FXの格言集

二度に買うべし、二度に売るべしとは

売り買いは一度にしないこと

FXにおいて「二度に買うべし、二度に売るべし」という格言があります。

これは、相場がどのようなトレンドに向かうのかも分からないのに、一度にまとめて買うのは正しくないことだという意味です。

これから自分が思った方向に伸びるなら、まとめて買った方が利益も伸びると考えている方も多いと思います。

しかし、賢い投資方法ではありません。

予想したよりもトレンドが良い方向に向かわないということもあれば、購入した直後に世界経済の変動が起こってしまったという可能性も0ではないからです。

投資の基本は分割すること

FXに限らず、何回にも分けるという考え方は投資の世界ではスタンダードなものです。

さまざまな金融商品に対する投資に言えることですが、一度に買うのはハイリスクです。

もちろん、成功すれば大きな利益になる可能性を秘めていますが、それではギャンブルと変わりません。

より堅実に収入を積み重ねるべきです。

投資において大切なことは負けないこと。

理想は元本割れを起こさないという状態でしょう。

極力ローリスクな方法をとるという対策が現実的。

分割して売買を行うことで、トレンドに沿うことができるのです。

二度に買うべし、二度に売るべしとは、ナンピン買いを肯定している見方と考えることもできます。

もちろん、チャートを見た時に不利になっている局面を解消するため、買い(売り)を繰り返すというのはひとつの手です。

チャートを見直し、反転する可能性があるのであれば、利益を出すチャンスもあるでしょう。

しかし、ナンピン買いは判断を誤るとさらに赤字を増やしてしまう可能性があります。

一度チャートを見誤った時に挽回する策として有効ですが、負けている局面の精神状態では冷静に判断できません。

負けている場合はいさぎよくポジションを取るのを止めるのも、優れたトレーダーには求められる技術でしょう。

それでも正しい「二度に買うべし、二度に売るべし」

それでも、「二度に買うべし、二度に売るべし」という格言は本質を付いていると言えます。

実は、この言葉には枕詞があります。

「売り買いを一度にするは無分別」という文から始まっているのです。

つまり、投資は一発必中ではないということを理解し、極力リスクを避けるようにすべきだという意味を持っていることがお分かりいただけるでしょう。

投資はギャンブルではありません。

安全に運用して確実な資産形成を行うことで、初めて本来の価値を持つのです。

FXに隠れている潜在的な危険性を十分に把握した上で、極力高い確率で収益を上げる方法を考えること。

この格言は安全な運用を行うための方法を説いているのです。

⇒次は、【利食い千人力とは】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?