

小学生の8割以上が習い事をしている。習い事をさせたくないも2割。

小学生になると、なんらかの習い事をしていない人の方が少数派です。
ある民間企業の調査によると、放課後に習い事に通っている小学生は7割以上。※1
別の調査では、通信教育なども含め何らかの習い事をしている小学生が8割以上という結果が報告されています。※2
いまや、多くの小学生にとって習い事があることは当たり前の生活となっていることがわかります。
一方で、習い事をさせたくないという家庭も2割あり、全員が習い事をしているわけではなく、一定数習い事をさせない家庭もあることも分かっています。

 

習い事の費用は月18000円以上⁈

文部科学省の資料によると、公立小学校に通う子供が塾や習い事にかけている費用は、年間217,826 円、 私立小学校の子供は 613,022 円となっています。
月額に換算すると、公立小学校で1ヵ月18,152円、私立小学校で51,085円ということになります。
私立小学校に通う子では、習い事の費用負担も大きくなっています。
習い事の費用を左右するのが通塾の有無です。
お稽古事以外に、受験のための塾などに通うかどうかが費用の差に繋がっています。※3
小学生の学費については、
子育て費用、実際にかかる費用は?無理のない貯め方は?

でもご紹介しています。

小学生の習い事の数は、2つくらい

小学生は、いくつくらいの習い事をしているのでしょうか。
2017年の民間企業のアンケートでは、小学生の習い事は約2つとされています。
特に、首都圏ではその他の地域よりも習い事の数が多い傾向にあります。※4
他の研究では、平日1~2日習い事に通っている小学生が多いことが分かっており、放課後の1日~2日を使い、2つ程度の習い事をしていることがわかります。※1※5
では、どのような習い事が人気なのでしょうか。
男の子・女の子それぞれに人気の習い事とおすすめをご紹介します。

※1 明光義塾調べ「子どもの放課後の過ごし方」に関する実態調査/2017年9月/2019年4月10日現在
http://special.meikogijuku.jp/image/170908_meiko_houkago.pdf
※2 博報堂 小学生ママの「子どもの習い事・身につけさせたいスキル」レポート/2016 年 12 月/2019年4月10日現在
https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2016/12/20161222.pdf
※3 調査結果の概要/学習費総額/文部科学省 2017年12月/2019年4月10日現在
www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_3.pdf
※4 『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事ランキング/リクルートマーケティングパートナーズ/2019年4月10日現在
http://www.recruit-mp.co.jp/news/pdf/20171005_02.pdf
※5 都市部における塾・習い事に対する関わり方と子ども同士の交流の時間帯の関係 近江屋一郎 斎藤雪彦 田中史郎/千葉大学大学院園芸研究科 株式会社中村製作所/2019年4月10日現在
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jila/74/5/74_641/_pdf

スポーツ系の習い事は低学年を中心に人気!男女別おすすめの習い事

スポーツ系の習い事、水泳は男女とも人気

小学生の間は、スポーツ系の習い事をさせたいと考えるパパママも多いかと思います。
実際、水泳は低学年を中心に男女ともに人気の高い習い事です。
その他には、サッカーや野球などの運動クラブ、ダンスやバレエなどのパフォーマンス系の教室などが人気です。
武道や体操教室なども人気があり、スポーツ系の習い事と言っても幅広い選択肢があることがわかります。※6※7
現役東大生を対象として行われた「小学生時代の習い事」に関するアンケートでは、約65%が水泳を習っていたことがあると回答しており、人気の高さが伺えます。※8

 

男の子の習い事はスポーツ系がおすすめ

水泳は男女ともに人気の習い事ですが、男の子の場合はサッカーや野球などの運動クラブも水泳と同等の人気があります。※7
スポーツ系の習い事では、体力面・精神面ともに子供の成長によい影響を与えることが期待され、おすすめです。※9
習い事を通じて他人とのコミュニケーションの機会が増えることで、コミュニケーション能力などの対人能力の向上も期待できます。※10
中でも団体スポーツでは、他では経験できないチームワークを学ぶこともできるのではないでしょうか。


また、2020年から学校でも学ぶことになる英語やプログラミングも人気です。
親が、今後通わせたい習い事でも上位に入っています。
英語やプログラミングは、それらを理解する能力が身につくだけではなく、今後子供が生きていく上で必要となるヒューマンスキルが身につけられると考えられていることもあり、おすすめの習い事です。
プログラミングでは、単にプログラムが書けるようになるということだけではなく、問題解決能力や論理的思考を身につけられると考えられています。※9
男の子の場合、ロボットなどに興味を示す子も多いため、プログラミングは興味関心を引きやすいのではないでしょうか。
プログラミング教育については、
プログラミング教育必修化にどう備える?

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

【小学生の男の子におすすめの習い事】

  • 水泳
  • サッカー
  • 野球
  • 武道
  • ピアノ(音楽教室)
  • 英語
  • プログラミング
  • 通信教育

 

女の子の習い事はピアノやダンスなどもおすすめ

女の子に人気の習い事の1つにピアノなどの音楽教育があります。
先述のアンケート調査でも、女の子の習い事の1位はピアノとなっています。
さらに、女の子ではダンスやバレエなどが10位以内にランクインしており、女の子ならではの習い事といえそうです。※7
男の子の団体スポーツと同様に、ダンスやバレエもチームで取り組むスポーツです。
こちらでも、体力向上だけでなく、コミュニケーションスキルなど対人関係の能力を身につけられることも期待できますし、学校や家庭以外の人間関係を築く場所にもなり、新たな子供の居場所として、社会性を身につけられる機会になるとも考えられます。

 

スポーツ以外にも、男の子同様、英語やプログラミングも人気です。
女の子の方が、英語力を身につけさせたいと考えているパパママが多く、これからのグローバル社会に向けて、女の子にとって必要な能力だと考える方が多いようです。※6
英語を学ぶことで、英語が上達するだけではなく、異文化に対する理解が深まり、多様性を受け入れることができるようになるとも考えられ、おすすめの習い事です。

 

【小学生の女の子におすすめの習い事】

  • ピアノ(音楽教室)
  • 英語
  • 水泳
  • ダンスやバレエ
  • 書道
  • プログラミング
  • 通信教育

 

※6 明光義塾調べ「子どもの放課後の過ごし方」に関する実態調査/2017年9月/2019年4月10日現在
http://special.meikogijuku.jp/image/170908_meiko_houkago.pdf
※7 博報堂 小学生ママの「子どもの習い事・身につけさせたいスキル」レポート/2016 年 12 月/2019年4月10日現在
https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2016/12/20161222.pdf
※8 東大生の65%が習っていた習い事とは?/東大新聞オンライン/2019年4月10日現在
http://www.todaishimbun.org/swimming0219/
※9 「幼花」論文集 Vol.3 (2011), Page 1 - 7. 「早期教育について 」/中村学園大学短期大学部/2018年8月8日/2019年4月10日現在
http://www.nakamura-u.ac.jp/~hashimot/members/papers/Vol3/Vol3-1.pdf
※10 習い事が幼児の問題行動に与える影響②/油川さゆり(慶應義塾大学) /日本教育心理学会第59回総会論文集(2017年)/2019年4月10日現在
https://confit.atlas.jp/guide/event-img/edupsych2017/PF16/public/pdf?type=in

習い事はデメリットも。多すぎる習い事は親子ともに負担に。

小さいうちから習い事を始めることは、子供の才能を見つけたり、早い時期からいろいろな能力を身に着けることができるというメリットがあります
また、スポーツ系の習い事を中心に、体力をつけることが出来る点や精神面を鍛えるという点においてもメリットがあります。
しかし、親子ともに習い事が負担になってしまう場合もあります。
特に、習い事が多くなりすぎている場合、注意が必要です。
習い事のデメリットを5つご紹介します。

 

習い事の費用がかさむ

前章でもご紹介しましたが、習い事には費用がかかります。
実際、小学生では、学校にかかる教育費以上に習い事や塾にお金をかける傾向にあります。※3
公立小学生の月間の習い事代は約18000円ですが、これで習い事を2つしているということであれば、1つの習い事代は9000円前後です。
兄弟がいればその分習い事代もかさみますし、習い事と学習塾などいくつも掛け持ちする、中学受験のための進学塾に通う場合には、習い事費用が膨らみ、家計を圧迫してしまう可能性もあります
小学校は、公立の場合は授業料がかからず、その後の進学にかかる学費の貯め時だともいわれていますが、習い事にお金をかけすぎてしまい、「その後の進学費用が貯められない」、「パパママの老後資金がない」ということにならないよう、いくらまで習い事に使うか決めておく必要がありそうです。

 

低学年のうちは送迎が親の負担になる

平日の習い事は、学校が終わってから通うことになります。
16時半ごろから18時頃にかけて習い事に通う小学生が多く、共働き家庭にとっては習い事の送迎は難関の1つです。※11
中には、送迎をしてくれる習い事もありますが、まだまだそのようなところは少数派です。
お友達や兄弟と一緒に行く、祖父母や親戚などにお願いする、送迎をファミリーサポートなどのサービスを利用するなどの対策を考えなければなりません。
高学年になれば子供だけで通う子も多くなりますが、低学年のうちは心配だと感じているパパママが多いようです。
小さな子供を狙った悪質な事件も心配ですし、都心部の車の交通量の多い場所では、交通事故の心配もあり、低学年のうちは送迎をする方が多いというのが現状です。 ※12
習い事が多くなると、送迎の回数も増えるため親の負担が大きくなります
共働きの場合は、やりくりを考える必要がでてきます。

 

習い事の時間が増えると遊びの時間が減る

習い事が増えることにより、遊びの時間が減少する傾向にあります。※14
厚生労働省の調査でも、習い事の時間よりも遊びの時間の方が若干ながら少なく、ゲームなどで一人で遊び時間が増えているともされています。※11
子供は本来、遊びを通じて決まりを守ること、友達との協調性、思考力などを身に着けていくものだと言われていますが、友達との遊びを通じて学んでいた社会性や協調性などを学ぶ機会が減ってしまうことが懸念されています。※13

 

受け身になってしまわないよう注意が必要

パターン化されたものをこなしていくことの多い習い事は、子供が受け身になってしまい、自発性や自主性、創造力が育たない可能性も指摘されています。※13
自発性や創造力は遊びを通じて学ぶものでもあるため、習い事を詰め込みすぎず遊びの時間をとれるようにしたり、習い事の中で自主性や創造力を育てる工夫をしていくとよさそうです。
最近では、プログラミングなど創造力や自主性に考慮したプログラムを展開している習い事もあります

 

評価を気にしてしまうと自尊心に悪影響も?!

習い事によって、大人からの評価を気にするようになる傾向があると言われています。
「上手にできる子が良い子」「期待に応えられない子は悪い子」と決めつけてしまい、自己否定感を持ってしまったり、自己肯定感を失ってしまう危険性もあります。※13
パパママは習い事の成果に注目しがちですが、子供がのびのびと習い事に取り組めるよう、期待をかけすぎないように注意が必要だと言えます。

※11 平成25年度 児童関連サービス調査研究等事業報告書 子どもの生活時間に関する調査研究/厚生労働省/2019年4月10日現在
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000184127.pdf
※12 中央教育審議会 生涯学習分科会資料/文部科学省/2019年4月10日現在http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo2/003/siryou/06032317/002/005.htm
※13 「幼花」論文集 Vol.3 (2011), Page 1 - 7. 「早期教育について 」/中村学園大学短期大学部/2018年8月8日/2019年4月10日現在
http://www.nakamura-u.ac.jp/~hashimot/members/papers/Vol3/Vol3-1.pdf

習い事に行きたがらない!本当に必要? と疑問を感じたら通信教育も

小学生を持つパパママならば、共働きで習い事の送迎が難しい、費用をあまりかけたくない、習わせたいけど子供が行きたがらないなど、習い事を始めるかどうかや、続けるかどうか悩むことは1度や2度ではないかと思います。
そんな場合には、曜日や時間に縛られることなく自由な時間に学習することが出来る、通信教育やオンライン教育も検討してみてはいかがでしょうか。
全ての習い事に対応できるわけではありませんが、学習系の習い事は学べる内容も増えています。


最近では、タブレットを使って学ぶタブレット教材も登場しており、プログラミングや英語もプロやネイティブのレッスンを自宅で学ぶことができおすすめです。
子供に習わせたいけど行きたがらない…
なんとなく通わせているけど身になっているかわからない…
という場合には、学習系の習い事は通信教育やオンライン学習に切り替え様子を見てみてはいかがでしょうか。
タブレット教材については、こちらの記事でもご紹介しています。

 

まとめ

小学生の習い事の現状についてご紹介しました。
小学生の8割以上が習い事をし、平均月額18000円以上の費用をかけています。
しかしながら、2割程度は習い事をさせないという家庭もあり、家庭ごとのばらつきがあることが分かります。
2個前後の習い事をしている小学生が多く、水泳やピアノが人気です。
最近では、英語やプログラミング、ダンスといった習い事に通う小学生も増えており、習い事の種類も昔よりも多様化していることがわかります。
しかし、みんなが通っているからと習い事を増やしてしまうと、母子ともに負担となってしまうこともありますので注意が必要です。
特に低学年の時には送迎など親の協力は必要不可欠ですし、費用もかかります。
習う物によっては、月謝以外に、発表会や検定料、ユニフォームなどプラスアルファの出費もかかります。


また、子供の遊び時間が削られてしまうことによる弊害があることも知っておいた方がよさそうです。
本来、遊びで学んでいく社会性や協調性を学ぶ機会がなくなってしまうことがないよう、学力や体力以外の生活面での学びの場も考えてあげる必要がありそうです。
遊びの時間もある程度確保し、習い事もさせたいという場合には、通信教育やオンライン教育も有効です。
移動時間もなく、自宅で自分の好きな時間に学習することが出来るだけでなく、自ら計画的に学習をすることが出来るなど、メリットも多いでしょう。
親にとっても送迎の負担がない点や費用面でも大きなメリットがあります。
最近では昔よりも選択肢が豊富です。
習い事が多すぎて、親子ともに負担が大きいということにならないよう、お子様の成長に合わせ上手に選択していけるとよいですね。

 

公開日:2019.10.28
上へ