FXの格言集

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れとは

大局に流されないこと

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れとは、相場の大局に逆らわずトレードしろという意味を持っています。

1分刻みや5分刻みという短い時間ではチャートも変動しているのですが、大きな流れはそうそう変わるものではありません。

一時的な変動に流されてしまうと、思わぬ赤字になってしまう可能性もあるのです。

FXの相場において、チャートの大きな流れには逆らうことができません。

基本的にはロジックで大きく動くものではなく、経済的に影響があるような大きな材料がなければ方向転換することは多くありません。

小さな材料に惑わされることなく相場の変動を冷静に見つめ、常にトレンドを判断することが大切です。

好材料・悪材料の判断基準

トレンドが上昇傾向にあるとき、悪い材料が出ればついつい手放したくなるものです。

しかし、一時的に値下がりしたとしても最終的には取り戻すとケースがほとんどです。

むしろ、一旦落ち込んでからさらに上を目指そうということも少なくありません。

押し目買いを行うにあたって最適なタイミングであるという見方もできるのです。

一方、トレンドが下降しているときに好材料が出たとしても、短期的な上昇をするだけで全体の流れとしては落ち込みがちです。

この時は売りを増やす、あるいはポジションをリセットするチャンス。

そこから、上向きに転換することはないという考え方です。

全体の流れを見たときに戻ってくる可能性は少ないのです。

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れという格言は、投資の長い歴史から誕生したものです。

しかし、この格言を過信してしまうのは考えものです。

あくまでも過去の積み重ねから生まれたものであるため、実際にチャートが言葉通りに動くとは限りません。

相場を読むメンタリティを鍛えるための格言としよう

FXの世界において大切なことには、負けている時には潔く手放し、勝っている時には押し目買いを続けるということがあります。

しかし、特に初心者から中級者までは、相場の短期的な動きに左右されてしまいがちです。

強靭なメンタリティで臨みたいと思っていても、プレッシャーに負けてしまうことは往々にしてあります。

上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れという言葉は鵜呑みにすべきではありません。

相場の流れについて判断を見誤ることがあるからです。

しかし、最初に信じた投資の選択を簡単に覆すことはトレーダーにとって良いことではありません。

自分の決断が正しいと思ったとき、このような格言が心の支えになることは往々にしてあるのです。

⇒次は、【相場のカネとタコの糸は出し切るなとは】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?