円安のメリット・デメリット

何故円安が起こるのか?

個人投資家含め日銀などが介入をいれ円売りドル買いの場合には円安に振れます。
個人投資家にとって円は低金利であり、それよりも金利の高い通貨又は金融商品を買う傾向にあります。

また、原油取引なども考えられます。
日本が原油の取引を行う場合にはドルで決済が行われており、円を売ってドルを買わなければなりません。
それに加えて原油価格が高騰した場合はその高騰した分も各企業が購入しなければならないので、円安の理由として挙げられるでしょう。

さらに日本企業が外国に進出した時も同様に円を売って外貨を調達しなければなりません。
それが利益となって円に戻ってくる時は別ですが、一旦は円から外貨が買われるので円安の理由の一つになるでしょう。

その他には通貨国の金利政策も要因になります、また主要外貨が本来のポジションから大幅に円高に進んだ場合にその通貨発行国の景気が回復傾向に進めば円安になるポイントとなります。

円安のメリットとは

円安の状態のメリットとしては主要通貨がポジティブ要素に反応して影響を受けると考えられるでしょう。
もちろんネガティブな反応にも影響を起こしますが、極端な円高状況とは違い、円安状況というのは今までのテクニカルで考えられるデータで一通り歴史を経過してきたといえるでしょう。
そのため為替の読みもちゃんとその時々の情報を精査し、把握できれば極端な円高期よりは予測もたて易いと考えられます。
為替取引について飛び交う情報の中で素直に為替相場が変動する事が一番望ましい環境であると云えます。

円安のデメリットとは

円安の状態のデメリットとしては外貨を購入する上で自己資本比率が薄まってしまうことでしょう。
その中でもし急な事態に対して円高が起きた場合には臨機応変に対応するのは困難を要します。

また以前起こったようにあまりにも好景気で通貨の価値が上がるような場合にそのファンダメンタルズのバランスは市場に傾倒しての分析であり、本来の価値とは外れたポジションに位置してしまう事です。
またこれに投資家などが気づいた場合に一斉に売りポジションに徹して市場に混乱が起こる事も考えられます。

FXでの円安の傾向としては極端な円高よりは市場が読み易く、投資環境として短期の投資も情報収集・精査によって行い易いと考えられます。
円安も円高同様に極端な値動きは為替相場が読みづらいので、確かな情報を元にリスク管理も徹底しましょう。

FXサービスで比較する

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?