FXの格言集

利食い千人力とは

本当に稼げる時を見逃すな

利食い千人力とは、本当に儲かっているかどうかは利益確定をして決まるという意味です。

仮に一時的に想定される利益が出ていても、欲を出してしまうと一番の売り時を逃してしまい、本当に儲かったわけではないということを意味しています。

あくまでも評価益に過ぎず、流動的なものに過ぎません。

相場の見通しが分からないのは、いついかなる時でも変わらないものです。

たとえば、世界経済が破たんしたというニュースがあったという場合、今までは収益が出ていたはずのものでも一転して大赤字になります。

このように大規模なトラブルでなかったとしても、相場見通しが怪しいと感じたら利益が出た間に利食いをしましょうという意味です。

しかし、ほとんどのトレーダーの気持ちは「まだ上がる」「まだ下がる」という気持ちがあるもの。

実際に、どちらの格言もできていないのが実際のところだと思います。

いかに強靭なメンタルを持って、ポジションを待ったり手放したりできるかということが問われます。

欲張り過ぎず、常に精神的な余裕を持った上でトレードしましょう。

大きく勝つためにはこだわり過ぎないこと

FXに限らず、投資の根幹は「大きく勝って、小さく負けろ」というものです。

実は、利食い千人力という格言に潜んでいるリスクに、「小さく勝って、大きく負ける」という可能性があります。

利益を確定したいという気持ちが先走り過ぎてしまうと、大きな利益が出せないケースがあります。

また、負けが込んでしまうと、待とうしてしまうもの。

これも大きな損失を生み出してしまう原因になるのです。

利食い千人力の考え方を誤ってしまうと、上記のような問題点につながり、損失を出してしまうこともあり得ます。

優れたトレーダーはこの格言にとらわれず、常に最大限利益を出すことを考えています。

あまりとらわれ過ぎず、まだ伸びるという確信がある時は利益を待ち続けることも良いかもしれません。

常に負けない思考を持つこと

FXで勝ったと言える瞬間は利益確定をしたときです。

それ以外は「好調だろう」という評価益に過ぎず、結局のところ負けてしまう可能性も秘めています。

「大きく勝って小さく負ける」という考え方は持たなければなりません。

しかし、一時的なトレンドに惑わされることなく、相場の見通しが立たないという事情を考えて、常に早めに手放すようにしましょう。

利食い千人力はFXの原則に忠実な考え方を示した格言です。

また、頭としっぽはくれてやれという言葉もありますが、投資の世界では常に余裕を持っていなければ成功しません。

メンタル的な安定を求めるという意味で、常に心のどこかに持っておくと良いでしょう。

⇒次は、【上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売れとは】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?