実践FXのテクニック

市場の過剰反応を読み取る分析「ストキャスティクス」とは

振り子系指標の代表格

ストキャスティクスとは、オシレーター系テクニカル指標としては有名なもので、ジョージ・レイン氏によって考案されました。

一体何を判断するための指標かというと、売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するための指標です。

長年の相場のデータによって得られた、下落、上昇相場での終値の傾向を前提として開発されています。

RSIと並んで振り子系指標の代表と言われるストキャスティクスは、設定された期間内での為替レートの最高値と最安値の間で、今現在のレートがどこに存在するのか、という情報を指標として表しています。

計算式としては「その日の終値-過去n日間の最安値」÷「n日間の最高値-最安値」という形になります。

ストキャスティクスの使い方は簡単

FXで利益を上げるためにはテクニカル分析やファンダメンタル分析は欠かせません。

その中でも、市場の過剰反応を判断することができるストキャスティクスは多くの投資家が有効活用しています。

まず注目しなくてはいけないのが、%Kです。

%Kは前述のとおり「その日の終値−過去n日間の最安値」÷「n日間の最高値−最安値」で算出できます。

この%Kが70%以上の数字となれば買われ過ぎであると判断することができます。

したがって、この場合は売りという決断をすることができます。

%Kが30%以下の数字となれば、売られ過ぎと読み取れるので、ここは買いとなります。

このように、簡単に市場の過剰反応を知ることができるのです。

ゴールデンクロスとデッドクロス

市場の過剰反応を簡単に読み取ることができるストキャスティクス。

しかし、ストキャスティクスには他にもチェックするべきポイントがあるのです。

それは%Kを%Dという指標と比べて比較したものです。

%Dは「その日の終値-過去n日間の最安値」のy日間の合計÷「n日間の最高値−最安値」のy日間の合計です。

この%Kと%D、2本のラインからなるクロスを分析します。

ファストストキャスティクスでは、%Kが%Dを下から上方向へと突き抜けるようなゴールデンクロスの場合だと買い、%Kが%Dに対し上から下へ突き抜けるデッドクロスとなれば売りになります。

市場の動きをもっと敏感に察知したい、情報が欲しい、という方はファストストキャスティクスを用いて分析を行えば、より精度の高いトレードができるのではないでしょうか。

しかし、基本的にストキャスティクスはトレンド相場を苦手としています。

これも覚えておきましょう。

⇒次は、【今のトレンドがわかるテクニカル分析「MACD」】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?