FXの格言集

損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れとは

損切の決断が重要

FXに限らず、投資をしている人の中には非常に熱くなってしまう人もいます。

周りが見えなくなってしまい、ついつい暴走してしまう人が少なくありません。

もう少し待てば回復するだろう、もう少し時間が経てばマシになるだろうと信じ込み、気が付けば大きな含み損を抱えていた、損失が確定してしまった、という投資家は多々います。

いかに損切をするか、ということが投資では重要です。つまり判断力を試されるシーンでもあります。

いつまでもだらだらと状況を見守っている、希望的観測をしているとどんどん状況は悪い方に向かってしまいます。

しかし、実際には損切をするというのは勇気がいるものです。

損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ

損玉を決断早く見切ること、これ相場の神仙と知れ、という相場の格言があるのをご存じでしょうか。

すぐに損を見切り、損切をすることは相場の神様がやるような凄いことだ、という意味で、早く決断して売りなさい、ということを迫った格言です。

FXで利益を出すには絶対的に損切のタイミングが重要です。

逃げるも一手、という相場の格言も似たようなことを表しています。

損失が出ている時は一旦決済し、作戦を練り直すべきだ、という言葉です。

投資家の中には含み損を損失と考えない人も多いですが、そうではなく、含み損も含めて損失だと考えるべきです。

自分で損切りのラインを区切り、それを徹底することが、損失のリスクを最小限に抑える近道です。

また、損失が出ているにもかかわらずそれを放置し、売ることを躊躇っていてはいつまで経っても利益を得ることはできません。

判断の迷いが損失に繋がる

損切の判断は難しいものです。

一時的に利益が出ていた時などは尚更その傾向が強く、売りの判断ができなくなってしまいます。

しかし、ここでご紹介した相場の格言が示す通り、利益を得るときに売る時期を見極めるよりも、損失をいかに早く切るかが投資では重要となってきます。

その判断の迷いが時に大きな損失を生み出すことも珍しくないので、損切は確実迅速に行うようにしましょう。

投資で大きな利益を得たことがある方は特に、待てば何とかなると考えてしまいますが、確かにそれで上手く行く時もあるでしょう。

しかし、その確率は一体どの程度なのか、ということは誰にも分かりません。

いつ値が戻るか分からないようなものを持ち続けるより、一旦決済し、気持ちを新たにして投資を行いましょう。

⇒次は、【二度に買うべし、二度に売るべしとは】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?