FXの基礎知識

知らないと痛い目にあうかも?FXにおけるリスクとは

FX取引でのリスクも理解しよう

比較的気軽に始めやすいFXですが、実際にはリスクも伴います。

あくまで投資なので、利益を出すこともあれば損失を出すこともある、ということを理解しておきましょう。

為替差益で利益を得ていくFX取引では、様々な要素が重なり損失を出してしまうことがあります。

利益を出し続けるにはリスクマネジメントが重要です。

FXをこれから始めるにも、まずは取引におけるリスクについてもしっかりと理解しておきましょう。

様々なリスク要素

FXの独特なリスクとしてFX会社の信用リスクがあります。

FXは自分の資産をFX会社に預けることで取引が可能となりますが、FX会社が倒産した場合には銀行のように預金が保証されるということがないため、資産保全の観点から倒産リスクの低いFX会社を選ぶことが重要です。

また、FXでは、その殆どをオンラインの電子商取引で行いますが、取引にはFX会社のサーバを介して情報の配信や注文のデータなどがやりとりされます。

スキャルピングのようにごく短時間での売買を行うときには、ほんの短い間にマーケットの価格が推移し、実際の注文と約定した値段が異なってしまうスリッページというリスクが存在します。

為替には流動性のリスクも存在します。

先進国の通貨は世界的に取扱量が多いものの、年末年始など通貨の流動性が低くなる時期には決済がしにくくなります。

マイナーな国の通貨を取引しようとすると、売買相手が見つからずに決済ができなくなる流動性リスクが高まりますので気をつけましょう。

レバレッジは諸刃の剣

FXの大きな魅力であるレバレッジが初心者には一番のリスクとも言えます。

レバレッジは少額でも大きな取引を行うことができるため、非常に有効な手法です。

しかし、当然ながらハイリスクハイリターンとなってしまうので、高いレバレッジで取引を行う際には、証拠金に余裕を持った状態にしておきましょう。

初心者によく見られるのが、トレンドの甘い見通しですぐに利益を出したいと高レバレッジをかける取引です。

現在では25倍までしかレバレッジを掛けられないとはいえ、金額によっては相当な額になります。

FXは投資であり、ギャンブルではありません。

一攫千金を狙うような高レバレッジでの勝負はあまりお勧めしません。

特に初心者であれば、最初は少ないレバレッジで取引するようにしましょう。

関連記事

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

■手数料やスプレッド、スワップ等の各数値は、現在のものと異なる場合がございます。詳細は、各FX会社サイトや資料などでご確認ください。
■外国為替証拠金取引(FX)のリスク及び留意事項について
・外国為替証拠金取引(FX)は、為替レートやスワップポイントの変動等により投資元本を下回る可能性があり、損失が生じるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引(FX)は、預託する証拠金額を上回る額の取引を行うことができ、大きな損失が発生する可能性があります。
また状況によっては、損失額が預託した証拠金を上回るおそれがあります。
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?