•  
マネー・保険

投資 株式投資 システムトレード

株式投資 システムトレードは利益を生むか

株式投資 システムトレードは利益を生むか

株式投資では、どのタイミングで株価がいくらなら投資をするかを判断し、株価が今より上がる銘柄を探さねば利益を上げることができません。

インターネットが普及し、たくさんの情報に触れることができるようになったので証券会社などの推奨銘柄をチェックすることができます。株式初心者は、それらの銘柄の中から、感覚的にこの銘柄なら上がるのではないかと判断し、投資を行うのが一般的です。

しかし、これらの銘柄が必ずしも高い確率で全てが上がるとは限りません。少しでも確実に上がる銘柄を選び、最終的に利益が出るようにするにはどうしたら良いでしょうか? そのための一つの手段として、システムトレードをご紹介します。

システムトレードとは?

システムトレードとは、簡単に言えば、過去の株価が上がるときのパターンを利用して、そのパターンを示している銘柄をシステム的(機械的)に株式売買(トレード)することです。投資家のこの銘柄なら上がるだろうという直感的な感覚を排除して、機械的に投資を行おうという考え方です。

株式投資で継続的に利益を上げている投資家は、それぞれの投資家が決めた特定のルールに従って、売買を行っていると言われています。その時々の感覚を重視し、ルールをつくらないで投資を行っている投資家は継続した利益は上げられていません。

システムトレードの効果

システムトレードを簡単に行うには、市販の有料ソフトを購入することが簡単です。しかし、システムトレードといえども確実に利益が上がるかというと決してそんなことはありません。広告などで、利益が無条件に上がるようなことが書かれていても信用しない方が良いでしょう。

それならシステムトレードには有効性がないのではないかという疑問がでることでしょう。それでも、システムトレードにはメリットがあります。なぜなら、人間は残念ながら欲を抑えることができないからです。投資して、株価が買値より上がっていれば、もっと上がるだろうという願望=欲が出ます。下がると、これ以上は下がらないだろうという願望=欲が出ます。この結果、利益は小さく、損失は大きくなってしまうのが一般的です。

ではシステムトレードだけに頼れないのはどんなときでしょう。

システムトレードは、あくまでも過去のパターンで判断しています。株価に影響を与える政治、経済、社会、企業業績、企業の競争環境などの諸条件が全く同一であれば、かなりの確率でシステムトレードだけで利益が出ることでしょう。

ただ現実には、これらの要因が全て同一であることは有り得ません。そのため、株式初心者が行う投資判断よりは、合理的ですが、それが利益には残念ながら直接結びつきません。システムトレードのソフトも全ての条件をリアルタイムに加味できていません。そのため高価なソフトでも簡単に利益をあげることができません。

システムトレード利用で株式投資に成功するには

システムトレードの有料のソフトは、あまりおすすめできないので、証券会社が提供しているツールを利用します。

システムトレードソフトに近いことができるので、それで選び出した銘柄に対して、今の政治、経済、社会、企業の状況を加味して、投資家自身が投資判断することが利益を上げる近道となります。

そして、株式投資初心者の間は、売買を決めるタイミングを欲が出て間違うので、システムトレードで得られた指標を重要視して、決めると良い結果を得られる可能性が高まります。

参考
システムトレードのメリット・デメリット
http://www.trade-pirate.com/54/67/000108.php
おすすめ