NISA(ニーサ)を知ろう!まだ間に合う!NISAを知って、お得な毎日を送ろう!

NISAを知ると知らないでは投資に大きな差が付く!?

投資金額最大500万円まで非課税!

2014年に始まったNISA(少額投資非課税制度)は、投資で得た利益に対する約20%の課税が非課税になる制度です。
この制度を活用して、非課税のメリットを最大限に活かすには、最低限知っておかねばならない知識があります。

そこで、NISAを利用して上手な投資をする方法をご案内します。

NISAとは

NISAは、少額投資非課税制度のことで、投資で得られた利益にかかる税金が非課税になる制度です。
NISAを利用しないと投資で得られた利益に対して、2014年度からそれまで約10%であった税率がアップして約20%課税されます。
NISAの概要、特徴は以下の通りです。

非課税となる利益
株式や投資信託などから得られた値上がり益、配当金、分配金など。
非課税となる投資金額
毎年100万円以内。
100万円以内の投資で、100万円以上の利益が得られても非課税。
非課税期間
5年間。
投資総額
最大500万円(5年間の累計)。
制度自体の継続期間
2014年〜2023年の10年間(延長される可能性あり)。
資格者
2014年1月1日時点で20歳以上の日本居住者。
開設口座
1人1口座のみ(有効期間4年、4年毎に更新が必要)。
各年100万円の投資枠の利用方法
各年の投資枠をその年中に利用しなかった場合、それを翌年への繰り越すことは不可。
100万円を一括投資しても、分割投資しても、積立投資しても投資方法は自由。
購入対象商品の数に制限はなく合計で100万円以内であれば問題なし。
100万円には手数料は含まれず。
NISA口座開設以前に保有している投資資産のNISA口座への移動
不可。
ただし、いったん売却して、購入し直せば可能。
非課税期間中の投資資産の途中売却
途中売却はいつでも可能。
ただし、売却して生じた非課税投資枠を利用した再投資は不可。
損益通算
売却で生じた損失を、他の口座との利益と損益通算は不可。
非課税口座同士での損益通算は可能。
売却しないまま非課税期間終了した場合
100万円の非課税期間は5年で終了。
5年以内に投資資産を売却する必要なし。
ただし、NISA口座から一般口座、特定口座に移す必要あり。

NISAを正しく知らないと損をすること

NISAの概要・特徴の説明から知らないと損をすることが、いくつかが分かりますが、改めて以下にあげておきます。

1.開設できる口座は1人1口座のみ

例えば、銀行にNISA口座を開設して、その後に株式投資がしたくなっても、銀行では株式投資ができないので、4年間NISA口座を利用した株式投資ができません。
投資をしたい取引ができる金融機関でNISA口座を開設しなければなりません。

2.非課税枠の未使用分を翌年への繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可

例えば、今年は株式投資の環境が悪いので、翌年に今年の分も含めて一気に投資したいと思っても1年間に100万円までしか投資できず、投資しなかった100万円を翌年に回して翌年分に非課税分と合わせて、一気に200万円を投資する集中投資には向いていません。
また、投資した資産を売却しても、非課税枠は再利用できません。
そのため、売買を頻繁に行って利益を上げるデイトレのような短期の投資にも向いていません。

3.株式の信用取引、FX(外為)取引は利用不可

株式投資では、一般的に利用される委託保証金の約3倍まで株式投資できるほか、信用売りという株式投資が利用できる信用取引ができません。
また、人気の高いFX(外為)投資も利用できません。

4.損益通算がNISA口座以外とは不可、繰越の繰り越し控除が不可

例えば、NISA口座の取引で、100万円の損失が出て、他の口座で100万円の利益がでると損益通算ができないので、100万円の利益に約20%課税されます。
しかし、NISA口座を利用していないと、+100万円の利益と100万円の損失が相殺されて課税されません。NISA口座を利用することでより大きな損失が発生します。
また、損失が利益を上回った場合、その損失は翌年以降、3年間にわたって繰越できますが、NISAではできません。

NISAの上手な利用法――まとめ

NISAは、頻繁な売買を繰り返す短期投資ではない長期投資、および利益も大きいが損失も大きくなる可能性の高いリスクの大きい投資より、小さいが確実に利益をあげやすいリスクの小さい投資が一般的に向いています。

NISAを始めるのに、こんな予備知識も学ぼう

参考:
NISAって何?ポイントが一目でわかるNISAの制度概要
http://xn--nisa-jf6im51p.com/aboutNISA/nisa-flow

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?