ディスカウントレートとは

ディスカウントレートとは、日本語で割引率と呼ばれ、貨幣の将来価値を現在価値に換算するためのパーセンテージを表すものです。

貨幣を銀行に預けた場合、時間経過と共に利子を受け取ることができます。
例えば利子率が年利3パーセントの銀行に100万円を預けた場合、1年後には103万円受け取ることが可能です。
つまり、現在保有している貨幣は時間経過と共に増加していきますので、現在の100万円と1年後の100万円では価値が違う事になります。
この将来のお金の価値を現在のお金の価値に換算するための数値がディスカウントレート(割引率)といいます。

この割引率は長期の国債など、リスクが低く安全性の高い金利を基準とし、中央銀行が設定する公的な割引率のことを公定歩合(オフィシャルディスカウントレート)といいます。
為替取引において一般的にディスカウントレートというと、米国連邦準備理事会が、一般の銀行へお金を貸し出す際の公定歩合のことを意味します。
この公定歩合によって、ドルの市場への供給量や、銀行が顧客に設定する金利に影響するため、アメリカの金融政策の中でも最も重要な指標といえます。

FXサービスで比較する

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?