•  
生活

生活習慣 食事

イタリア式食前酒(アペリティーボ)の習慣を楽しもう!

イタリア式食前酒(アペリティーボ)の習慣を楽しもう!

ヨーロッパでは一般的なアペリティフ、食前酒の習慣。食事の前にアルコールを飲んで気分をリラックスさせ、食欲を湧かせるものです。国際線の飛行機に乗ると、食事に先がけて飲み物とスナックが提供されますよね。あれもアペリティフです。

イタリアではアペリティーボ(食前酒のイタリア語)と言い、お酒と一緒におつまみもふんだんに用意され、夕食前のちょっとした小腹を満たす場でもあります。このイタリア式アペリティーボを、ホームパーティーに取り入れてみませんか?

イタリアのお店のアペリティーボ

夕方になると「ハッピーアワー」や「アペリティーボ」の看板が店先に出されます。5?10ユーロでグラス1杯のお酒とブッフェ式の軽い食事が楽しめるもの、それがイタリアのお店のアペリティーボです。

仕事帰りに友人や同僚と待ち合わせてアペリティーボでおしゃべりしてから、自宅に帰り夕食をとる……日本のようにそのまま深酒にならず、たった1杯のお酒で終わらせることがほとんどです。

具体的には何を飲んで食べるの?

アペロールやカンパリのように、ハーブで作られたお酒をソーダで割って飲むことが多いです。ハーブの効果で、まさに食欲増進のためのお酒です。アルコール度数も低いので、気軽に楽しめます。

お店のアペリティーボでは、簡単なものから、クスクス、パスタ、肉料理まで並ぶこともあります。自宅でのアペリティーボなら、ポテトチップスやプレッツェル、ナッツなどの乾きものに、買ってきて出すだけのオリーブやチーズ、生ハムなどでしょうか。切り売りのピッツァや小さなライスコロッケなど、温かいものが用意されることもあります。

ホームパーティーに取り入れるには?

このイタリア式アペリティーボを取り入れれば、ホームパーティーの準備がぐっと簡単になります。小物を活用すれば簡単なおつまみも豪華に見えます。パーティー気分が盛り上がりますよ。

パーティーピックを活用する

フォークやナイフを使わずに食べられるものが、おつまみの基本です。手でつまめるものを用意しますが、楊枝やピックを添えておけば手も汚れずに済みますね。

市販のかわいいパーティーピックを準備すれば、テーブルが一気にカラフルになります。楊枝を使ってパーティーピックを手作りしてもいいですね。楊枝の先に、何かアクセントになるものをつけるだけです。庭の木の実や手作りアクセサリー用の小物など、小さくて軽いものをボンドで留めつければOKです。

デザイン性のある紙ナプキンと紙皿

ホームパーティーのあとはお皿洗いも大変です。デザイン性のある紙ナプキンや紙皿は、簡単でありながらおしゃれに見えます。テーブルコーディネートに、積極的に取り入れましょう。

お皿に紙ナプキンを敷いてからおつまみを盛り付ければ、洗う時に汚れが少なくてラクです。銘々皿には、紙皿を使ってもらいましょう。カラフルな紙ナプキンと紙皿は、置いてあるだけでテーブルのアクセントになります。

アペリティーボの後には何を用意する?

アペリティーボのおつまみでお腹も満たされるので、後に続く食事はイタリア式に、パスタと肉料理、サラダだけで十分でしょう。パスタはソースを作っておけば茹でたてを和えるだけ、肉料理はオーブンで温めなおすだけ、サラダは冷蔵庫から出すだけです。食事の後にデザートを出せば、完ぺきなホームパーティーになりますね。

もっと気軽に、イタリア式アペリティーボの習慣を楽しもう!

簡単な飲み物とおつまみで、イタリア式アペリティーボをホームパーティーに取り入れましょう。おつまみはピックでかわいく変身させ、紙ナプキンや紙皿でテーブルを華やかに演出しましょう。アペリティーボを充実させれば、ホームパーティーはもっと手軽にできます。

参考
Lapertivo.it
http://www.laperitivo.it/126/aperitivo-a-roma/Trastevere/aperitivi-La-Parolaccia-&-Sons.html
ドリンクプラネット
http://www.drinkplanet.jp/pages/cp_suntory01_01
サイト☆おまみ
http://ameblo.jp/saito-mami/entry-11653922569.html
おすすめ