•  
マネー・保険

投資 アベノミクス インフレ デフレ 不動産投資 資産運用

世界・日本経済はインフレに? インフレに強い不動産投資J-REIT

世界・日本経済はインフレに? インフレに強い不動産投資J-REIT

日本経済は、アベノミクスによって、緩和政策を拡大し何とかインフレを起こし、長引くデフレの悪影響から脱却しようとしています。現時点では、株高・円安がもたらされ、まだまだ限定的ですが、景気が上向くかもしれないという期待感がでています。

アベノミクスが成功するかどうかは、はっきりとは言い切れませんが、もし成功してインフレになるとデフレのときとは異なった投資対策が必要となります。そこで、インフレになったときに備えてインフレに強い不動産投資について説明をします。

そもそもアベノミクスでインフレは来るのでしょうか?

アベノミクスと同じような経済政策は、日本だけが行っているわけではありません。実は、同じような経済政策を、欧米はすでに実施しています。むしろ、アベノミクスは欧米の後追い政策です。しかし、欧米では、アベノミクスと同様な大胆な金融緩和政策を行っても、インフレが起きていません。では、アベノミクスも欧米と同じようにインフレは来ないのでしょうか。

ヨーロッパがインフレにならないのは、財政危機などの影響があるからといわれており、日本と同じ環境ではありません。日本にはインフレになる芽はあると経済の専門家はみています。では、インフレになると、私たちの資産はどうなってしまうのでしょうか。

インフレ状況下での効果的な投資方法とは

デフレ時は、預貯金の金利が低く、銀行に預けても、タンス預金としてもあまり変わらない状況です。そこで、少しでも良い金利も求めて期間の長い定期預金に資金を集中している方も多いかもしれません。インフレに可能性が高まっているときは、期間の長い定期はすべきではありません。インフレになると銀行金利は、インフレに連動してどんどん上がっていくからです。

また、デフレ時は、現金で資産を持っていることが、有利な時代です。資産価値は下落していくのに、現金の価値は、相対的に上がっていくからです。しかし、インフレ時には、物価が上がり、現金の価値が下がっていきます。銀行金利も上がっていきますが、インフレで物価が上がっていくので、相対的な現金の価値のあまり変わらないことになります。

インフレ時は預貯金よりも資産運用が重要

インフレ時は、インフレの進行とともに物価が上がり資産の価値が上がっていきます。一方、現金は預貯金の金利からインフレ率を引くと、大きく目減りはしませんが、価値はあまり変わらないことになります。

そこで、インフレ時には、不動産などへの「モノ」への投資が資産を増やすためには積極的に行う必要があります。なお、株式もインフレと連動して上がっていきますが、株式は株価が上がったり、下がったりするので売買タイミングが難しく誰でも確実に利益を上げられるわけではありません。

その点、不動産は株式に比べれば、インフレ時には、一般的に、右肩上がりを示します。しかし、問題は大きな資金がいること、分散投資ができないことです。そこで、小口でも不動産投資が可能な「J-REIT(不動産投資信託)」を紹介します。

J-REIT(不動産投資信託)とは

J-REITとは、不動産投資信託のことで、多くの投資家から資金を集めて不動産を運用し、その運用益を投資家に分配する金融商品のことです。J-REITは、利益のほとんどが投資家に分配されるという特徴があり、株式に比べると高い分配金が期待できます。また、原則、賃貸事業に特化しているので、一般的な不動産開発会社と比較すると収益が安定しているという特徴があります。

J-REITは、証券会社を通して、日々の変動する価格で売買できるので上場株式のような投資商品になります。その点、現物不動産のようにインフレ時の右肩あがりは期待できません。しかし、現物不動産への投資には、最低でも数百万円から数千万円の投資金額が必要ですが、J-REITであれば、1口数万円から数十万円で不動産投資が行えます。

長期に保有して不動産のような値上がりを期待することで、インフレ時の投資としてJ-REITが活用できます。

参考
はじめてのJ-REIT
http://www.japan-reit.com/beginner/
世界経済は確実にインフレに向かっている!「そのとき」までに、何に投資しておくべきなのか?
http://diamond.jp/articles/-/31485
J-REITの投資環境
http://www.mizuho-am.co.jp/report/pdfview/type/report/id/2134
おすすめ