•  
マネー・保険

投資 世界経済 日本経済

2014年の日本・世界経済の見通し

2014年の日本・世界経済の見通し

第2次安倍政権発足の前日2012年12月25日の日経平均金株価の終値は10,080円でした。
その後、打ち出された経済政策「アベノミクス」の効果によって、2013年の取引最終日の終値は16,291円となり、ほぼ1年間で日経平均株価は61.7%も上昇しました。

株価は景気の先行指標と言われていますので、新しい年2014年の景気回復が大いに期待されます。
しかし、日本経済には消費税増税の影響のほか、インフレだけが進んで給与が上がらないなどの懸念も残り、また、世界経済では中国の成長鈍化のリスクなどが大きな問題になる可能性もあります。

専門家や専門機関は2014年の日本・世界経済をどう見ているのでしょうか。

2014年、世界経済はようやく正常化に向かう

ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィサーは、2014年は世界の主要国の成長率が揃ってプラスになり、世界経済が正常化する年と見ています。

2014年の経済成長率は、アメリカが3.0%、ユーロ圏は0.7%と低いものの、この2年間はマイナス成長であったことを考えると明るい兆しを示し、日本はアベノミクス効果で2013年を上回る1.4%を見込んでいます。
中国は、2013年よりは低いものの、7.9%と依然高い成長率が見込んでいます。

2014年の世界経済は、先進国は堅調、新興国は足踏み

日本総合研究所は、2014年の経済成長率はアメリカが2.6%、ユーロ圏は0.5%、日本は1.2%、中国は7.8%と見込んでいます。

アメリカは、家計部門が底堅さを増し、それに伴い経済成長率は徐々に高まっていくと見ています。
日本は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要により、当初は大幅なマイナス成長となるものの、アメリカ向け輸出の増加をなどで景気後退には至らないと見ています。
ユーロ圏は、財政緊縮一辺倒であった政策を見直し、2014年後半以降からマイナス成長を脱すると期待しています。
中国は、景気減速が続く見込みとみています。

これらの見通しを下向きにするリスクとして、アメリカの量的緩和第3弾の早期縮小や中国の金融システム不安をあげています。

世界経済(日本経済含む)は2014年にかけて持ち直す

みずほ総合研究所は、2014年は、2013年度よりも経済成長は加速するとし、経済成長率をアメリカは2.4%、ユーロ圏は0.8%、日本は1.4%、中国は7.9%と見込んでいます。

なお、日本経済のデフレ脱却に関しては、2014年度中は無理で、アベノミクスの第三の矢が功を奏しても、早くて2016年度以降と予測しています。

著名な投資家ジョージ・ソロスの考える世界経済に与えるリスク要因

米国の著名な投資家であるジョージ・ソロスは、日本のリスクをこうみています。
つまり、量的緩和政策で経済成長が加速すれば金利が上昇し、公的債務返済のコストが維持できない規模になるリスクがある、と。

中国のリスクについては、成長と債務のジレンマへの対応が失敗すると、新指導部への信頼が損なわれ、国内では弾圧、海外では軍事対決を強化していき、世界経済への悪影響や軍事的な緊張が高まることを懸念しています。
成長優先の経済政策は、債務の膨張リスクが伴い、成長と債務のバランスを取るのが難しくなるからです。

ユーロ圏のリスクについては、債務危機の最悪期は終わったと見ていますが、今後は、欧州の危機は政治から起こると見ています。
その一つが、欧州の各地域で拡大している極右政党が政治的な不安定を産むリスクがあるからです。

アメリカについては、楽観的で先進国で最強として高く評価しリスクはないと見ています。

世界経済・日本経済の見通し結論

2014年の日本・世界経済はリスクがどの程度大きく、どの程度の確率で起こるかについての違いはありますが、概ね同じ傾向です。
日本・世界経済を気象に例えると、2013年世界各地で起こった異常気象のようなひどい天候が起こる可能性はゼロではないので、備えを怠ってはならないものの、晴れ間は2013年より、かなり期待できる良い天候というのが一致した専門家、専門機関の見方になっています。

参考:
大山弘子:2014年、世界経済はようやく正常化に向かう!
http://allabout.co.jp/gm/gc/435555/
牧田健:世界経済見通し─「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済
http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/jrireview/pdf/6954.pdf
山本康雄:世界経済は2014年かけて持ち直し
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/research/r130301forecast.pdf
豊島逸夫:ソロス氏、2014年の世界経済を予測
http://www.nikkei.com/money/gold/toshimagold.aspx?g=DGXNMSFK06005_06012014000000
おすすめ