FXロスカット損切を覚える

ここでは自分が買った通貨が思いに反して下がってしまったなどと言った時にどうリスク回避するのかを記します。
FXでは為替差益を生み続けると言うのは困難な事です。
失敗をする事は前提条件として捉えておき、その中で事前にリスクを管理していけば損出額を少なく抑える事が可能です。
あまり良い話ではありませんが、FXではロスカットされずにどう付き合って行くのかを考えなくてはいけません。
そのなかで損切りの方法はいくつかございます。
損切りと聞くとあまり良いイメージは持たないかもしれませんが、覚えて置くことでロスカットされずに投資資金を手元に残せるのも事実です。

指値注文

値段を指定して注文をする事を、指値注文と言います。
自分の希望値を設定して、その希望値になった所で取引を行えるので是非覚えて頂きたい注文方法なのですが、もし取引したい希望値にならなかった場合は取引できなくなってしまいます。
そのためあまりこちらの希望値を無理に設定し、今の為替相場から外れてしまうような設定をしてしまうと意味がありませんので、相場に合わせた設定をするようにしましょう。

逆指値注文

損失を最小限に抑える為にここまで下がったら損はするけど自動で約定する値を予め決めて置くことが可能な注文方法を逆指値注文と言います。
このリスクを最低限に抑える注文方法をストップ注文やロスカット注文等とも呼ばれています。
逆指値注文は、指値注文と違い買いポジションと売りポジションの両方で使えます。

悲しい事ですが、自分では1円2円上がると思っていて、買った瞬間に2円下がってしまい、これから戻るだろうと思って待っていたらまた2円下がってしまったなんて事はFXで取引を行なって行く上では良くある出来事です。
そんな時の為にも損出を最小限に抑えロスカットされない為にも逆指値注文をかけておけば安心です。
特に海外の為替の動きを24時間ずっと追う事は不可能なので、逆指値注文は常に掛けておきましょう。

但し必ずしも下がるばかりで戻る事は無いとも言えないので、自分のリスク範囲の中で損切りルールを作っていきましょう。
またFXでロスカットは悲しい事ですが一度は経験されることがおおいようです。
一度経験された方はこの逆指値注文を使うよう心がけましょう。

逆指値注文機能が搭載されているのかはFX業者のシステムによって異なります。
初心者の方又は裁量トレードを行いたいのだけどあまり時間がないといった方や ロスカットされるのは嫌なのでリスク回避されたい方は、FX業者を選ぶ判断材料となりますのでご検討ください。

FXサービスで比較する

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?