•  
マネー・保険

ライフプラン 保険 学資保険 保険見直し

結婚を機に保険を考える~失敗しない保険の見直しと加入~

結婚を機に保険を考える~失敗しない保険の見直しと加入~

結婚は、第2の人生のスタートです。
これまで別々の生活をしていた男女が、ひとつの家庭を築いていくのは大変なことでしょう。
そこで重要なのが、保険について話し合うこと。
結婚を機に、失敗しない保険の選び方や見直しについて、夫婦でじっくりと考えてみましょう。

死亡保障から考えましょう

新婚早々で考えたくないかもしれませんが、最愛のパートナーが死亡した場合について、考えておく必要があります。
それは悲しいだけでは済みません。
パートナーが死亡したとき、あなたの生活は大きく変化するはずですので、新婚当初から万一に備えておくことが重要なのです。

まず、すぐに必要になるのがお葬式代です。
地域や宗教などによって異なりますが、平均的なお葬式代は、およそ200万円といわれています。
また、お墓を作る必要がある場合には、これに加えてお墓代も用意しなければなりません。
こちらも地域によって差異がありますが、お墓購入に際して、平均300万円程度が必要だといわれています。

さらに、専業主婦もしくはパート勤務主婦の場合には、当面の生活費についても考慮しておかなければなりません。
しばらく生活に困らない程度の保障にするのであれば、前述のお葬式代やお墓代を加えて、1,500万円~2,000万円あたりで考えるとよいでしょう。

子どもが生まれた場合には、改めて保険の金額を見直してみましょう。
子どもひとりにつき、1,000万円を加算すると良いといわれていますので、出産時には保険の見直しを考えましょう。

医療保険はまず妻から加入を

死亡保障と同様に、新婚当初から加入しておきたいのが、妻の医療保険です。
赤ちゃんができたとわかる前に保険に加入しておく方がよいでしょう。
というのは、妊娠中は、思わぬ理由で入院を余儀なくされることがありますので、事前に保険に加入しておくことをおすすめします。

切迫早産や妊娠中毒症などによる入院や帝王切開などでも医療保険は適用されますので、いざという時に慌てないように、最低でも日額5,000円以上の保険を選んでおきたいところです。
家計にゆとりがあれば、10,000円くらいにしておくと、さらに安心でしょう。
また、そのあとも、妻だけでなく、夫が加入することも大切なので、きちんと夫婦でそれぞれ加入しましょう。

学資保険を選ぶときは貯蓄性をチェック

出産してからは、学資保険も視野に入れておきましょう。
大黒柱が死亡した場合には、支払免除や満額支給などの特典がありますので、もしものときでも将来の学資に困ることはないでしょう。

学資保険は、その貯蓄率が100%を超えるものもありますので、貯蓄を兼ねた保険として捉えている方も多いようです。

学資保険という名目でなくても、終身の生命保険などを上手に選ぶことで、結果的に払った保険料よりお得になることもあるようです。

ライフスタイルの変化のたびに保険の見直しを

結婚を機に、保険は独身時代よりもグッと身近なものになります。
不測の事態に備えておくことで、万一の場合でも、家族を守ることができるはずです。

入籍、妊娠、出産と、ライフスタイルが変化するたびに、保険を見直してみましょう。
必要な保障は得られているか、損をしないかなど、しっかりと確認することが大切です。

参考:
結婚で考える保険の加入・見直し
http://allabout.co.jp/gm/gc/178244/
「もしも」のときのお金と保険の相場
http://zexy.net/newlife/manual/moneylife/chapter5.html
結婚と生命保険、結婚したら生命保険のココを変えなくちゃ!
http://www.1ban-kaniya.com/
おすすめ