•  
生活

ライフプラン 保険 学資保険 教育方針 教育資金 教育費

教育資金を早めに準備するコツ

教育資金を早めに準備するコツ

家計にとって大きな支出となるのは、マイホーム資金と子供の教育費、老後資金と言われます。

特に子供の教育費の準備は、まだ収入が多くない時期にスタートすることもあって、ますます難しくなっています。
そこで教育資金をどのように準備していくか、そのポイントを紹介しましょう。

教育費の準備は早く始める

どうしても結婚当初はマイホーム取得に家計の貯蓄は向いてしまいがちですが、子どもが生まれたときから教育費の準備を考えていく必要があります。

景気悪化による収入減や雇用が不安定になっていても、中学受験などコストをかかる選択をする家庭が増えつつあり、その結果、教育費などが増加しています。
また、晩婚化によりマイホーム資金と教育費の必要な時期が重なってしまう可能性もあります。

教育方針を決める

教育資金を考えるうえで、どこまでお金をかけたらいいかという判断は難しいものです。

習い事やスポーツなど、ついつい子供の可能性にかけてみたくなるのが親心ですが、情報に振り回されて、大学進学のための教育資金が貯められなくなるのは本末転倒です。
子どもが小さい頃の習い事などは、本人の相性や適性、何よりもある程度本人の好きなものに絞り込みましょう。

進路についても本人が選択できるようになったら、大まかな家計を提示して、子どもの自覚を促すことも教育の一環となるでしょう。
地元の大学で国立を選択する、足りない分は奨学金を検討するなど具体的に話し合うことで、本人の発奮材料になるかもしれません。

期間と金額を把握する

教育費とは授業料や入学金だけでなく、学校外教育費として進学塾や習い事、スポーツなどの費用、下宿にかかる費用などさまざまなものがかかってきます。
また小学校から中学校、高校、大学を選択する過程で、公立にするか私立にするかで教育費は大きく違ってきます。

そこで家庭の教育方針を大まかに話し合って、高校や大学の入学金や授業料の準備を考えておくことが重要です。
まして子供が二人以上いる場合は、子どもの年齢によっては教育費の必要な時期が重なり家計を圧迫するので、将来の大まかな支出を把握してライフプラン計画を立てましょう。

さらに重要なことは、子どもが小さいうちや公立に通っているうちに、できるだけ教育費を貯金しておくことです。
給与から天引きするなど、とにかく家計とは別に取り崩しができない形で子ども一人一人に対して準備しましょう。

積立方法を工夫する

解約しやすい貯金は、いざという時に取り壊してしまう可能性があります。
子供が生まれたらすぐに簡単に積み立てていくことができる方法の1つに学資保険があります。

子供の年齢が低いほど掛け金も少なくてすみ、高校進学、大学進学などのタイミングに合わせた時期にまとまった金額を確実の受け取れることができます。
また保険期間中に保険契約者(親)に万一の場合があった時には、それ以降の保険料支払いが免除されるのも大きなメリットです。

高校や大学進学資金に主眼を置いた学資保険は、返戻率(支払保険料総額に対する保険金額の比率)も比較的高く、有利に積み立てることができます。
返戻率は保険会社によって異なります。
よく比較しながら、活用するといいでしょう。

ライフプランとともに貯金を考える

雇用が不安定なうえ、消費税の上昇など家計にとっては計画が立てにくい時代ですが、教育資金を積み立てていくのは親の責任ともいえます。
家庭のライフプランをしっかりと立て、なるべく早くから教育費を積み立てていきましょう。

参考:
教育資金の目標額はどう決める
http://allabout.co.jp/gm/gc/22911/
教育資金をためるための考え方などを紹介しています。
はじめて学資保険
http://www.paci-gakushi.com/ga-toha/
学資保険全般の説明やメリット、デメリットも紹介されています。
おすすめ