FXスワップとは

二国間の金利差の事を指しますFXでは主にスワップポイントやスワップ金利などと呼ばれています。
今回こちらではスワップと呼ばせて頂きます。

例 円の金利が1.1、購入する外貨の金利が3だとします。
両国の金利差は1.9で、この対象国の外貨を一時保有するとこの通貨に1.9の金利がつきます。

FXの場合、レバレッジでの購入もスワップ金利が適用されますので大きな利益をうめるというのも魅力です。
為替差益をうむFXでのスワップ金利の発動条件は金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合になります。
もし金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は、スワップを支払はなければなりません。

FXのスワップの幅は各国の政策金利によって異なります。
正確には政策金利とスワップ金利とは異なるのですが近い値で連動することから、政策金利=FXでのスワップと考えています。
各国の政策金利の決定は以下の会議によって決められています。

アメリカ

FRB(連邦準備制度)のFOMC(連邦公開市場委員会)で決定されます。
6週間毎に行われ、その中での結果は三週間後に発表され、事前に各金融期間や情報機関が行方を予想するのでその予想からドルの為替相場が変動することもあります。

ユーロ=ECB

ECB(欧州中央銀行)が行うECB政策理事会の中で決定します。
ECB政策理事会自体は毎月2回開催されるのですが、金融政策の決定は第一木曜日に行われる政策理事会の中で決定されます。

イギリス=MPC

BOEが行うMPCで決定されます。
毎月第一水曜日と木曜日に開催されます。
こちらも2週間後に議事録が発表されます。

日本=日本銀行

金融政策決定会合で決定されます。
毎月二回行われそのうち第一回目の会合で政策金利を決定します。

オーストラリア=RBA

RBA(オーストラリア準備銀行(中央銀行)RBAは1月を除く毎月第一火曜日に議会が行われています。
金融政策決定は当日発表されます。

また為替相場によって通貨ペアとの掛幅は変わります!

1通貨/100円の時の3パーセントと1通貨/150円の時の3パーセントでは利回りが大幅に変わります。

スワップはFX業者によって大きく異なります、なのでFXでスワップ狙いの投資をする場合にはそれに合わせたFX業者を使用することも一つの方法です。
※スワップはFX業者や通貨によって異なります。
必ずFX会社によってスワップ比較をして検討下さい。

FXでスワップは1日単位で計算されます。

例で表すと一日に得られるスワップが30円とします。
1ヶ月で得られるスワップは30円×30日=900円となります

このスワップは上述したようにレバレッジの掛け分も適用されるので、上手く活用する事で効率よく多額の為替差益を望める事も魅力です。
もちろん為替の変動も伴うので、効率よく活用しましょう。

ベストな方法で上手く投資できるのであれば長期的に考え安値で高金利通貨を買い増し、高値で放出することを繰り返してゆくことで為替差益も同時に得られる事が可能となります。

FX会社、各社のスワップ金利を確認する。

⇒次は、>【FX レバレッジについて勉強する】

FXサービスで比較する

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?