FXの基礎知識

「IFD注文」「OCO注文」を合体!「IFO注文」とは

IFO注文のことを知ろう

IFD注文やOCO注文はFX取引をする上で非常に重宝できる注文システムです。

IFDとOCO、この2つの注文方法が組み合わされた便利なIFO注文についてご説明致します。

従来の方法では注文から約定、決済、そして損切を行おうとすると常に端末を操作する必要がありますが、この注文方法を活用すると外出している間にもすべて完結してくれます。

非常に優秀な注文システムです。

非常に優秀な注文システム

自由度の高さと便利さではFX取引の注文方法の中で最高レベルなのがIFD注文とOCO注文を合体させたIFO注文です。

具体的にどのような注文方法かというと、レートが100円になったら新規で買い注文を出したい、それで105円になったら決済して売ってしまいたい。

もし95円までレートが下がってしまったら損切したい、というように様々な状況に対応した自動注文が可能です。

利益を確定させるための決済注文と損失を最小限に食い止める決済注文が一度でできる、という大きなメリットがあります。

特に、損失を防ぐリスクマネジメントの効果は大きく、突然の暴落によってロスカットが発生するリスクをおさえてくれます。

このように注文に係るほとんどを効率化したと言っても過言ではなく、一から十まで自動的に行ってくれるIFO注文は、特に副業トレーダーには最高の味方ではないでしょうか。

具体的な事例

具体的なIFO注文の例を見てみましょう。現在のレートが1ドル100円だったとします。

これが1ドル105円になったら買うという指値注文を新規で行った場合、利益を確保するために1ドルが107円になったら売り、もう一つには受ける損失を最小限に留めるため、1ドル98円となったら売り、という条件を同時に設定します。

この場合、当初の予想通り107円となったら利益が確定し、98円となったら2円の損失が確定となります。

忙しい時間を縫ってトレードをしている副業トレーダーはこのIFO注文を活用すれば、仕事中にも利益を確定し、損切もしてくれます。

もしこれからFXを始めるのであれば、こうした注文方法を活用してトレードを始めることをおすすめします。

⇒次は、【市場が大きく動く!金融政策の重要性】

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?