健康パワー満載!大麦若葉の魅力に迫ります!

公開日:

大麦若葉は、元気の源といわれる植物です。
一般的に、私たちの健康な体を維持するためには1日350g以上の野菜を食べるのが良いといわれていますが、毎日これだけの野菜を食べ続けるのは案外大変です。
わかっていてもなかなか野菜を摂取できない現代だからこそ、太陽の光を浴び、大地の栄養素を吸収しながら逞しく成長する大麦若葉の健康パワーが必要なのです。

目次

  1. 大麦若葉とは
    • 大麦若葉とは
    • 大麦の種類
  2. 大麦若葉の栄養成分
    • 大麦若葉は穀類?
    • 大麦若葉に含まれる栄養成分とは
  3. 大麦若葉の健康パワー
    • 大麦若葉は食物繊維の宝庫
    • 大麦若葉とフラボノイド
    • 大麦若葉は食欲を整える
  4. 大麦若葉を上手に摂取するには
    • 大麦若葉の1日の摂取量
    • 大麦若葉とアレルギー
    • 大麦若葉の摂取する時の注意
  5. まとめ

大麦若葉とは

大麦若葉とは

大麦は、多くの国で主食とされているイネ科の穀物です。
欧州では、焼き物やスープの材料として一般的に用いられるほか、ビールの原料や麦芽糖、天然甘味料として利用されています。
大麦の栽培は、今から9,000年以上も前にその起源があるとされています。
パン小麦よりも前に、エンメル小麦とともに西南アジアや北アフリカ、欧州などでも主食とされていました。
大麦は、縄文時代から弥生時代初期頃に日本へ伝わったといわれ、主に米の裏作として栽培されてきました。
大麦若葉は、この大麦の若い葉の部分の事を指しています。
生命力の強い大麦の新芽を摘み取り、健康パワーを抽出した大麦若葉エキスは、緑黄色野菜よりも多くのミネラルやビタミン、酵素も含んでいるため、健康飲料などに加工されています。
大麦の生命の強さの秘密は、種まきから数か月後に訪れる一番寒い時期に行われる麦踏みにあるとされています。
麦踏みは、根が霜柱で浮いてしまわないよう、麦を踏んで周りの土を踏み固め、凍霜害を防ぐ作業です。
麦踏みを行うことで、実際には麦の茎が折れ曲がって傷つき、水分を吸い上げる力が弱くなってしまいます。
しかし、麦内部の水分量が少なくなることで、寒さや乾燥に強くなります。
さらに、痛んだ茎は根の成長を促進します。
寒い中、少しずつ成長していく大麦を踏んでしまうのは可哀相なのですが、より強いパワーを持つ大麦若葉に育てていくために、麦踏みはとても大切な作業です。
麦は踏まれることで地にしっかりと根を張り、まっすぐ丈夫に育ち大地の栄養をしっかりと吸い上げた若葉をつけていくのです。※1、2、3、4、5、6

大麦の種類

大麦は100万年以上も前から食べられていたとされますが、日本で広く普及するようになったのは第一次世界大戦後のことです。
静岡県出身である鈴木忠次郎が、蒸気を利用して大麦を加熱・圧ぺんするという、押し麦を作る技術を開発しました。
これ以降、押し麦の製造技術は精麦製品を代表する技術となり、日本中に普及しました。
現在では押し麦以外にも加工大麦がありますので、主な加工大麦についてみていきましょう。

 

・押し麦
最も愛用されている大麦の加工食品。
白米と比較すると、食物繊維が19倍、カルシウムが3倍多く含まれている。
いわゆる麦飯は、白米とこの押し麦を混ぜて炊いたもので、モチモチした食感があるのが特徴。

 

・はったい粉
炒って焦がした大麦を粉にしたもの。
はったい粉に砂糖を混ぜ、熱湯で練ったものがはったい
はったい落雁の原料として利用されている。

 

・もち麦
β-グルカンという食物繊維を多く含む
もち性の大麦で粘性があり、普通の大麦よりもモチモチ、プチプチした食感がある。
大麦は六条大麦二条大麦に大別されます
六条大麦は麦飯や麦茶、二条大麦はビールや焼酎などの原料として利用されています。
大麦若葉は穂が出る前の青々とした若葉の部分なのに対し、穂がなった後の種子が麦飯などになります。
そして、この種子に芽が出た状態を麦芽と呼び、ビールの原料として利用されます。
加工されることにより味わいを変えていく大麦ですが、その若い芽のことを大麦若葉と呼ぶのです。
そして、新芽である大麦若葉には多くの栄養素が含まれています。
それでは、大麦若葉の栄養成分についてみていきましょう。※1、5、6

※3 J-STAGE 大麦の起源 / 2019年11月29日閲覧
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/6/6/6_6_358/_pdf/-char/ja
※4  J-STAGE 大麦・麦芽 / 2019年11月29日閲覧
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/95/6/95_6_395/_pdf/-char/ja
※1 NHK出版からだのための食材大全 NHK出版編 2018年11月第1刷発行 NHK出版
※2 健康食品・サプリ[成分]のすべて ナチュラルメディシン・データベース 日本対応版<第6版> 一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センター(Jahfic) 2019年7月第6版第1刷発行 同文書院
※5 サプリメント健康辞典 一般社団法人 日本サプリメント協会著 2017年6月第2刷発行 集英社
※6 病院がはじめて大麦の魅力を解説 慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ 東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修 2015年2月初版第1刷発行 文化社

大麦若葉の栄養成分

大麦若葉は穀類?

大麦というと、小麦が大きくなって大麦になったものと思われがちですが、大麦と小麦は同じイネ科に属している事以外は、分類学上まったく異なった穀物です。
人類が原人といわれる頃から食べられていた最古の食べ物である大麦には、デンプンや水溶性食物繊維であるβ-グルカンなどが多く含まれています。
また、大麦は穀物ですので、その新芽である大麦若葉も、穀物に分類されます。※1、6

大麦若葉に含まれる栄養成分とは

大麦若葉は、生で売っているものよりも、大麦若葉から健康エキスを抽出し健康飲料などに加工されているものを目にする方が多いのではないでしょうか。
このように加工された大麦若葉のエキスには、多くの栄養素がギュッと濃縮されています。
しかし、これは作物全般にもいえることですが、天然の大麦若葉が含有している栄養素は、育成環境や肥料などにより個体差が大きくなります。
また大麦若葉は加工法によっても、栄養素に違いが生じています。
つまり、全ての大麦若葉と呼ばれる材料に含まれる成分量を、正確に示すことはできません。
それでも、大麦若葉含まれる健康成分はじつにたくさんあります。
大麦若葉に含まれる主要な栄養素の種類を見てみましょう。
【ミネラル】
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・亜鉛
・銅
・鉄など


【ビタミン】
・β―カロテン
・ビタミンB1
・ビタミンCなど


【アミノ酸】
・トリプトファン
・アラニンなど

 

【その他】
・β―グルカン
・SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)など


この他にも、大麦若葉はまだ多くのビタミンやミネラル、酵素などをバランスよく含んでいるため、私たちの健康に対してよい影響があるとして注目されるようになりました。
現代人は毎日を時間に追われながら過ごすことが多く、わかってはいても野菜の摂取量が少なくなり、栄養バランスは傾きがちです。


では、健康によい野菜の1日の目標摂取量は、どれくらいでしょうか。
厚生労働省の健康作り運動健康日本21では、健康増進の観点から1日350g以上の野菜を食べることを目標として掲げています。
しかし、野菜の350gという量は思っているよりも案外多いもので、時間のない中でこの量を毎日食べ続けるというのは大変なことです。
毎日の栄養バランスは気になるものの、どうしたらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
このように不足しやすい野菜も、大麦若葉はバランスのとれた栄養素で補うことで、私たちの元気をサポートしてくれます。※5、6、7、8、9

※8 J-STAG 大麦若葉青汁粉末の生理機能性物質 / 2019年11月29日閲覧
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1995/48/10/48_10_712/_pdf/-char/ja
※9 農林水産省 野菜の1日の摂取目標「350g」とは / 2019年11月29日閲覧
http://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/yasaikudamono/pdf/2505yasai2.pdf
※1 NHK出版からだのための食材大全 NHK出版編 2018年11月第1刷発行 NHK出版
※5 サプリメント健康辞典 一般社団法人 日本サプリメント協会著 2017年6月第2刷発行 集英社
※6 病院がはじめて大麦の魅力を解説 慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ 東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修 2015年2月初版第1刷発行 文化社
※7 栄養の基本がわかる図解辞典 中村 丁次監修 2015年7月発行 成美堂出版

大麦若葉の健康パワー

大麦若葉は食物繊維の宝庫

大麦若葉に含まれるカリウムは、体が正常に機能するためのサポート役です。
また、マグネシウムは丈夫な体を作る役割があり、銅やビタミンCなどにもそれぞれ役割があります。
では、大麦若葉に含まれる食物繊維にはどのような働きがあるのでしょうか。
食物繊維には、水に溶けない不水溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維があり、大麦若葉は水溶性食物繊維を含んでいます。
食物繊維は「ヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総体」と定義され、少し前までは食べ物カスとして扱われてきました。
しかし近年では、エネルギー源になったり、短鎖脂肪酸に変化し体によい働きをすることが分かり、大切な栄養素の1つと考えられるようになりました。
体の調子を整えるためにも、成人男性では1日20g以上、成人女性では18g以上を目安に摂取するようにしましょう。
ところで、加工された大麦若葉では、食物繊維の含有量にはばらつきがあります。
例えば、大麦若葉を原料とした青汁の場合、葉そのものを乾燥させて粉末にしたものと、葉から搾汁(汁を絞り出すこと)してから乾燥させて粉末にしたものでは、含まれている食物繊維の量に違いがあります。
大麦若葉を購入する際にはどのような栄養素がどのくらい含まれているかを、詳しく調べてみるのもよいでしょう。※7、10、13
但し、食物繊維が体に良いからといって摂り過ぎたり、逆に気付かないうちに不足してしまったりすると、やはり適切な量を摂ることにはならないため、元気な体は目指せません。
前述の摂取目安を参考に、毎日少しずつ摂るよう心がけましょう。

大麦若葉とフラボノイド

大麦若葉には、有害物質や紫外線、害虫といった敵から、自らの身を守るために作り出している成分があります。
これがフィトケミカルと呼ばれるもので、フィトはギリシャ語で植物を現し、ケミカルは化学物質を意味しています。
この成分はビタミンやミネラルといった栄養素ではありませんが、私たちの健康にもとてもよい影響を与えるものとして第7番目の栄養素として知られる機能性成分です。
大きく分けるとフィトケミカルは次のように分類されます。
・ポリフェノール群
・カロテノイド
・硫黄化合物群
・多糖類
・香気成分
ポリフェノール群は、さらにフラボノイド系とフェノール酸系に分かれるのですが、大麦若葉はフラボノイド系に分類され、主要成分はサポナリン、ルトナリンおよびその誘導体となります。
ポリフェノールの体内での主な働きは、私たちの体をさまざまな害から守ることです。
私たちは呼吸により酸素を体内に取り入れ、エネルギーを作り出していますが、使われなかった酸素は体にとって不要なものとなり、体に害を与えるものへと変化します。
ポリフェノールは、この物質の働きを封じ込める役割を担う成分なのです。※7、12、14

大麦若葉は食欲を整える

大麦若葉の食物繊維は、体内で水分を吸収して膨らみます。
そのため、つい食べ過ぎてしまう人は、食前に大麦若葉を摂取することで食欲を抑えることができます。
また、私たちが日常的に食べた食物は、腸の中でごく小さな糖の単位にまで分解され、腸管から吸収されます。
大麦若葉に含まれる食物繊維は、この消化吸収という過程の中で、腸管から糖が吸収されるまでの時間を遅くする働きがあることが、近年、明らかになってきました。
このように、豊富な栄養素の有効成分が総合的に力を発揮し、大麦若葉は私たちの健康を守ってくれているのです。※7、12
健康に気を使う人にとって、大麦若葉はとてもよい食品といえるのではないでしょうか。

※10 e-ヘルスネット 食物繊維の必要性と健康 / 2019年11月29日閲覧
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-001.html
※13 厚生労働省 日本人の食事摂取基準 / 2019年11月29日閲覧
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html
※14 J-STAGE 大麦若葉から分離したルトナリンの抗酸化作用 / 2019年11月29日閲覧
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/58/4/58_4_170/_pdf/-char/ja
※7 栄養の基本がわかる図解辞典 中村 丁次監修 2015年7月発行 成美堂出版
※12 図解 食卓の薬効辞典 野菜・豆類・穀類50種 池上文雄著 2017年10月発行 農文協

大麦若葉を上手に摂取するには

大麦若葉の1日の摂取量

人は1日に45~50種類の栄養素をバランスよく摂取することが、健康を維持していく最低条件とされています。
また、これらの栄養素は少ないと健康に害を与えることもあり、さらに過剰に摂取しすぎてもう体に毒となることがあります。
そのため、体を作ったり、体を動かすエネルギー源となったりする栄養素には、健康増進法により「1日の食事摂取基準」が定められています。
大麦若葉にはいろいろな栄養素が含まれ、また加工されたものも多く出回り、どの成分がどれだけ含まれているかという数値にも、前述の通り差があります。
そのため、大麦若葉には1日何g摂取するという目安量は決められていません。
生の大麦若葉を調理して食べることはあまりないと思いますが、大麦若葉の健康パワーは固い繊維に覆われているため、大量に食べると体調を崩す心配もあります。
また大麦若葉の葉緑素にはフェオフォルバイトとよばれる海洋性光合成物質に含まれるクロロフィル類の分解物質が含まれています。
フェオフォルバイトの過剰摂取は、体に害を与える可能性があります
食品中に含まれるフェオフォルバイトは少ないため特に問題はありませんが、食品以外から大麦若葉を摂取するときには、フェオフォルバイトの過剰摂取にならないよう、規定の摂取量を守りましょう。※2、5、7

大麦若葉とアレルギー

天然成分のものや、自然由来の成分を原料としている食品でも、人によってはアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
大麦若葉でのアレルギーは、穀物が持つ成分に反応して起こるものです。
その原因は主に、食材に含まれるたんぱく質によるものだといわれています。
アレルギー反応の症状は、蕁麻疹や嘔吐、目の痒みなどさまざまです。
アレルギー反応は、時にはショック症状を起こし、意識障害や呼吸困難といった重篤な症状を引き起こすこともあります。
そのため、食物アレルギーの自己判断は禁物です。
アレルギーの心配がある人は、一度専門家に相談をしてから大麦若葉を摂取するようにしましょう。
また、大麦若葉を摂取した後に体調の変化があった時には、すみやかに医療機関を受診しましょう。※2、5、15、16

大麦若葉の摂取する時の注意

大麦若葉は、適量であればほとんどの人が安全に摂取することができます。
しかし、日頃から医師に処方されたお薬を飲んでいる方や、糖尿病などの持病がある方は、事前に医師に確認してから大麦若葉を摂取するようにしましょう
また、妊娠中の大麦は通常の食品に含まれる量の範囲であれば安全とされていますが、大麦若葉での安全性は確認が取れていません。
そのため、妊娠中の大麦若葉は高用量の摂取を避けるようにしましょう。
また授乳中においても、大麦若葉の安全性はデータが不十分となっています。
安全性を考慮し、授乳期間中も大麦若葉の摂取は避けるようにしましょう。
大麦若葉は加工される過程において、含まれる栄養素にばらつきがあります。
自身の摂りたい栄養素から、大麦若葉の種類を選んでみるのも楽しいでしょう。※2、5、7、15

※15 厚生労働省 健康食品の正しい利用法 / 2019年11月29日閲覧
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/dl/kenkou_shokuhin00.pdf
※16 厚生労働省 第4章食物アレルギー / 2019年11月29日閲覧
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-08.pdf
※2 健康食品・サプリ[成分]のすべて ナチュラルメディシン・データベース 日本対応版<第6版> 一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センター(Jahfic) 2019年7月第6版第1刷発行 同文書院
※5 サプリメント健康辞典 一般社団法人 日本サプリメント協会著 2017年6月第2刷発行 集英社
※7 栄養の基本がわかる図解辞典 中村 丁次監修 2015年7月発行 成美堂出版

まとめ

太陽の光をたっぷりと浴び、すくすくと育った大麦にはたくさんの栄養素が詰まっています。
この大麦の新芽である大麦若葉には、神秘的といえるほどの健康パワーがギュッと凝縮されており、体の内側からの元気をサポートしてくれます。
大地に育まれた健康パワーで、毎日を明るく楽しく過ごしましょう。

ライター
岡部
看護師
埼玉県内総合病院手術室(6年)、眼科クリニック(半年)勤務、IT関連企業(10年)勤務、都内総合病院手術室(1年半)、千葉県内眼科クリニック(1年)勤務
2011年よりヘルスケアライターとして活動。 現在は、一般向け疾患啓発サイト、医療従事者向け情報サイト等での執筆、 医療従事者への取材、記事作成などを行う。
一般向けおよび医療従事者向け書籍
○執筆・編集協力
・看護の現場ですぐに役立つICU看護のキホン (ナースのためのスキルアップノート)
・看護の現場ですぐに役立つ 人工呼吸ケアのキホン (ナースのためのスキルアップノート)
・看護の現場ですぐに役立つ ドレーン管理のキホン (ナースのためのスキルアップノート)  他
公開日:
上へ