格安スマホにすると利用料はどれぐらい下がる?

主要キャリアと格安スマホの価格比較

主要キャリアの端末の利用料金と比較すると、格安スマホはかなり値段が安くなるイメージがあります。そこで実際にどうなのか比較をしてみます。

大手キャリアの料金プランを見てみると、コマーシャルでも放送されているように、電話をかけ放題のサービスが多くあります。しかしその一方で基本料金がやや高めに設定されています。だいたい大手キャリアの場合、基本料金は2500円強といったところでしょうか。

電話をよく掛ける人なら良いですが、それほど普段電話を利用しない人にとっては少し割高な印象があるかもしれません。その他にネット接続料金として、300円かかかり、その上でパケット料金も発生します。パケット料金は最低でも2GBからになっているため、データ通信を全く行わないわけではないけれどもめったに利用しない人にとっては少々割高な印象があります。最低のパケット料金でも、3500円程度かかるはずです。

ここまでの合計で、安く見積もっても6500円程度はかかる計算となります。もっと頻繁にスマホを使用する人にもなると、さらに大きな電話料金を負担しないといけないかもしれません。

格安スマホの場合、音声通話が可能で、かつパケットが2GB上限という上と同じ条件で購入した場合、安いものだと1500円を切るような価格で販売されているものがあります。その他でもほとんどの格安スマホで、2000〜3000円程度の価格になります。少なくても大手キャリアの半額、場合によっては1/3〜1/4くらいの価格にまで安くできる計算になります。

格安スマホにすると利用料はどれぐらい下がる?

通話をよくする人は格安通話サービスを利用

格安スマホの場合、基本料金は安いですが大手キャリアのように電話かけ放題のシステムはありません。通話料は通常30秒あたり20円と決まっています。ほとんど電話機能は使用しないというのであれば、格安スマホの方が圧倒的にお得です。しかし月に1時間以上話をするというのであれば、大手キャリアの方が安くなります。

もしよく電話を使っておしゃべりする人であれば、格安通話サービスを利用することです。mineoが提供するLaLa Callを例にとると、固定電話は3分8円、携帯電話でも1分18円で通話が可能です。30秒で20円と比較すると、かなり通話料を節約できます。 格安スマホでもこのように独自のサービスを提供しています。興味のある人は、各社の料金を比較して、安く利用できるところを探しましょう。

格安SIM・格安スマホを比較!

格安SIM・スマホのお役立ち情報

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?