•  
生活

目の疲れ 眼精疲労

酷使した目の疲れを取る方法

酷使した目の疲れを取る方法

パソコンなどで目を酷使する生活をする人が増えています。疲れ目から眼精疲労まで進むと回復するのは大変ですから、簡単に日常生活でできる目の疲れを取る方法をご紹介します。

目の疲れと眼精疲労との違い?

人の目は物を見るために、目の筋肉(毛様体)を緊張させ、カメラのレンズに当たる水晶体の厚さを調節してピントを合わせます。そのため目の疲れは同じところを長時間見ているためにおこりますから、パソコンやスマホなど電子機器などで目を長時間使うと、目の筋肉は緊張して疲れてしまうのです。

では、疲れ目と眼精疲労は違うのでしょうか?

「疲れ目」は休憩したり、眠ったりすれば治りますが、治らずに症状が頑固に続く場合を「眼精疲労」と医学的には区別されています。

眼精疲労の主な症状

目の症状としては、目が疲れる、ぼやける、かすむ、目の奥が痛い、充血する、目が重い、しょぼしょぼする、まぶしい、涙が出るなど、人によってさまざまです。

また、一見関係のない体の部分にも、肩こりや頭痛、めまい、吐き気、倦怠感などの症状が現れることもあります。ただし、一概に眼精疲労が原因といえない場合がありますから、注意が必要です。おかしいと思ったら眼科で診察を受けてください。

眼精疲労の主な原因と疲れをとる方法

眼精疲労といっても、原因はさまざまです。

生活環境を見直そう

インターネットやスマホなどIT化が進んだ社会では、どうしても目を酷使してしまいがちです。つまり目の使いすぎが、目の疲れの主な原因といわれています。

また、人は通常1分間に20回程度まばたきをしますが、電子機器を見ているときは、まばたきの回数が3分の1から4分の1に減るといわれています。まばたきの回数が減れば、目の表面は乾いてくるので、ドライアイになりやすくなり目は疲れます。

そこで、パソコンに向かう時は照明の明るさに注意するなど、光を調節しましょう。

画面は少し見下ろすようにして、目からキーボードや資料の距離を画面と同じにすると楽になるでしょう。

ドライアイにならないように、空調の風は目に当たらないように注意してください。
パソコンの作業では、1時間に5分から10分ほど画面から目を離して休ませると効果的です。

眼鏡やコンタクトレンズをチェックしよう

眼鏡やコンタクトレンズが、自分の視力に合っていないと、逆に目は疲れてしまいます。

眼鏡やコンタクトレンズがいまの自分に合っているか、きちんと眼科で調べましょう。

目の病気からくる眼精疲労ではないかを検査しよう

風邪や耳の病気、虫歯など、目とは関係のない病気が原因で眼精疲労がおこる場合もあります。

また、ドライアイや緑内障、白内障など目の病気からくる眼精疲労は注意が必要ですから、眼科で検査する必要があります。

さらに、目の筋肉も加齢とともに衰えると姿勢も悪くなりがちになります。老眼の疑いもある場合は、状況に合わせて眼鏡を使い分けると有効な場合もあります。

目のストレッチを取り入れよう

疲れ目をリフレッシュさせるには、目の周りの筋肉をほぐすのが効果的です。パソコンの前で、座ったまま簡単にできるストレッチをご紹介しましょう。

ストレッチをする際には、身体の力を抜いて、まず心身ともにリラックスします。呼吸は止めずに行います。

ウインクをすると目の周りがほぐれ、適度な刺激で涙が行きわたって目がスッキリします。左右交互、両目とできる範囲のリズムで、10回から20回くらいウインクをします。

目の筋肉を大きく動かすことで、目の疲れをとります。顔は正面を向けたまま動かさないで、顔のパーツを見るつもりで目を上下左右に動かします。

次に目を滑らかに動かす運動で、ゆっくりと眼球を右回り、左回りと2回から3回まわします。目がまわらない範囲で行ってください。視界に入ってくるものにとらわれず、集中して眼のふちを見るような感じで行います。

一連の運動を目が疲れた時や就寝前に行うといいでしょう。

目の疲れにいい食べ物

網膜にある色素の再合成過程を促すと考えられているのがアントシアニンです。

このアントシアニンを含む食べ物は目にいいといわれています。紫色のものが多く、ブルーベリーやブドウ、ナス、紫いも、スイカ、黒豆などです。

ビタミンB群は視神経の伝達機能を回復するのに役立ちますから、これらを含む、豆腐、イワシサバなどの青魚、豚肉、レバー、ウナギ、海苔などを摂取することも有効です。

目に関連する生活環境を見直して、パソコンなどで疲れたら目を休めることが重要です。またストレッチなどを上手に活用して、目の疲れは早目に取り去りましょう。

参考
眼精疲労
http://眼精疲労ナビ.com/
大人の安心倶楽部
http://www.secom.co.jp/otona/health/no9_1204.html
santen 目の疲れをほぐすストレッチ
http://www.santen.co.jp/ja/health/eye/eyecare/stretch/step1.jsp
おすすめ