FX投資入門

【FX取引初心者の方へ 入門編】にて簡単にFXの投資入門として為替差益を生む為のオプション(選択)について記しましたが、今回はFX取引システム用語とその実践方法について記していこうと思います。
為替差益を生む為に入門者として心得なければいけないのがオプションや情報はもちろんですが、リスクとの上手い付き合い方です。

ロスカット

簡単に説明しますと、ロスカットとは投資家の思惑から反して為替差損が生じた場合に自動的に決済されてしまう事です。
(このロスカットはFX業者によって決済ポイントが違います。)
例えばあるFX業者では証拠金が30%まで目減りしてしまった場合に自動的に決済されてしまう等、自分の思惑から外れて値が下がってしまった場合に発動します。

マージンコール

FX業者が想定範囲を超えた為替差損が生じた時の警告アラートです。
もちろん為替差損が生じているので、追加証拠金を入れてくださいと促しているのです。
このマージンコール後にロスカットが発動されると考えておいて下さい。
但しロスカットと決定的に違う点はマージンコールはあくまでアラートなので、強制的に決済される事はありません。
もし多数に渡り取引をしている場合に他の通貨で為替差益を確定させればロスカットを回避させる事も可能です。

どちらも投資を行なっていく上では経験したく無い事かもしれませんが、このロスカットを経験してFX投資入門の門出を迎えると考えても良いかもしれません。

ロスカット注文

では【ロスカット】【マージンコール】の内容を知った上で、「これを防ぐ方法は無いの?」とお思いの方へ、ロスカットを上手く防ぐ注文方法をご紹介します。
FXにはロスカット注文という注文が存在します。

ロスカット注文とは自分で下落予想を立て決済価格を設定する注文方法です。
自分の予想では1ドル90円の時に1,000ドル(90,000円)購入し、1ドル91円まで上がるだろうと思った時に88円まで下がってしまったと言うのはよくあることかもしれません。
こんな時にロスカット注文を89円で設定しておけばリスクを最小限に回避できます。
このロスカット注文はある特定の注文を行わない限り常に入門者には頭に入れておいて欲しい注文方法です。

初心者の方は一度FX投資入門として初めの投資に使用してみてください。
もしロスカット注文を行わずに膨大な為替差損を出してしまった場合は後悔しか残りません。
他にもFXの注文方法はいくつか存在しています。
FX投資入門者が投資をおこなっていく上で大切な事は為替差益を生む事ですが、一番大切なのは為替差損を生まないことかもしれません。
為替差損を生まない為にも、常に小技を選択肢として持っておいてください。

⇒次は、【FX スプレッドについて勉強する】

FXサービスで比較する

FX徹底ガイド

FXがよくわかる基礎講座

FXがよくわかる中級講座

世界の通貨 ご紹介

掲載FX業者の詳細情報

リアルタイム 為替チャート

FX Q&A

FX 確定申告

『楽天スーパーポイントキャンペーン』における注意事項
※ブラウザの設定やインターネット環境等により本キャンペーンからのお申込みと確認できない場合、キャンペーンの対象外となる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※楽天スーパーポイントの付与は、ポイント利用獲得履歴で確認することができます。
※楽天スーパーポイントの付与時に、メールやお電話での連絡はいたしませんので、あらかじめご了承願います。
※商品・サービスに関するお問い合わせは、ご購入・お申込ページにございます広告主までお願い致します。
楽天スーパーポイントギャラリーとは?