•  
健康

サプリ コエンザイムQ10

60兆個の細胞レベルから身体を元気にするコエンザイムQ10

60兆個の細胞レベルから身体を元気にするコエンザイムQ10

動植物が活動し成長できるのは、エネルギーが体内で生成されているからです。
エネルギーを生成できなくなれば、それは死を意味します。
人間にとって、食事で摂取する炭水化物、脂肪やたんぱく質などの栄養素がエネルギー源となります。
しかし、炭水化物などを摂取するだけでは、エネルギーとして活用できないのです。

エネルギーとして活用できるのは、全身で60兆個もある細胞とコエンザイムQ10があるからです。
では、エネルギーとして活用できるようになる体内での仕組みと、その仕組みに欠かせないコエンザイムQ10の働きとはどのようなものでしょうか。
あわせて、エネルギー生成に貢献し、肌を若返らせ、シワを少なくし、身体全体を健康にする効果のあるコエンザイムQ10とはどのようなものかをご説明します。

全身の細胞が元気になる理由

食事で体内に摂取された栄養素は、体内で二酸化炭素と水に分解され、その時にエネルギーが生まれます。
このエネルギーはそのままでは利用することができません。
このエネルギーを利用できるようにするためには、まず、このエネルギーを蓄えるATP(アデノシン-3-リン酸)という化合物が必要なのです。
そして、ATPが分解されるときに蓄えられていたエネルギーが放出されます。
このエネルギーがようやく、運動するときの筋肉や内臓が動くためのエネルギー源となるのです。
このATPの大部分は、細胞の中のミトコンドリアで作られるので、細胞自身が活性化します。

コエンザイムQ10の役割とサプリメントで補充した方が良い理由

コエンザイムQ10は、細胞でエネルギーが作られるときに必須の働きをする物質で、細胞内のミトコンドリアを元気にし、体内のエネルギーの生産を活発にする役割があります。
コエンザイムQ10が不足するとエネルギーが十分に作り出せなくなります。
この大切なコエンザイムQ10は体内でも生成されて全身の細胞に存在しますが、その量は加齢やストレスなどで低下していきます。
減少する比率は、身体の部位の細胞によって異なり、皮膚細胞では特に大きく減少し、70代になると、20代の約3分の1になるという研究報告があります。

加齢、ストレス以外にも、喫煙、うつ病、その他の生活習慣・病気がコエンザイムQ10を減らすといわれています。
減少したコエンザイムQ10をサプリメントで補充することで、細胞レベルから健康になれるほか、皮膚が若返り、美容効果も高まると考えられます。

コエンザイムQ10で全身の細胞から元気に

コエンザイムQ10には、従来から販売されている「酸化型」と製造技術が進化して開発された「還元型」があります。
「還元型」のコエンザイムQ10の方が、直接ミトコンドリアに作用するので、早く効きめがでます。

おすすめ