FXスプレッドとは

FXでスプレッドとは簡単に説明するとFX会社への手数料として認識してください。
一般に説明すると、下記となります。
狭い=手数料が低い
広い=手数料が高い
FXにおいてスプレッドは重要なポイントなので確実に把握しましょう。

このスプレッドの狭さはFX業者によって異なります。

売買を取引する上で買値(ASK)と売値(BID)とがあります。
買う場合にはASKで表示されている価格、売る場合にはBIDで表示されている価格となります。
インターマーケットの価格から手数料を加算した価格が表示されます。

例えばスプレッドが3銭となっている場合

ドルを買う時にASKが100.03と表示されてBIDが100.00となっていると一万ドル購入するのに100万300円かかると言うことになります。
従って300円の為替差損が生じた状況でのスタートとなります。
※この場合は3pipとなります。

為替差益を生む上でスプレッドは狭ければ狭いほど良いのです。
例を挙げると、ユーロ/円で1pipの場合
円を売ってユーロを買って、5銭上昇した時に4銭の儲けとなりますが、2pipの場合は3銭の儲けになります。

FX業者や通貨によってスプレッドは異なります、取引高が多い通貨ペアのスプレッドは狭くなっており、その逆でスプレッドが広い通貨ペアは取引量が少ないという事です。
FXで利益を出すには、スプレッド分の利益を出さなければいけません。
買いと同値で売ってもスプレッド分の為替差損が生じます。
そのためFXで起こるスワップ分の回収が鍵となりますので、FX業者を選ぶ際に重要な要素となっていきます。
またあまりFXにおいてスプレッドを気にして約定が出せなければ、タイミングを失って大きな為替差損を生じてしまう場合もあるので、為替差益をだすのも大切なのですが切り良く取引を行なって行くのもリスクを最小限に抑える方法ではあります。

いくら手数料が無料のFX業者だとしてもスプレッドの狭さは?

FX業者を選ぶ注意点として手数料とスプレッドは同じ様なものであると考えて下さい。
手数料が無料の業者だとしてもスプレッドが高ければ意味がありません。また手数料にも色々な手数料があります。
「取引手数料」、「口座維持手数料」、「出金手数料」、「システム使用料」、「情報利用料」、等があり多数の業者がこの手数料を削る事に尽力しています。
現在では大半の業者が手数料無料となっています。
FXを行う上で利益を出す事は絶対です。この利益を必ず出す上で、スプレッドの狭さと手数料は注意点となります。

FX会社、各社のスプレッドを確認する。

⇒次は、【FX スワップ金利について勉強する】

FXサービスで比較する

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

新着・お知らせ一覧

  • GetMoney!『無料会員登録』
  • WOWOW
  • 今話題のNISAとは!?
  • マンション経営大学
  • 4K家電や美容家電などPanasonic商品が当たる!!
  • 新日本地所の資料請求で100ポイントをもらおう♪
  • 【スマホの月額料金1,250円~!】楽天モバイル
  • ケーキ&紅茶付♪受講料半額ご優待☆セミナー参加で2000ポイント!
  • 会員限定のお楽しみ企画あり! 関西電力 はぴeみる電
  • 会員登録で楽天スーパーポイント1000ポイントがもらえる!
  • ★ふるさと納税★さとふる無料会員登録で100ポイント
  • リフォーム無料一括見積もりで【1,000ポイント】プレゼント!!
  • 楽天リサーチ『アンケートモニター登録』
  • 今なら口座開設で1,000ポイント!おトクにはじめよう~岡三オンライン証券
  • ブランディア『無料査定』
  • らでぃっしゅぼーや
  • マンション&戸建て見学★最大3000ポイントプレゼント
  • 面倒な毎日のヒゲ剃りを楽に!ヒゲ脱毛コース体験で500ポイントGET!
  • 200ポイントプレゼント!
  • 無料会員登録で楽天スーパーポイント50ポイントプレゼント
  • ダイワハウス セキュレアクラブ入会で、もれなく200ポイント!
  • 楽天ポイントカードバーコード表示で1,000万ポイント山分け!

今週のイチオシキャンペーン!

  •  WOWOW
『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
おすすめ
楽天スーパーポイントギャラリーとは?