•  
マネー・保険

投資 株式投資 FX ロスカット

FXで利益を上げるために、おさえておくべき3つのポイント

FXで利益を上げるために、おさえておくべき3つのポイント

FX投資をしようと思ったとき、FXの初心者の多くは、まず成功事例を書籍やインターネット上の情報をいろいろ探して、その方法を実践しようと思ったりするのではないでしょうか。あるいは、FX投資の方法を一通り勉強して、ある程度の知識を身に付けて、自己流の方法で、FX投資を行うと考えておられるかもしれません。

しかし、多くの場合、その方法では、継続して利益を上げることが難しいのが現実です。FX投資で利益を継続して上げていくには、最低限の押さえておかなければならないポイントがあります。その3つポイントについて説明したいと思います。

1)余裕資金を多くもつ

投資の基本は、余裕資金で行うのが絶対的な条件です。それに加えてFX投資では、FX事業者による強制ロスカットを避けなければなりません。

FX投資を行うには、FX取引業者の口座に資金を預けますが、例えば50万円を預けたら、多くても10万円までしか投資しないようにします。これぐらいの余裕を持つことで、FX事業者による強制ロスカットを逃れることができます。FX事業者のシステムによって異なりますが、円高と思って投資したら円安になったとき、思わぬ強制ロスカット合うことを免れることができます。

強制ロスカットとは、円高予想と思って投資したのに、円安になって投資家の資金が目減りしたためにFX事業者が投資家の意思に反して、強制的に売却して投資家の損失を大きくしないために行われます。ある意味では投資家保護ですが、口座に預けている資金が少ないと、通常の為替の変動の範囲内でもロスカットされて、しばらくしたら円安から円高に戻って利益が出るのに、その前の段階で強制的に損失させられることになります。

2)ロスカットルールを決める

FX投資では円高と思って投資して円安になると、そこで損失が発生しますが、その損失を投資家心理としては、また、元に戻って欲しいと期待してなかなか処分することができません。

しかし、投資では勝ち続けることは難しいので、損失を小さく抑えることが重要です。
損失の拡大を抑えるには損失額がいくら以上になれば、必ず処分するというロスカットルールを作って、その通りに運用することが必要です。

3)投資スタイルの確立(判断根拠の明確化と記録)

成功事例を学んでも、その通りに行くのであれば、投資家全員が利益を上げられることになりますが、現実には損失を出している投資家がたくさんいます。

損失を出さないようにするには、投資の判断を明確にして、なんとなく判断して投資を決定するのではなく、理由を明確にする癖をつけて、それを記録しておくことが重要です。

徐々に、記録が積み上がっていくと、経済的、政治的なことが起きたときに、どのタイミングで投資した結果が勝ちパターンなのか、あるいは負けパターンなのかなど傾向が見えてきます。

最初は矛盾した結果もあるでしょうが、徐々にどちらかに偏っていくことで、FX投資で継続的な勝ち得ることができるようになります。どちらかに偏って行かないようようであれば、投資方法を変えていろいろ研究しなければなりません。

FX投資で利益を上げるのに最低限必要なこと

FX投資で利益を上げるポイントとして、基本的な3点を説明しました。
これだけで決して十分とは言えませんが、これらを実行することは最低限必要です。
損失を出すこともありますが、その失敗を失敗だけに終わらせないでおくことが、明日への成功に必ずつながります。

参考
為替取引で利益を上げるには?(2) ?デモトレードを 活用してマイルールを作る
https://www.ose.or.jp/derivative/6069
FXで勝つための10カ条
http://www.fxtrade-lab.com/category/fx%E3%81%A7%E5%8B%9D%E3%81%A4%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE10%E3%82%AB%E6%9D%A1
おすすめ