インターバンク市場とは

インターバンク市場とは、銀行間取引市場のことを指し、銀行のみが参加できる短期資金や手形、外貨を取引する市場のことです。物理的な市場があるわけではなく、電話やオンラインで取引を行なっており、このように銀行間で直接取引が行なわれることをダイレクトディーリングといいます。
外国為替取引においては、このインターバンク市場の取引レートを基準にしています。

インターバンク市場のうち短期資金を扱うコール市場は100年ほどの伝統のある市場で、主に銀行が日々の業務で発生する資金の過不足を、相互に調整しあうような形で生まれました。
呼べば答えるという形でごく短期の資金調達を行なうため、コール市場と呼ばれています。
金融恐慌以来、有担保での取引が定められていましたが、金融緩和によって無担保での取引が増加しています。

コール市場よりも長期的な資金調達手段として、インターバンク市場には手形売買市場があります。
これは信頼性の高い企業が発行した手形を担保として、銀行が振り出した手形の売買を行い、資金調達を行なうもので、金利は割引形式で売買時に差し引かれます。
手形売買市場は一ヶ月〜半年程度の期間の資金調達を対象としています。

FXサービスで比較する

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?