•  
健康

生活習慣 食事 ダイエット

なんだか最近太ってきた・・・!?ダイエットについての記事"

なんだか最近太ってきた・・・!?ダイエットについての記事

大人のダイエットは大人のカロリミットで!

10代や20代前半の頃は太ったと感じても、

間食を我慢したり、少し運動をしたりすればすぐに体重を減らすことができたかもしれません。

ところが、
20代後半や30代、40代と年齢を重ねて行くと、
どんどん体重が落ちにくくなっていきます。

同じように食べているだけなのに、何故か体重は増える一方で全然痩せない……。

そんなお悩みを抱えている方におすすめしたいのが、「大人のカロリミット」です。

大人のカロリミットは、その名の通り大人のためのサプリです。
大人のカロリミットには、大人の痩せにくい体が痩せやすくなるために効果的な成分がたっぷり詰まっています。

なんだか最近太ってきた……!?

「少し食べ過ぎてしまった日は、翌日の食事量を調整すれば、スタイルがキープできる」
というのは、20代くらいまでの話です。

30代や40代になると
「食べ過ぎをカバーするために1週間も2週間も食事を節制しないといけない」と
感じる方が増えてきます。

これは、年齢による体の変化によって起こることです。同じ物を食べても20代の頃と40代では、食べられる量やおいしいと感じる味が違うことがあります。

それと同じように、摂取したカロリーがどのくらいで燃焼されるのかも、20代と40代では違いがあるのです。

もちろん、これには個人差がありますから、20代後半で既に10代や20代前半の時とは違うと感じる場合もあります。友人などと比べるのではなく、若い頃の自分と比べて「痩せにくくなった」と感じたら、大人のカロリミットで代謝をサポートする必要があるかもしれません。

食事管理をしっかり行ってダイエットをしているのに全然痩せないとお思いの方は、どんなダイエットをしているでしょうか。

食事管理は、ダイエットのためには絶対に必要なポイントのひとつですが、間違えた方法で食事制限をしていると、いつまでたっても痩せる体が作れないだけでなく、痩せにくくて不健康な身体になってしまうこともあります。

例えば、

「肉も炭水化物も食べずに野菜中心の生活をする」などの極端なダイエットは、痩せやすい体作りには逆効果です。

野菜ばかりを食べる生活は、身体を冷やしたり、代謝を低下させたりする原因になってしまうのです。

「バランスの良い食事を摂ろう」というのは、美容や健康のためによくいわれることです。これは、何の根拠もないということではありません。

日本人が1日に摂ったほうが良い栄養素がどのくらいなのかは、厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」として発表しています。

ここで推奨されている栄養は、野菜や果物だけでは満たすことができません。

タンパク質(肉類)や脂質(油)、炭水化物(ご飯などの主食)をきちんと食べるようにしましょう。
もちろん、野菜や果物類から取れるビタミンやミネラルも健康のためには必須です。何ごともバランスが大切で、極端なダイエットは良くないということです。

取りすぎたカロリーは、大人のカロリミットで燃焼サポートをしつつ健康的なダイエットをしましょう。

一方で、「絶対に1か月で○キロ痩せる!」という目標をかかげて、運動と食事制限をきっちり行うダイエットをする方もいます。
栄養バランスを考えた低カロリーの食事と、毎日朝晩のジョギングなど、かなり本格的なダイエットメニューを組んでその通りに実行していけば、いくら痩せにくくなった体といってもだんだん体重は減って行くと思います。しかし、そんな生活を1か月続けたとして、次の1か月でリバウンドしない可能性はどのくらいあるでしょうか。「痩せたご褒美に自分が好きなものを食べたら、結局元の体重に……」なんてことになってしまうことも考えられます。また、いくら自分で制限しようと思っていても、飲み会やランチの誘いを全て断ることは、なかなかできることではありません。

あまりに自分を追いつめてしまうダイエットは、ストレスになりますし、続けることはとても困難です。
厳しいダイエットでも、自分を律して完璧に成し遂げられるという方にはいいかもしれませんが、そうでない場合やそれがストレスになってしまう場合は、あくまでも「適度な運動とバランス重視でやりすぎない食事制限」、そして大人のカロリミットの併用がおすすめです。無理なく続けられるダイエットで、継続して健康的な美しさを目指しましょう。

また、
大人のカロリミットは、「時々食べ過ぎてしまう日がある」という人にもおすすめです。



大人になると、飲み会や久しぶりのお友達とのランチ、結婚式や昇進祝いなどのパーティー、家族旅行といった自分ひとりでは食べる量や内容を決めづらい場面も増えてきます。

それに、そのような楽しい食事の席で、ひとりだけカロリーを気にしながら食べるというのは、なんとなく気まずいものですし、周りも気を使ってしまいます。こういう場面では、楽しく思いっきり食事を楽しむのも大人のマナーのひとつではないでしょうか。普段はカロリーを気にしていても、パッと楽しむときは、大人のカロリミットを飲んだうえで大いに楽しみましょう。

大人になると痩せにくくなる理由は?


年齢を重ねるにつれて、段々体重が落ちにくくなったと感じている人は、「基礎代謝」が落ちている可能性があります。


痩せるために運動をするというのは、運動をすることで体内に取り込んだカロリーを燃焼させるためですよね。

しかし、人間のカロリー消費のほとんどは、運動などの活動による消費ではなく基礎代謝によるものです。

基礎代謝は、人が生きているだけで消費する最低限のカロリーのことです。

例えば、寝転がって何もしていなくても内臓は動き続けていますし、筋肉や骨も維持され続けます。その際にエネルギーとして必要なのが、基礎代謝です。つまり、摂取カロリーが基礎代謝よりも少ないと、身体はエネルギー不足になってしまうということです。

基礎代謝は、10代の頃が一番多いといわれています。その後、20代を経て30代になると、基礎代謝はぐんと減少してしまいます。

何故かというと、年齢を重ねるごとに基礎代謝の高い筋肉が減り、脂肪が増えるためです。

体脂肪率は、若い人よりも年齢が高い人のほうが多くなりがちです。これは自然な身体の仕組みのためなので、40代や50代の人が無理に体脂肪率を落とす必要はありません。しかし、
筋肉は増やしていかないと、将来のロコモティブシンドロームなどに繋がってしまいます。

痩せにくくなるのは基礎代謝の低下が原因ですから、30代前後になって痩せにくくなったと感じている場合、運動してカロリーを燃焼するというよりは、運動することで筋肉をつけて、基礎代謝を高めることや血行を良くすることなどが大切になってきます。

年齢と共に低くなっていく基礎代謝をできるだけ高めて、燃焼力をあげることが大人のダイエットの基本といえるでしょう。そして、そのサポートをしてくれるのが、大人のカロリミットです。

大人になると、断れない食事会や残しづらい食事を食べる機会も増えてきます。いつまでも、学生の頃のように「食べたいものを頼んで食べる」というわけにはいきません。若い頃であれば、「ダイエット中だから」と食事を控えることができても、会社の上司と食事に行くというのに「ダイエットをしているのでお蕎麦屋さんにしましょう」とはなかなか言いづらいものです。それに、おめでたい席やお祝いの場など、残さずおいしくお料理を食べなければならないシーンも少なくありません。こうなると、大人のダイエットはさらに難しくなってしまいます。

また、ダイエットの大敵には、不規則な生活もあげられます。

若いうちは、自分がいつ何を食べるかを自分で決めることができました。しかし、大人になると家族の都合や仕事の都合などで、なかなか決められた時間に食事を取る生活ができなくなってきます。

「残業で帰りの遅い夫を待って、一緒に夜中に夕飯を食べる」

「自分自身が残業で、夜遅くまで食べられない」

「仕事の合間にカロリーの高い菓子パンを買って食事を済ませてしまった」

などなど、

食事のタイミングがずれる可能性はいくらでもあります。食べる量についても、子供の食べ残しを食べてしまったり、少しだけ余ったお弁当のおかずをつまんでしまったりと、大人のダイエットを妨げる要因は日常生活のなかに多く潜んでいます。

眠る時間も同様で、仕事や育児、介護などのさまざまな原因で、夜遅くまで起きていることやまとまった睡眠が取りづらい状況になることもあります。

睡眠とダイエットは、食事ほど直接的な関係があるわけではありませんが、筋肉をつけて基礎代謝をあげたり、ホルモンバランスや自律神経を整えて血行を促進したりするためには、やはり、きちんと夜に眠ることが大切です。

自分の体の健康やダイエットを第一に考えた生活リズムを作ることは、大人にはなかなかできません。できる限り努力をすることは必要ですが、どうしても難しい部分は、大人のカロリミットでサポートしてみてはいかがでしょうか。

大人のダイエットの強力な味方!

大人のカロリミットには、大人のダイエットをサポートしてくれる成分が沢山含まれています。

毎日1回、一番カロリーが気になる食事の前に大人のカロリミットを飲むことで、カロリー摂取による体重の増加を気にせず、食事を楽しむことができるようになるのです。

大人のカロリミットは、飲んだだけでどんどん体重が減っていくというような怪しい薬ではなく、体の中からダイエットサポートしてくれる成分が含まれているサプリメントです。どのような成分が含まれていて、体の中にどう働きかけてくれるのか、チェックしてみましょう。

・ブラックジンジャー

大人のカロリミットに含まれる成分のなかでも、特に注目したいのがブラックジンジャーです。ブラックジンジャーは、なかなか体重が減らない大人のダイエットに効果を発揮してくれるハーブです。抗酸化作用が高く、糖質を効率よく消費してくれる働きを持っており、代謝アップ効果もあるので、基礎代謝が下がった大人のダイエットにぴったりです。通常のショウガには、身体をポカポカさせる働きがありますが、ブラックジンジャーにも同じように身体を温めてくれる効果があり、そのうえウコンの効能まで含まれています。ブラックジンジャーは、まさに大人のためのハーブだといえるでしょう。

・ギムネマジルベスタ

ギムネマジルベスタは、「ギムネマ」の正式名称です。ギムネマというハーブの名前は、ダイエットをしている人であれば聞いたことがあるのではないでしょうか。ギムネマは、インド原産のガガイモ科、ホウライアオカヅラ属の植物であり、別名を「グルマール」といいます。グルマールというのは、「砂糖を壊す」という意味です。まさにダイエットのためのハーブといった名前です。ギムネマジルベスタの葉を噛むと、しばらくの間、甘味を感じることができなくなるため、甘味のある食品への欲求が減るといわれています。もっとも、大人のカロリミットに含まれているギムネマは、噛むわけではありませんから、甘さを楽しめなくなる心配はありません。大人のカロリミットで期待できるのは、食事と一緒に摂ると糖分の吸収がゆるやかになるという効果です。甘いものはダイエットの大敵ですから、吸収を抑えてくれるというのはありがたいでしょう。

・桑の葉

桑の葉は、日本でもあちこちにある「桑の木」の葉のことです。桑の葉は、蚕のエサになるので、養蚕を行っている場所にはたくさん生えていますし、桑の葉茶という健康茶を売られているのを目にすることもあるでしょう。桑の葉には、ギムネマと同じように糖の吸収を抑える働きがあります。ただし、一切吸収しなくなるというわけではなく、吸収する速度がゆっくりになり、急激な血糖値の上昇などを防いでくれるというものです。また、桑の葉には食物繊維がたくさん含まれています。現代人の食生活は食物繊維が不足しがちといわれていますが、大人のカロリミットであれば、手軽にこうして成分を摂ることができます。

・キトサン

キトサンは、カニなどの殻やイカの骨などに含まれている「キチン」から抽出できる成分です。キトサンには解毒作用があり、肝臓がきれいにしきれなかった老廃物を処理してくれる働きがあります。また、免疫力を高めたり、細胞を活性化させたりとキトサンには、身体にとって役立つ働きがたくさんあります。例えば、腸の中にある食べ物の脂肪を外に出してくれる働きです。まさに大人のカロリミットにぴったりの成分といえるでしょう。キトサンを含んだ食べ物を毎日の食事に取り入れるのは難しいですが、大人のカロリミットなら可能です。

・鳩龍緑茶(キュウロンリョクチャ)



鳩龍緑茶というのは、ファンケルのオリジナルの名前であり、鳩坑品種と龍井品種の2種類のお茶を合わせて作られています。この鳩龍緑茶には、糖質と脂質の吸収をゆるやかにする作用があります。ショ糖や炭水化物といった糖質や脂質を分解するための消化酵素の働きをブロックして、栄養分が消化・吸収されるのを抑えることができるのです。鳩龍緑茶は、前述の桑の葉エキスと一緒に取ることで、さらに血糖値の上昇を防止する効果が高まります。大人のカロリミットには、両方の成分が含まれているのでより効果的といえるでしょう。

・インゲン豆

インゲンは、野菜そのものも低カロリーで食物繊維が豊富であるため、ダイエットに適した食材です。大人のカロリミットには、このインゲン豆から抽出したエキスが含まれています。インゲン豆エキスには、炭水化物の分解を抑えて、吸収を緩やかにする働きがあるため、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物が好きなのにダイエット中で食べられないというお悩みをしっかりサポートしてくれます。ダイエット中に炭水化物をたっぷり食べる機会があったら、食事の前に大人のカロリミットを飲んでおきましょう。

大人のカロリミットには、このようにダイエットにピッタリの成分がたっぷり配合されています。

カニやお茶、インゲン、ショウガ、桑の葉と聞くと、大人のカロリミットを買わなくても、普通にその食材を食べれば良いのではないかという気がするかもしれませんが、キトサンはカニの殻からの抽出物ですし、ブラックジンジャーや桑の葉茶も、スーパーで簡単に手に入るものではありません。

それに、いくらダイエットにいいからといって、お茶はともかく、毎日インゲンやショウガを食事メニューに取り入れるのは大変です。お出かけ中や自炊をサボってしまった日でも、簡単にダイエットにぴったりの成分をサプリとして飲めるという手軽さも、忙しい大人のダイエットには必要なのです。

大人のカロリミット

大人のダイエットのサポートをしてくれる大人のカロリミットですが、飲めば飲んだだけ痩せるものではなく、食事の代わりに飲むというものでもありません。

成分をチェックしてみればわかるように、「脂質や糖質など、ダイエットの敵になる栄養分の吸収をゆるやかにする働き」というのが大人のカロリミットの特徴です。

脂質や糖質を完全に摂らない極端な食事制限は難しいことですし、栄養不足にもなってしまいます。しかし、脂質や糖質はダイエットをするうえでは避けて通れません。そんな時、手助けをしてくれるのが、大人のカロリミットなのです。

そのため、「大人のカロリミットを飲んでさえいればぐんぐん痩せる」とか「食事の代わりに大人のカロリミットを飲む」というのは間違いです。

大人のカロリミットの効果は、あくまでも食事の糖質と脂質の吸収に働きかけるものが中心ですから、今ある脂肪を燃焼させたり、食事代わりにできたりするタイプのダイエットサポート食品やサプリではありません。しかし、だからこそ安心して利用することができるともいえるのではないでしょうか。

そんな大人のカロリミットは、1日4粒を目安に食事の前に飲んで使用します。また、毎食前に飲むのではなく、1日のなかで一番カロリーが高い食事の前に飲むのがポイントです。

多くの人の場合、これは夜ではないでしょうか。特に、飲み会の前や結婚式の前などたくさん食べることがわかっている場合は、食事の前に大人のカロリミットを飲んでおきましょう。糖質と脂質の吸収をゆるやかにする効果が期待できるので、食べ過ぎても安心です。

大人のカロリミットは、粒のコーティングと粒の中の両方にブラックジンジャーを配合しているので、食べる直前に飲んでも問題ありません。持ち運びもしやすい粒状ですから、食事の前にサッと飲む習慣をつけましょう。

大人のカロリミットは、ドラッグストアやスーパーなどのカロリミットシリーズの取扱店で購入することができます。大人のカロリミットが気になる人は、まず実店舗で実物を確認するというのも良いかもしれません。ただし、買う時は注意が必要です。実際の店舗で売られている大人のカロリミットは多くの場合定価販売ですが、通信販売の場合はいろいろなサービスや割引が利用できる場合があるのです。

大人のカロリミットを試してみるときは、安易に店舗で手に取ってしまわずに、お得に試せる方法を利用するようにしましょう。

「大人のカロリミットが気になるけど、飲んでいることを周囲に知られたくない」という場合は、サプリ用の携帯ケースにその日の分だけを入れて利用することもできます。

大人のカロリミットの袋は、「いかにもダイエットサプリ」という雰囲気ですから、取りだしにくいかもしれません。
しかし、サプリケースに入れてしまえば、何のサプリを飲んでいるかはわかりません。また、1日1回でいいので、旅行中も毎食毎に薬を飲むわけではありません。ただし、携帯ケースに移したカロリミットは、1日から2日程度で飲み切るようにしてください。ビタミンCなどの他のサプリと一緒にいれて「サプリセット」にしておくと、より気になりづらいかもしれません。

大人のカロリミットのここがスゴイ!

・特許を取得した独自の配合


大人のカロリミットには、ギムネマシルベスタと桑の葉が配合されています。
この組み合わせは、「特許第3302346号」を取得している独自の配合です。また、特許を取っているのはこれについてだけですが、鳩坑品種龍井品種の2種類のお茶を組み合わせた鳩龍緑茶のネーミングもファンケル独自のものですし、粒の外側と内側両方にブラックジンジャーを採用したコーティング製法もファンケルのこだわりが見える部分です。

ありきたりのダイエットサプリではなく、「ファンケルが本当に効果のある物を作ろう」と独自の研究や配合を行って作られているのが、大人のカロリミットです。

・天然成分由来で安心


大人のカロリミットに含まれている5つのダイエット成分とブラックジンジャーは、どれも天然由来の成分ですから、安心して飲むことができます。

また、大人のカロリミットは合成着色料や香料、保存料を一切使っていません。

ダイエットサプリといっても、実際に飲んで体に取り入れるものですから、何が使われているのかわからなかったり、合成着色料や保存料が多く含まれたりするものは不安です。多くの愛用者がいる大人のカロリミットは、安全性にもこだわって作られているので安心して飲むことができるでしょう。

・飲みづらくない


ダイエット商品のなかには、飲みづらい味のドリンクなどもあります。しかし、大人のカロリミットは錠剤ですから、気軽に飲むことができます。

ニオイも、自然なジンジャーの香りで、不愉快なものではありません。口コミでも、飲みやすいから続けられるという感想を見かけました。

また、大人のカロリミットは1日に1回だけでいいので、忙しい朝についつい飲み忘れてしまったなどという心配もありません。一番カロリーの高い食事の前というのは、大体ある程度余裕があるものですから、大人のカロリミットも飲みやすい時間帯です。

・通販ならお得に試せる
大人のカロリミットは、通販での購入がおすすめです。

何故なら、通販で大人のカロリミットを買うと、返品・交換が無期限で受けられるからです。返品・交換の場合の返送料も無料で、開封後に「やっぱり合わない」という理由での返品もOKなので、通販には大きなメリットがあるといえるでしょう。

しかし、これは初回に限るため、既に通販で大人のカロリミットを買ったことがある方は利用できませんので注意してください。

大人のカロリミットの飲み方と注意すべきポイント

大人のカロリミットは、1日に1回飲むのが基本です。

これを毎日続けることが大切で、「旅行中は飲んでいたけど、帰ってきて普通の食事にしたから飲むのをやめた」という飲み方では、効果を十分に感じることはできません。毎日の食事のなかで、一番カロリーが高い食事の前に毎回必ず飲み続けることが大切です。

大人のカロリミットはあくまでもサプリですから、飲み忘れたからといって健康に害が出るといったことはありません。忘れてしまった日があっても、必要以上に心配したり、不安に思ったりする必要はないのです。

大人のカロリミットを飲むタイミングは、食事の前です。

事前に飲んでおくことで、その後で摂取する糖質や脂質の吸収を和らげるのが大人のカロリミットの効果ですから、食後では、その効果を十分に活かしきれなくなってしまうのです。

また、食事と食事の間の適当な時間や朝に飲むといった飲み方ではなく、あくまでも「1日の中で一番カロリーが高い食事の前に飲む」ということを覚えておきましょう。サプリは、いつ飲んでもいいというものもたくさんありますが、大人のカロリミットの場合は、ダイエットサプリという特徴から、このように飲むタイミングが指定されているのです。効果的に利用するためにも、飲むタイミングを間違えないようにしましょう。

大人のカロリミットは、代謝が下がってきたなと感じている方向けのサプリです。

特に40代以上の人におすすめですが、代謝の低下には個人差があるので、「年齢の影響で痩せにくくなってきた」と感じる人であれば誰でも利用することができます。実際の口コミを見ても、利用者には30代の方もたくさんいることがわかります。

ただし、大人のカロリミットは15歳以上向けサプリなので、まだ体がきちんとできていない10代前半の方は飲まないようにしましょう。

また、妊娠中、授乳中の方も、大人のカロリミットを飲むことはできません。大人のカロリミットは、摂取した糖質や脂質の吸収をゆるやかにする働きを持っています。赤ちゃんに栄養をあげなければならない妊娠中や、栄養のあるおっぱいをあげる必要がある授乳中のお母さんは、ダイエットは少しお休みして、赤ちゃんと自分のためにも、たくさん栄養を摂るようにしましょう。大人のカロリミットは、子育てが少し落ち着いて、ランチなどに出られるようになってから利用するのがおすすめです。

大人のカロリミットに含まれている成分は、天然素材の安心して飲めるものばかりですが、「カニアレルギーの方」と「大豆アレルギーの方」は注意が必要です。

大人のカロリミットには、カニと大豆を原料とする成分が含まれているので、このふたつの食品に対してアレルギーがある方は、大人のカロリミットを飲まないようにしてください。
大人のカロリミットのパッケージにも、しっかり表記がされていますから、アレルギーを持っている方はチェックしてみてください。

また、どんな食べ物であっても、体質の違いによって合う・合わないが出てしまうことがあります。万が一体質に合わなかった時は、返品保証を利用するのがおすすめです。病院で処方された薬を飲んでいる場合も、一度かかりつけ医に飲み合わせについて質問してみましょう。ファンケルの「サプリメント相談室」でも、今飲んでいる薬と併用していいかどうか調べてもらうことができます。

参考:
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000041733.html 
http://原因と要因.com/blackginger-diet-kouka-1524.html 
http://microdiet.net/diet/000301.html 
http://www.mit-japan.com/ndl/ndl/kuwa.htm 
http://www.kitosan-shop.com/page025.html 
http://monclerindre.com/kitosan-3437.html 
https://blog.fancl.co.jp/karada/35.html 
http://www.slow-beauty.net/post-568/ 
https://blog.fancl.co.jp/karada/35.html 
おすすめ