FXの基礎知識

テクニカル分析の分類・オシレーター系とトレンド系を知ろう

テクニカル分析とは

FXで勝つための大前提の一つが情報を集めることです。しかし、情報を持っているだけでは、それを自身のトレードに有効活用することはできません。

その日の為替相場の動きや各通貨ペアの相場についてのデータを得ていても、そこから今後の売買方針を導き出すためにはただ情報を持っているだけではなく、分析を行うことが必要となります。

その分析を行う際にチャートを用いて行うものをテクニカル分析と呼びます。チャートは、過去のデータや現在の傾向から未来を予測するために作られるものであり、これをきちんと分析していくことによって、損切りや利益確定のタイミング判断することができるようになります。

テクニカル分析の中にもいくつかの分析手法が存在しています。特に、一般的なのがオシレーター系とトレンド系の二つです。ここでは、これらの分析方法について紹介します。

オシレーター系の分析

オシレーター系の分析は、一定期間に売買された動向をみてそれが「買われすぎ」か「売られすぎか」というのを分析する方法です。

高値状況では買われすぎに対する反動として下がることを期待し、反対に安くなってきた場合には、売られすぎのラインだから買いに変わるという予測を立てる考え方です。

この考え方は、基本的に「一定の間隔で価格は上下する」という思想に頼ったものなので、上下幅が読みやすいボックス相場や、短期で細かい売買を繰り返すスキャルピングの手法で取引をしている方には有効な手段となります。

デメリットとしては、大きな流れに対して、レンジが破られてしまうことがあることや、レンジによってはシグナルが敏感になりすぎてしまい、だましが出てしまうことが挙げられます。

トレンド系の分析

トレンド系の分析は、その時のチャートから傾向を読んで、上がり傾向であればそれに乗って買いを進め、下がり傾向の場合はさらに売りを行うといった流れに乗ることを基本にした考え方です。流れに乗って売買をするため初心者でもわかりやすいのが特徴です。

すでに高値となっていても上昇トレンドが示される限りは買いを進めるので、大きいトレンドにうまく乗れればこの手法での売買で大きな利益を生むことができます。

このため、目先の小さな動きには捉われずに売買を行っていく中長期の投資などで力を発揮します。

デメリットとしては、シグナルが出るタイミングが遅れがちとなってしまうため、上下幅が小さい相場や、短期間でのやり取りにはあまり向いていないことが挙げられます。

バランス良く利用して利益の最大化を狙おう

いずれの分析方法も、チャートを利用してよりわかりやすく売買タイミングをつかむための指標を見つけるためのものです。

しかし、分析方法には相場の得意不得意があるため、利益を最大化するためにはこれらの分析方法を適材適所で使い分けていくことが重要です。

短期決戦を挑む場合は、オシレータを優先し、長期の場合はトレンドを読みながら自身のペースでトレードを続けるとロスを少なくしながら取引をすることができるでしょう。

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?