•  
生活

ストレス 至福の時間

自宅で楽しむエスプレッソ。おうちカフェでリフレッシュ

自宅で楽しむエスプレッソ。おうちカフェでリフレッシュ

エスプレッソコーヒーというと、専門店で楽しむもの、というイメージですね。
しかし、マキネッタ(モカエクスプレス)という専用のエスプレッソメーカーさえあれば、自宅で楽しめます。
イタリアでも一般家庭ではこのマキネッタを使って、エスプレッソを淹れています。

もっと気軽に、おうちカフェでエスプレッソを楽しんでみませんか?

エスプレッソとは?

一般的にエスプレッソは、深煎りコーヒー豆を極細挽きにして使います。こうすることで、コーヒー豆の成分を短い時間で抽出できるのです。イタリア語辞書で「エスプレッソ」と引くと、「注文に応じてすぐ提供できる」「急行(エクスプレス)」という形容詞が出てきます。

エスプレッソには、コーヒーのエキスがギュッと詰まっているので、カフェインや香りでちょっとリフレッシュするにはピッタリです。

エスプレッソの楽しみ方

エスプレッソ1杯の分量は50ccほどですが、イタリアでは、そこに大さじ山盛り1杯の砂糖を入れるのが一般的です。よく混ぜて溶かしますが、なかにはわざと底の方に砂糖を残し、最後にスプーンですくってひと舐めする人もいます。

朝食代わりに、昼食や夕食のあと口中をリフレッシュさせるために、気分転換に、おしゃべりのおともに、エスプレッソは大活躍です。すぐに用意できるので、お店でも家庭でも手軽に飲めるのがよいところですね。

マキネッタ(モカエクスプレス)の使い方

マキネッタは、水を入れる部分、コーヒー豆を入れる部分、抽出後のコーヒーがたまる部分の3つに分かれています。そしてガスコンロにかけることで圧力をかけ、コーヒーを抽出します。下の水が温められ圧力がかかると、中心のフィルターに吸い上げられコーヒー豆の部分を通り、上に出てくる、という仕組みです。

下部に水を入れたらフィルターに適正なコーヒー豆を入れます。極細挽きを使う、分量をきちんと入れる、などがお約束です。きっちり締めて弱火にかけ、下の水が上がりきって空気の出る「ポコポコポコ」という音がしてきたら、3つ数えて火を止めましょう。温めすぎるとコーヒーの風味が飛び、苦いだけになってしまうので注意してください。

洗剤で洗わないのがおいしさの秘訣!

マキネッタの取り扱いで最大の注意点は、洗剤で洗わないということです。使い込むほどにコーヒー豆の油脂や風味がついて、美味しいコーヒーが淹れられるようになるためです。せっかくついた大事なおいしさの元を落としてしまわないように、洗剤を使わず、流水でていねいに手洗いしましょう。

おうちカフェで、おいしいエスプレッソを淹れる秘訣です。

おうちカフェでバリエーションを楽しむ

エスプレッソにはさまざまなバリエーションがあります。おうちカフェなら手軽に試せますよ。

泡立てミルクで広がるバリエーション

カッフェ・マッキアートやカップッチーノは、泡立てミルクがあれば簡単にできます。ミルク泡だて器は、手動式、電動式などさまざまなタイプが売られていますね。

マッキアートはイタリア語で「シミ」。カッフェ・マッキアートは、エスプレッソにシミのように白い泡立てミルクを入れるだけです。エスプレッソとミルク、ミルクの泡を同量ずつカップに入れれば、本格的なカップッチーノのできあがりです。

デザートにもなるエスプレッソ

エスプレッソにホイップクリームをトッピングした、カッフェ・コン・パンナ。バニラアイスクリームにエスプレッソをかけた、カッフェ・アッフォガート。おうちカフェなら簡単にできますね!

おうちカフェのメニューにエスプレッソを!

マキネッタは雑貨屋さんで購入できるほか、最近ではネットでさまざまな種類をお取り寄せできます。

自宅エスプレッソで、イタリア人のように気軽にリフレッシュ。おうちカフェのメニューを増やし、コーヒーの香りに包まれた至福の時間をどうぞ!

参考
直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)よくあるご質問:カフェティエーラ・エスプレッソ
http://caffettiera-espresso.com/b_faq.htm
エスプレッソのバリエーションにチャレンジ!:地球の歩き方
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2004/0408/sp/040800sp_03_02.html
おすすめ