•  
マネー・保険

投資 FX 為替レート

FX投資 クロス円、ドルストレートとは

FX投資 クロス円、ドルストレートとは

FX投資を行うとクロス円、ドルストレートという用語が良く目につくようになります。その意味をご存知でしょうか? FX投資初心者の方は、これらの用語を知らないとFX投資ができない訳ではないので、気にしている人は少ないようです。では、その意味を知ることは、どのようなメリットがあるのでしょうか。

実は、クロス円、ドルストレートの意味を理解しておくことは、FX投資スタンスに大きく影響するので、しっかり理解しておく必要があるのです。

クロス円とドルストレートとは

FX投資では、円でドルを、ドルでユーロを、あるいは円でユーロなどを購入して投資を行います。ドルやユーロだけでなく、英ポンドやカナダドル、豪ドルなどもあります。このとき、これらの通貨間で決済はどのように行われているのでしょうか? 

FX投資家は、円でしかFX業者の口座に預けていません。円でドル、円でユーロ、円でポンドなどの通貨を購入しているので、円で直接、これらの通貨を購入しているように見えます。しかし、実際は違っているのです。

為替市場では、円でドルを直接買うことはできますが、円で他の国の通貨を直接買うことはできません。では、どうやって実際には買っているかというと、まず円でドルを買い、次にそのドルでユーロやポンド、その他の国の通貨を買っているのです。このようにドルを間に介在させて、円でユーロやポンドを買うことをクロス円と言います。一方、ドルであれば、どの国の通貨でも直接為替市場で購入できます。これをドルストレートいいます。

クロス円とドルストレートがFX投資に影響するのはなぜか

クロス円、ドルストレートは、FX投資にどのように影響するのでしょうか? 例えば、円でポンドを購入するFX投資を行いたい場合、この2つの通貨間の為替レートには、ドルとポンド、ドルと円という3つの通貨の為替相場が影響を与えます。

ポンドがドルに対して急激に弱くなっても、ドルと円があまり変わらないと、円とポンドの為替レートには大きな変動が起きない可能性があります。しかし、一方で、円もドルに対して同時に弱くなると、円とポンドの為替レートは大きく動く可能性があります。

クロス円とドルストレートでは為替変動の大きさが異なる

FX投資の初心者にとっては、急激でかつ大幅に為替レートが動くようなリスクが大きい投資は、安全のために避けた方が良いでしょう。クロス円での通貨によるFX投資を行いたい場合は、為替変動が円・ドルよりも大きくなることがあることを、十分理解して投資を行う必要があります。

逆に、円・ドルのFX投資では、大きな利益を出すチャンスが少なくなります。FX投資に慣れて、自信がつけば積極的にクロス円でのFX投資を行っても、それほど大きなリスクではなくなるでしょう。

参考
クロス円とドルストレート
http://www.fxliteracy.com/abc/currency-pair.html
ドルストレートとクロス円ってなに?
http://www.netgokui.com/fx/hajimetefx/crossyen.html
おすすめ