FXの格言集

上げにつれ買い玉細くすべしとは

良い状態になるほど慎重さが必要

投資をしていると、相場の動きがどんどん良い状態になっていく、つまり値上がりを徐々に続けているような状況に遭遇することは多々あります。また、相場が良い動きを始める兆候を掴み、今あるポジションを更に買い増ししていくということもよくあります。

しかし、投資の世界では良い状態になればなるほど買い増しに対し慎重になる必要があります。 特に、投資を始めたばかりの初心者だと、あまり深く考えずに買い増しを続けてしまうことが多く、しかも最初に少なく徐々に大きく買い上がってしまうことが多いです。

こうなってしまうと、最初に買った少ないポジションによって支えられていることになりますから、相場が少し下がるとあっという間に利益が飛んでしまい、瞬く間に損失を出してしまうということにもなり兼ねません。

そのため、相場が上がるにつれ買い玉は細く少なくしていき、多少の値下がり程度では利益が飛んでしまわないようにするということが非常に重要なのです。

投資はギャンブルではない

FXにしろ株にしろ、投資はギャンブルではありません。確固たる情報を基に様々な要因を織り交ぜつつ値上がり、値下がりを予想し利益を上げていくのが投資です。

そのため、いくら相場が良い状態に向かっているからと言って大きな買い増しを続けてしまうというのは非常に危険なことです。こういう状態でこそ冷静な頭と気持ちで対応していく必要があります。

上げにつれ買い玉細くすべし、という格言は上述したように、最初に少なく後に大きく買いあがってしまうと些細な値崩れで利益を飛ばしてしまうからしてはいけない、ということを示していますが、これを守れない投資家が実に多いのも事実です。

かつて戦国時代に最強騎馬軍団を率いていた武田信玄は、「もう一押しこそ慎重になれ」という言葉を残しています。信玄は戦になると情け容赦なく敵国を攻めたて、確実に勝てる状態であっても徹底的に攻撃を続けたとも言われています。

投資の世界でも、相場が良い状態だからと何の考えもなしに買い増しを続けるのではなく、慎重な気持ちを持って細く買い増しを続けることがポイントと言えるでしょう。

利益を得た時のことより損失を出した時のことを考える

多くの投資家にありがちなのが、利益が出た時のことばかりを考えてしまい、損失を出した時のことを考えないということがあります。

投資を始めたばかりの初心者や、経験不足の投資家にありがちなのですが、特に投資を始めてすぐにある程度の利益を得てしまい旨みを覚えてしまった方がこうした状況に陥ってしまいます。

投資において重要なのは、利益を出すことはもちろんのこと損失を出さないようにするということが非常に重要です。

折角利益が出ていても、些細な値崩れで利益が台無しになってしまっては意味がありませんから、そうした意味でも上げにつれ買い玉細くすべしという格言は覚えておいて損はないでしょう。慎重かつ冷静な取引を心がけましょう。

⇒次は、【戻り待ちに戻りなしとは】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?