実践FXのテクニック

今のトレンドがわかるテクニカル分析「MACD」

トレンドを読むMACD

FX取引を行う上で、トレンドを読むというのは売買以上に大切なことです。

トレンドを分析する手法はいくつか存在しますが、中でもMACDは特に有名ではないでしょうか。

MACDとは、Moving Average Convergence/Divergence Trading Methodを略したもので、日本語で表記すると、移動平均、収束、拡散手法と訳することができます。

MACDは移動平均線を用いることにより、相場の周期やタイミングを分析するための指標です。

また、トレンドの方向性を見るにも最適な指標で、FX取引に活用している投資家は少なくありません。

メインの分析をこの指標に頼る投資家や、根強いファンも多いです。

MACDを活用しよう

MACDではトレンドの渦中にあるゼロライン付近でのクロスは押し目買い、戻り売りの好機であるといわれています。

また、このような情報を知ることができるのもMACDのメリットであると言えるでしょう。

トレンドが上昇している最中には、ゼロラインよりも上の方でMACDとシグナルが移動していきますが、調整局面に陥った場合、デッドクロスが発生し一時的にゼロライン側へ下がってしまうこともあります。

一定のレンジ内を行き来する相場ではMACDの使い方を考える必要があります。

パラメーターを変更することで対応することもできますが、サポートラインとレジスタンスラインが確認できたら、そのままトレードに入った方が良い結果になることもあります。

MACDの注意点

トレンドを読み取ることができるMACDですが、活用するに当たっては注意点もあります。

基本的にMACDは移動平均線を加工してあるもので、トレンドを読み取る分には大きな力を発揮しますが、トレンドレスと呼ばれるボックス相場には少々弱い傾向にあります。

つまり、だましのリスクも考えられるのです。

また、手仕舞いのサインが遅れがちな傾向も見られるので注意が必要です。

MACDだけを活用している投資家は少ないと思いますが、投資家の中には一番初めに覚えた分析を好む人もいます。

そうした方は、常に同じ指標を使って分析する傾向にあるので、偏った分析しかできないこともあります。

それが絶対にダメというわけではありませんが、様々な分析を組み合わせることでもっと効率的に相場を読むことが可能となります。

⇒次は、【わかりやすいローソク足の見方のポイント】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?