•  
健康

眼精疲労

こんな目の使い方をしている人は要注意 疲れ目についての記事

こんな目の使い方をしている人は要注意 疲れ目についての記事

疲れ目はえんきんでケアしよう!

ほんの数十年前に比べて、
現代の私達の生活は、格段に目を酷使するようになりました。

以前は、仕事で作る書類もほとんどが手書きでしたし、休日のレジャーといえばドライブやゴルフ、家で見る「画面」といえば、せいぜいテレビくらいのものでした。

しかし、今では、会社で始業から終業までパソコンの画面を見続けて、家に帰るとスマートフォン、休日にもメールやSNSで連絡を取り合う…という生活を送る人も珍しくありません。

こういった生活は、便利な面もありますが、目の負担という観点から考えると、大きな問題でもあります。かすみ目や疲れ目のほか、視線を動かすとピントが合わなくてくらくらする、なんてお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

特に、

中高年の方のなかには、遠くを見るときと近くを見るときのピント調節が上手くいかないと感じている方も多くいらっしゃいます。

そういう方にぜひおすすめしたいのが、「えんきん」です。

えんきんはサプリであり、薬ではありません。そのため、飲んだからといってすぐに効果が出るものではありませんが、
毎日の生活のなかで目のピント調節のためになる成分を効果的に摂取できるようになります。


手軽に目のケアを行いたい方は、えんきんを試してみてはいかがでしょうか。

こんな症状がある方は要注意!

日ごろの生活のなかで、このような症状に心当たりがある方には、特にえんきんの利用をおすすめします。

えんきんを利用して、目の健康づくりを意識した生活を送りましょう。

・パソコンを使った業務がメインの仕事をしている

今や、パソコンを全く使わない仕事というのは、ほとんどありません。
それどころか、事務職や内勤営業、企画営業といった仕事をしている方々ともなると、仕事中はほぼ丸1日、パソコンの前に座りっぱなしということも決して珍しくありません。

こうなると、疲労が目に蓄積されてしまうため、疲れ目ケアにえんきんを利用するのがおすすめです。実際に、パソコンの使い過ぎによる疲れ目予防にえんきんを使っている人もいます。

・スマートフォンのアプリにはまっている


スマートフォンには、たくさんのアプリがあります。カメラやSNSなどの基本的なアプリはもちろん、画像加工やアルバム機能、ゲーム、カレンダー、体調管理など、スマホアプリの種類は非常に多岐にわたります。

出先で、パソコンが手元にない状態でも気軽にビジネス文書を読んだり、メールをチェックしたりできるスマホのアプリ機能は非常に便利ですよね。それにゲームアプリも、最近では本格的なRPGや気軽にできるパズルゲームなど、多彩に用意されていますから、ちょっとした空き時間に楽しむには最適です。

人とのコミュニケーションも、スマホのアプリ上で手軽にできるので、わざわざ電話をしたり手紙を書いたりする手間がはぶけるようになりました。



しかし、こうしたスマホアプリを使いすぎると、いつの間にか毎日の空き時間のほとんどをスマホに使っているということにもなりかねません。ひとつひとつのアプリに費やす時間は短くても、
長い時間スマホを見つめ続けすぎると、目がだんだんとしょぼしょぼしてきたり、
知らない間にスマホ肩と呼ばれるひどい肩こりになってしまったりする危険があるのです。

えんきんには、目の疲れによる肩や首への負担を和らげる働きもあるので、スマホによる肩の疲れや目の疲れにも適しています。

・文庫本を集中して読めなくなってきた


10代や20代の頃は、どこに行くにも文庫本を持参して読みふけっていたという文学青年や文学少女だった方も、年を取るごとにだんだん本を読まなくなってきた、ということがあります。
単に本に興味がなくなったということもあるかもしれませんが、読みたいのになんだか文庫本を読むと疲れてしまって……という方もいるでしょう。このような原因のひとつに、文庫本の文字が単行本に比べると小さくて読みづらいということがあげられます。

そのうえ文庫本は、文字が単行本よりも詰まって配置されていることもあるため、読もうとするとどうしても目が泳いでしまったり、ちかちかしてうまく頭に入ってこなかったりしがちです。

えんきんを使ってピント調節機能が改善されれば、読書も快適に行えるようになります。



・なんとなく目がかすんでしょぼしょぼする


ふと気づくと目の横や眉間をもんでいたり、なんとなく視界がクリアでないと感じたりすることが増えてきたら、疲れ目のサインかもしれません。

目が疲れていると、何度瞬きをしても乾いた感じが取れなかったり、痛みやかすみが出てしまったりすることもあります。
このような目の疲れは、年齢とともに徐々に感じる機会が増えてきます。
同じような生活をしているだけなのに、10年前、20年前とは疲れ方が違うというのは、何も目に限ったことではないでしょう。体全体が疲れやすく、疲労がなかなか回復できなくなっていくのと同じように、目も年齢とともにだんだんと疲れやすくなってしまいます。

えんきんは中高年の目のピント調節機能のためのサプリですから、こうした年齢に伴う目のかすみにも効果が期待できます。

・いつも肩や首が凝っていて痛い


肩こりや首の痛みも、年齢とともに強くなっていきがちなことのひとつです。
肩や首のコリの原因は、主に血行不良です。同じ姿勢を長く続けたり、同じ距離で物を見続けたりすると、首や肩、目などが凝り固まってしまって、血行不良が起こります。

「同じ姿勢を取り続ける行為」として最も多いのが、パソコンやスマートフォンです。これらは、腕を前に出して前かがみの姿勢で操作することも多いため、余計に肩こりにつながってしまいがちです。
もちろん、同じ距離で画面を見続ける目も凝りますし、肩こりは目の血行不良にもつながるので、眼精疲労の原因にもなります。こうした作業が多い方は、えんきんを使って肩や首の負担を軽減しましょう。

お悩みの原因はズバリこれ!

年齢が上がっていくにつれて起こる目のお悩みは、いったいどうして起こってしまうのでしょうか。
えんきんで改善が期待できる年齢による目のかすみや、疲れ目の原因について考えてみましょう。

写真を撮る時、近くを写したい時と遠くを写したい時では、レンズのピント調節を変えますよね。それと同じように、実は人間の目もピントの調節をしています。

人間の目にあるレンズは「角膜」と「水晶体」で、このうちピント調節の機能を果たしているのが水晶体です。

水晶体は、角膜の内側にある凸レンズ型の器官です。レンズの働きをしてはいますが、本物のレンズのように一定の形ではなく、見たい距離に合わせて厚さを変え、ピントを調節しています。

このピントの調節に効果を発揮する
のがえんきんです。

水晶体の両脇には、「毛様体筋」という筋肉があります。
近くのものを見たい時は、この毛様体筋が緊張して水晶体を厚くします。すると、屈折率が高くなるため、近くにピントが合います。反対に、遠くを見たい時は毛様体筋がゆるみ、水晶体の厚さが薄くなります。すると、屈折率が低くなって、遠くにピントが合うようになるのです。
人間の体は、自然とこうした働きで物を見るときのピント調節をしてくれているのです。

ところが、
このようなピント合わせの機能は、年齢と共にだんだんと弱くなっていってしまいます。

中高年になると、老眼のような目のトラブルが増えてきます。目も、骨や筋肉と同じように、年齢とともに衰えていってしまうのです。目のトラブルの原因にはさまざまなものがありますが、水晶体が弾力性を失うことによってピント合わせができなくなって起こるトラブルもあります。

また、近くを見ることが多いために、毛様体筋が緊張し続け、疲弊してピント調整が上手くいかなくなってしまうこともあります。
長い間近くを見続けた後で突然遠くを見るとめまいがしたり、うまく見えなかったりするのはこのようなピント調整機能のトラブルが原因なのです。そのような場合に効果が期待できるえんきんを使ってピント調節機能のケアをしましょう。

毛様体筋が緊張してしまう原因には、長時間のパソコンやスマートフォンの使用があげられます。パソコンやスマートフォンを見るときは、遠距離ではなく、近距離のピント合わせになります。つまり、あまりに長い時間パソコンやスマートフォンを見続けると、その間、ずっと毛様体筋は緊張し続けてしまうということなのです。
その結果、疲労が溜まって目が疲れたり、凝ってしまったりします。また、パソコンやスマートフォンは、ブルーライトを発しています。ブルーライトの光は散乱しやすいため、ピントを合わせようとすると毛様体筋が余計に緊張するため、目の疲れに繋がりやすいのです。
えんきんには、こうしたブルーライトに対応できる成分も含まれています。

また、パソコンやスマートフォンによる目の問題は、それだけではありません。

一生懸命画面を見て瞬きの回数が少なくなると、ドライアイになることがあります。

ドライアイになって目が渇くと、目の痛みやかすみ、毛様体筋の緊張などが起こります。
パソコンやスマートフォンは現代になくてはならないものですが、このように目のトラブルを引き起こす大きな原因にもなるものなのです。そうしたことを予防するためにも、えんきんで目のケアを行いましょう。

肩こりや首のこりも、毛様体筋の緊張につながります。
えんきんで、肩や首への負担を減らしましょう。

近年多い首や肩のコリの原因には、長時間のパソコン作業やスマートフォンがあげられます。これらは目の疲れにも繋がるため、肩や首が痛いだけだと思っていたら、実は目も凝っていたということもあり得ます。
首や肩のコリを感じたら、目のコリについても起こっている可能性があると考えて、えんきんを検討しましょう。

えんきんを使えば目のピント調節機能が改善される!?

目のピント調節が合わない人におすすめなのがえんきんです。実際に、
えんきんを使うと、目のピントが調節しやすくなったという臨床結果もあります。

特に年齢が高くなると、近くのものにピントを合わせづらくなります。えんきんは、このようなピント調節機能を助け、同時に目を使った時に起こる肩や首への影響を軽減させてくれるのです。
えんきんの効果は、事業者であるファンケルが臨床試験を行っており実証済ですし、実際にえんきんを飲んだ人の口コミでも、40代から60代の方を中心に文字が見やすくなった、夫婦で飲んでいる、目の疲れが少なくなったというような感想が多数寄せられています。
また、なかには30代の方がパソコンによる疲れの軽減のために利用しているケースもあります。疲れ目の出方や、ピント調節機能の弱まり方は人によって大きく違いますから、それぞれの人の状態に合わせて、幅広い年代の方にえんきんが利用されているのです。

えんきんには、目の機能改善や疲労予防のために次の4つの成分が含まれています。
それが、ルテインアスタキサンチンシアニジン-3-グルコシドDHAです。DHAは有名な成分で名前を聞くこともよくあるものですが、他の3つについては、どういう成分かわからないという人も多いのではないかと思います。

しかし、そんな人の中にも、「ブルーベリーは目にいい」という話や、「ブロッコリーやほうれん草は健康にいい」などという話を聞いたことがある人がいるでしょう。
先ほど紹介した成分は、こうした食べ物に含まれているものです。

しかも、えんきんは、それぞれをどのくらい配合するかについても、こだわり抜いて作られています。効果的な成分は、多く摂っただけ役立つというものではありません。

えんきんはそれぞれの成分がより効率よく、高い効果が発揮できる配合で作られているのです。

ルテイン


ルテインは、ほうれん草やブロッコリー、キャベツなどに含まれているカロテノイドの一種で、目の働きを助け、守ってくれる役割を果たす天然色素です。1日分相当の2粒のえんきんには、このルテインが10mg含まれています。ルテインは抗酸化作用が高く、活性酸素から体を守ってくれます。また、ルテインの大きな働きは、光から目を守るということです。パソコンやスマートフォンの作業が多い人にえんきんをおすすめしたい理由のひとつは、ブルーライト対策にぴったりのルテインが含まれていることです。ルテインにはブルーライトを吸収する性質があるので、電子機器の操作で目が疲れている人はえんきんを試してみてください。また、体内のルテインは年齢と共に減少していってしまうので、えんきんなどのサプリや食事でカバーしましょう。

アスタキサンチン


えんきん2粒には、アスタキサンチンが4mg含まれています。アスタキサンチンは、サケやいくら、海老、カニなどに含まれるもので、これもルテインと同様に天然色素です。ルテインが黄色であるのに対し、アスタキサンチンは赤色です。えんきんのピント調節機能に対する働きとしては、疲れ目の予防や紫外線からのダメージ軽減があげられます。アスタキチンサンには高い抗酸化作用があるので、目の老化防止に役立ちます。えんきんを飲んで目の疲れや老化が予防されることで、毛様体筋の働きがスムーズになり、目のピント調節機能を高める働きが期待できます。

シアニジン-3-グルコシド


目に良いといわれているブルーベリーなどには、アントシアニンが含まれています。そんなアントシアニンのなかでも特に目に良いとされていて、黒大豆の種皮に豊富に含まれている成分がシアニジン-3-グルコシドです。1日分のえんきんのなかには、シアニジン-3-グルコシドが2.3mg含まれています。この成分にも、高い抗酸化作用があり目の老化防止や血流改善に役立ちます。えんきんはサプリですから経口摂取となりますが、シアニジン-3-グルコシドは、他のアントシアニンと比べて経口摂取でも目までしっかり届くため、ピント調節機能の維持や改善への効果もより期待できるでしょう。

DHA


DHAは、聞いたことがある人も多いでしょう。これは、マグロやサバなどの青魚やアマニ油などの植物油に含まれている不飽和脂肪酸です。えんきん2粒には、DHAが50mg含まれています。人間の網膜にある脂肪は、40%から60%がDHAでできています。DHAの不足によって、実際に視力の低下が認められたという実験結果もあります。また、網膜の反射機能を高めたり、細胞をやわらかくしたりすることがDHAの働きです。そのため、年齢や目の疲れによってピント調節が難しくなってしまった方や、文字が読みづらくてえんきんを飲むようになった人にも効果があると考えられています。

えんきんってどんなサプリ? 買い方は?

えんきんは「機能性表示食品」に属し、トクホと呼ばれている「特定保健用食品」などと同じ「保健機能食品」です。


「機能性表示食品」は、化学的根拠に基づく機能があると表示することが許可されている食品のことです。


えんきんは、事業者であるファンケルの責任において、販売前に安全性と機能性について消費者庁長官に届出が出されています。これによって、機能の表示が認められているのです。もちろん、届出は根拠のないものではなく、しっかりと事前に臨床試験が行われたうえで出されていますから安心です。

それでは、具体的にどのように安全性と機能性が確かめられているのでしょうか。臨床試験では、日常的に目の疲れを感じている45歳から64歳の男女48名を2チームに分けて、プラセボ品とえんきんをそれぞれ4週間摂取した後の近点調節力について調査されています。
近点調節力というのは、近い所を見るためにピントを合わせる力のことです。

その結果、えんきんを飲んでいたグループは、そうでないグループに比べて近点調節力に大きな改善があることがわかったのです。

また、えんきんは合成着色料や香料、保存料無添加ですから、安心して飲むことができます。サプリの形状はカプセル式で、体内で素早く溶けて配合成分を酸化から守る「植物由来ソフトカプセル」が使用されています。えんきんは、配合成分だけでなく、入れ物にもこだわって効果を高めているのです。

えんきんは、カプセルだけでなくサプリを入れている袋自体にも工夫がされています。湿気が袋の内部に入り込まないように、密閉式のチャックで閉じられるようになっているため非常に便利です。もっとも、このような形になっていても、えんきんに濡れた手で触ると結局しけってしまったり、不衛生になってしまったりします。えんきんを袋から取りだす時は、乾いた手で行い必要以上にサプリを触らないようにしましょう。また、袋の中には、えんきんがしけってしまわないように乾燥剤が入っています。間違えて乾燥材を飲んでしまうことがないように気をつけましょう。

えんきんは、ファンケルの公式通販サイトや取扱店舗で購入することができます。ただし、えんきんの値段はどこで買うかによって異なるため、気をつけましょう。お得に試すのであれば、やはり、ポイントの付与や金額・条件によって送料無料になることもある通販がおすすめです。通販ではキャンペーンをやっていることもよくあるので、えんきんをなるべく安く試したいという人は、こういったキャンペーンを見逃さないようにしましょう。えんきんをたまたま店舗で見かけたからと、慌てて買ってしまうと損してしまうこともあるので購入場所には注意しましょう。

えんきんの通販をおすすめする理由

えんきんは、2015年度のファンケル通販サプリメント売上及びお客様数ナンバーワンの人気商品です。つまり、それだけ多くの人がえんきんを通販で購入して利用しているということです。通販でサプリを買うのは抵抗があるという人のために、ファンケルでは返品・交換を無期限で保障しています。こういう返金保証がついた商品のなかには、送料は自己負担だったり、返品に期限があったりするものもありますが、ファンケルのえんきんはそういった心配もありません。返送料はファンケルが負担しますし、もちろん開封後でもOKという嬉しいことづくめのサービスです。返送料をファンケルが負担するということは、「えんきんの効果が感じられない」「えんきんを使ったけど良くなかった」と感じる利用者があまりいないという自信の現れでしょう。えんきんが気になっている場合は、返品保証も受けられる通販での購入がおすすめです。

えんきんを通販で買う場合に受けられるサービスは、これだけではありません。送料は初回限定で全国どこへでも無料ですし、代引きやクレジットカードなどの手数料も無料です。そのうえ、受領印不要で日付け時間帯指定もできるため、チャイムに煩わされることなく受け取ることができます。つまり、えんきんの代金以外にかかる手数料は一切なく、受け取りの面倒もないのです。また、注文から最短2日で届くので、今すぐえんきんを試してみたいという方にもおすすめです。さらに、えんきんの通信販売には次回からすぐに使えるポイントもつくので、2回目以降のお得感もあります。ポイント数は、お買い上げ累計金額に応じるため、えんきんを継続利用していけばどんどんポイント還元率も良くなっていきます。また、
購入後にえんきんのことで質問がある時も、月曜から土曜の朝9時から夜9時と、日曜祝日の朝9時から夕方5時までフリーダイヤルで問合せができるので、サポート体制も万全です。


サプリを初めて飲む場合、本当に効くのかどうか不安に思うことや飲み方がわからないなどの悩みもあるでしょう。また、えんきん以外のサプリを飲んでいたことがあるけど、効果を感じられなかったという人もいるかもしれません。そういう方は、えんきんのお試しパックを購入してみましょう。えんきんの通常商品は30日分で2,160円ですが、お試しパックは2週間分が税込み1,000円なので、通常商品よりもずっとお得です。そのうえ、今ならもれなくもう1袋付いてくるサービスを行っているので、2週間分のお試し価格で丸4週間、ほぼ1か月えんきんを利用することができます。えんきんの効果が不安な人でも、これだけ負担が少なければ気軽に始められますよね。そのうえ、えんきんの場合は、前述の返品保証がついているので、後から「やっぱりいらなかった」と思った場合でも安心です。

えんきんの飲み方や効果について不安がある場合は、ファンケルの健康食品Q&Aを見てみましょう。

ファンケルのサプリメント全般について記載があるため、えんきんについてだけ書かれているわけではありませんが、サプリを飲むうえでのポイントがわかりやすくまとめてあります。それに、えんきんはサポートダイヤルやサポートメールもあるので、疑問点はすぐに問い合わせて解決することもできます。直接のやりとりではなく、顔の見えない通信販売だからこそ、えんきんの手厚いサポートが嬉しいですよね。

えんきんの飲み方

えんきんはサプリなので、薬のように毎日いつ何錠ずつ飲まなければいけないと決まっているわけではありません。1日の摂取の目安量は2粒で、これを守ることで効果が実感しやすくなりますが、仮に忘れてしまったり、1粒しか飲まなかったりしても重大なトラブルになってしまうということはありませんから安心です。えんきんを飲むタイミングもサプリなので規定はなく、いつ飲んでも特に問題はありません。とはいえ、目安量が2粒ですから、薬のように朝食と夕食の後で1粒ずつ飲むといった飲み方にすると飲み忘れも防げますし、理想的な形で栄養を摂取することができるのでおすすめです。朝食は食べないし、ついえんきんを飲み忘れてしまうという場合は、昼食と夕食の後でも構いませんし、「昼に飲むのを忘れてしまった」という日は夕食後に2粒飲んでも大丈夫です。このように、えんきんはその人ごとのライフスタイルやその日の予定に合わせて飲み方を変えられるので、つい忘れてしまいがちという人でも安心して試していただけます。

ただし、えんきんは誰でも安全に安心して飲めるというわけではないので、注意も必要です。

えんきんのパッケージには「妊娠・授乳中の方、未成年の方はお召し上がりにならないでください。」という記載があります。

そもそも、えんきんは中高年の方が近くを見るときにピントを合わせづらい状態を改善するためのサプリですから、未成年には必要のないものです。
そのため、実際に未成年がえんきんを飲むという事態はあまり考えられません。また、えんきんの臨床試験は、45歳から64歳の妊娠中や授乳中ではない男女を対象に行われており、未成年や妊娠中、授乳中の人に関しては安全性の確認ができないためにこのような表記になっています。妊娠中や授乳中の方がえんきんを飲みたい場合は、一度産婦人科で成分を見てもらって相談するのがいいでしょう。同じように、病気で医者にかかっている人や薬を飲んでいる人は、問題がないか薬剤師や医師に相談してみるようにしてください。

上記のほか、えんきんを絶対に飲んではいけない人もいます。それは、えんきんに含まれる成分のアレルギーがある人です。食品アレルギーの強さには個人差がありますが、軽い湿疹や気分不快などのほか、時には命に関わるような重大なトラブルにつながることもあります。えんきんに含まれるアレルギー物質には「大豆」があります。サプリですから、それほど大量に含まれていることはないと考えられますが、大豆アレルギーがある方はえんきんを飲まないように気を付けましょう。

また、えんきんは基本的に賞味期限内に使い切るようにしてください。1日2粒のペースで飲み続けていれば、よほどまとめ買いをしない限り問題はありません。しかし、開封後どこかにしまってそのまま忘れていたなどといった理由で、賞味期限を過ぎてしまった場合は、そのえんきんを飲まないようにしましょう。えんきんの袋には保存に向いた密閉用チャックがついているため、他の入れ物には移さず、そのまま保管することも大切です。飲んだ後は、しっかりチャックを閉めて、直射日光が当たらず湿度の高すぎない場所に保存するようにしましょう。えんきんの効果をより感じやすくするためには、保存状態や期間にも注意が必要なのです。

えんきんには、年齢によって起こるさまざまな目の悩みや、パソコンやスマートフォン作業で疲れた目に対する効果的な成分がたくさん含まれています。こうした悩みを抱えている人は、えんきんを利用してみてください。特に、お得に利用できて受け取りの手間も少ない通信販売は、えんきんを初めて試してみる方におすすめです。年齢を重ねて手もとの文字が見えづらくなるというのは、誰にでもあることです。えんきんを利用することで、こうしたトラブルの軽減や快適な視界やピント調節につながるでしょう。

参考:
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/eyecare/wonders/lens.jsp 
http://www.skincare-univ.com/article/012428/ 
http://アスタキサンチンの効果.com/ 
http://sozai-kinou.co.jp/cyanidin/ 
http://www.fashion96.com/cyanidin-3-glucoside/ 
http://www.skincare-univ.com/article/011187// 
http://www.mit-japan.com/ndl/ndl/dha.htm/ 
https://hfnet.nih.go.jp/usr/kiso/pamphlet/150407kinousei1.pdf#search=%27%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%80%A7%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E9%A3%9F%E5%93%81%27<br>
おすすめ