FXの格言集

頭と尻尾はくれてやれとは

天底狙いは難しい

安く仕入れて高く売る、というのは誰でも理解できる商売の基本です。

高く仕入れて安く売ってしまっては利益どころか損失となってしまいます。

いかに最安値で仕入れ、いかに最高値で売るか、というのが商売では重要となってきますが、これは投資でも全く同じことが言えるのです。

天井と底、というのは投資でよく使われる言葉です。

天井とは相場の最高値を指し、底とは最安値を指します。

投資家なら誰もが底で買い、天井で売ることを夢みますが、これは相当難しいことです。

投資の名人と呼ばれる人でさえ、相場の動きを完璧に読むということはできないのです。

そのため、いかに底に近いところで買うか、天井に近いところで売るか、ということが重要になってきます。

頭と尻尾はくれてやれ

頭と尻尾はくれてやれ、という相場の格言は、正に先程述べた天底売買のことを指しています。

底で買って天井で売るのは難しいことなので、天底ばかりを狙っているとろくなことがない、ひいては最良のタイミングすら見逃してしまうので、天井前、天底前で売買をするのがよいという意味です。

天底を狙うのは宝くじを当てるような確率とも言われているので、この言葉は至極まっとうだと言えます。

また、初心者にありがちですが、天井、天底で売買できなかったことに関して、悔しがったり、心を乱したりするのはその後の取引にも影響しますのでそのようなときにはこの格言を思い出して下さい。

類似した格言に、天井売らず底買わず、という言葉がありますが、これも上記したものと意味は同じです。

少しでも安く買って高く売りたいと願うのは投資家なら誰でも同じですが、実際には非常に難しいことです。天底に拘り過ぎると、チャンスを逃してしまうことにもなりかねないので、天底には拘らないようにしましょう。

意外と多い天底狙い

FXを始めたばかりの初心者では特に天底買いに拘る傾向が見られます。

少しでも高く売ってやろう、と意気込むのは良いですが、なかなかそうはいかないのが投資というものです。

このような天底狙いの場合、たまたまうまくいって大きな利益を出すことはありますが、その確率は非常に低いですし、非効率と言わざるを得ません。

投資はギャンブルではないので、持っている情報を駆使しながら相場を読んでいく必要があります。

天底を狙って大きな利益を得たい、という気持ちは分かりますが、現実に目を向け、確実なラインで売買をしていった方が効率的です。

これからFXを始めようという人も、既に始めているという人も、天底に拘らずに取引をしてみましょう。

⇒次は、【需給はあらゆる材料に優先するとは】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?