•  
健康

アレルギー 予防 花粉

花粉症を和らげるアロマテラピー

花粉症を和らげるアロマテラピー

花粉症の季節になると、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどの症状につらい思いをする人は増えています。そこでアロマの香りを使って、花粉症特有の不快感を和らげる花粉症対策をしてみませんか? 花粉症に効くエッセンシャルオイルやケアの方法をご紹介します。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは芳香療法と訳され、植物に含まれるエッセンシャルオイルを用いて、心と体を癒していくものです。

エッセンシャルオイルは、芳香植物からの自然抽出物で数多くの微量な薬理成分が含まれていますが、同じ植物でも抽出部位によって、オイルの成分は異なってきます。

香りやエッセンシャルオイルに含まれている薬理成分が、不快な気分だけでなく、花粉症のつらい症状も和らげてくれるエッセンシャルオイルがあります。よく使われるのは、ラベンダーやユーカリ、ティートリー、ペパーミント、ローマンカモミールなどです。

症状によっておすすめのエッセンシャルオイルとその使い方

エッセンシャルオイルは種類も多く、成分によっては使い方に注意を要するものもありますから、選び方が難しいかもしれません。そこで花粉症の主な症状の鼻水や鼻づまり、目のかゆみ、前頭部頭痛などに適したエッセンシャルオイルをご紹介しましょう。

鼻水・鼻づまりが楽になる

フレッシュな香りで鼻づまりを楽にして炎症を和らげてくれるのが、ユーカリです。ラベンダーやティートリーは殺菌作用が強く、それぞれに特有なフレッシュな香りがします。さわやかな香りのペパーミントは鼻の通りをよくしてくれますが、乳幼児には使えません。

香りの好みは人それぞれですから、好きな香りのオイルを選ぶことが重要です。店頭などで香りを試してから、自分の好きなものを選びましょう。

簡単な方法としては、ティッシュやマスクに1滴たらして、吸入すると効果的です。この時に直接肌に触れないように、注意してください。

また蒸気吸入も効果的ですから、アロマポットなどを部屋に置いて室内の空気を浄化する方法もあります。

バスタイムを活用する蒸気吸入は簡単で効果的です。
一つまみの粗塩に、ラベンダーやティートリーなどのエッセンシャルオイルを5滴たらしてお風呂に入れます。スキムミルクや牛乳、はちみつなどを乳化剤として使っても構いません。

ただ湯船に浸かるだけでなく、湯船の3分の2ほどふたをして、バスタオルを背後から頭にかぶせて蒸気を吸い込むとより効果的です。
香りを楽しみながら、蒸気を吸い込むことによって鼻づまりなど花粉症のケアができます。

注意事項

エッセンシャルオイルは水に溶けないので、必ず乳化剤に溶かしてから使います。オイルが直接肌についたりすると、反応を起こすことがあります。一方、そのままだとすぐ揮発して香りが飛んでしまいます。

目のかゆみが楽になる

目のかゆみがひどくなるとそうしてもこすってしまったりしがちです。
そこで、冷湿布がおすすめです。

花粉症の目のかゆみには、ラベンダーやローマンカモミールが症状をやわらげてくれます。

洗面器などに冷水をはって、エッセンシャルオイルを1~3滴入れてタオルにしみこませます。それを軽く絞って、目の上にのせ体温まで温まったら外しましょう。炎症や疲れ目にも効果があります。

またラベンダーウォーターを、コットンに浸して目の上を湿布する方法はより肌に優しく簡単です。目の周りの皮膚は薄くて敏感なので、水溶性のラベンダーウォーターは、肌に優しく、好きなだけ使えることもできます。

頭痛が楽になる

鼻水が続いたり、鼻づまりがひどくなると、前頭部頭痛やイライラ感がおこることもあります。このような症状にはラベンダーやティートリー、ローマンカモミールなどがおススメです。

お風呂で使用して、ゆっくりと香りを楽しみながら、ストレスや鼻づまりを解消させるといいでしょう。

上記の香りがあまり好きでない場合は、柑橘系の香りなどとブレンドすると使いやすくなります。

アロマテラピーを用いる時の注意

エッセンシャルオイルは必ず希釈して使い、肌の弱い人はパッチテストを行ってから使ってください。
種類によっては禁忌事項があるので、よく説明を受けてから使いましょう。
また保存には遮光ビンを用いて、子供の手が届かないところに置くようにしてください。

症状の改善がみられない場合や普段と違った症状が出た場合は、すぐに専門家に相談することが必要です。

アロマテラピーを上手に活用して、つらい花粉症を少しでも楽にしませんか?

参考文献
『アロマテラピーのための84の精油』 著:ワンダ・セラー 訳:高山林太郎 フレグランスジャーナル社、2007年
『天の香り アロマテラピー』著:スザンネ・フィシャー・リティ 訳:手塚千史 (有)あむすく、2004年 
『不安脱出のためのフィト・アロマテラピー』著:若子あや子 創英社/三省堂書店

参考
花粉症・アレルギー対策
http://www.lifehacker.jp/2012/03/120305kafunshoaroma.html
おすすめ