FXの基礎知識

市場が大きく動く!金融政策の重要性

金融政策とは

金融政策とは、各国にある中央銀行で実施している経済政策を指します。我が国では日本銀行がこのポジションを担っています。

目的は物価や通貨のインフレやデフレに対する抑止策です。景気が行き詰っているタイミングであれば金融緩和、過熱気味であれば金融引き締めというように、状況に応じて施策を打ちます。

市場全体に大きな影響を与えることはもちろん、FX相場においても当然影響を与えます。

二国間で取引をしているとき、どちらかの国が金融政策を実施すると、通貨の価値に大きな変化が現れます。

政府判断によって意図的にブレーキを掛ける方法ですが、そのときには政府の首脳関係者が発表するため、経済ニュースなど注意して確認しましょう。

金融政策の発表と為替の関係

FXにおいては政策金利や量的緩和政策などが発表されると、投資家や市場の関係者は経済指標に注目するという動きがあります。

突発的な事件や事故に対する処置でない限り、情報が発表される時刻は事前に決定しています。

チャートの動きとしては様子見という状態になり、一瞬為替相場が静かになる傾向があります。

リスクを避けるべく、ポジションを取らないように通貨を手放すという選択肢も現れてくる時間帯です。

たとえば、雇用に関する統計や住宅ローン、その他の指標に基づいてFX相場は変化します。

数十銭から1円程度為替レートが値動きすることもあるため、チャンスがある一方でリスキーな状態であると言えます。

金融政策とファンダメンタル

金融政策によって経済指標が発表されると、その国の政府がこれからの期間をどのように過ごそうとしているのか読み取ることができます。

特に、政策金利の上下については景気に歯止めを掛けたり勢いを付けたりする目的があり、景気の動向をダイレクトに反映させます。

計画倒れになってしまうこともありますが、大きな影響を与えることは間違いありません。

また、市場の指標が変動することで、スイングトレードや中長期保有を実践しているトレーダーを中心に危機感を覚えます。

ポジションをフラットにするか、あるいは買い増しなど、積極的に動くかということを考え、マーケットで大きなお金が動きます。

つまり、ファンダメンタルに大きな影響を与えることになり、市場が変動しやすくなるということなのです。

⇒次は、【重要な米国の経済指標の見方】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?