•  
健康

生活習慣 習慣

腸内細菌のバランスをよくする貯菌しよう

腸内細菌のバランスをよくする貯菌しよう

健康で快適な生活を送るためには、免疫力アップが重要です。近年、注目されているのが腸の免疫機能ですが、腸内環境を整えるのが腸内細菌です。そこで腸内細菌の果たす役割と善玉菌を増やすポイントをご紹介します。

腸の果たす大きな役割

腸は食物を消化して栄養分を吸収して、その栄養を血管から各臓器に運ぶ重要な働きをします。
吸収された栄養によって、血液の質や体質が決定されるともいわれています。

一方で余分な栄養の吸収を抑制し、必要のない老廃物や毒素を、ぜん動運動で体外に排出します。

最近では腸管免疫系の働きが注目され、全免疫細胞の約60%が腸管でウイルスや病原菌から体を守っていると言われています。

また腸は、腸内細菌とともにビタミンやホルモン、酵素を合成する役割もあります。

つまり腸が健康であれば、体も元気になり、血管もキレイになるのです。

腸内細菌の種類と働き

腸が活発に働くためには、腸内細菌との関係が重要となってきます。
人の腸の中には約100兆個もの腸内細菌が存在しますが、腸内細菌の種類を大きく分けると3種類になります。

1.腸内を酸性にして消化・吸収を促進してくれる善玉菌
2.腸内をアルカリ性にして腸内を腐敗させ、発がん物質や毒素のある有害物質を作り出す悪玉菌
3.腸内の環境状態によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌

の3種類です。

人にもよりますが、善玉菌8割、悪玉菌2割くらいの腸内バランスが健康的といわれています。

善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌などが代表的です。
乳酸菌は腸の働きを活発にして、消化吸収を助けるだけでなく、免疫力を高め、感染を防御します。
ビフィズス菌は、乳酸や酢酸を生成して、腸内を酸性に保ちウイルスや毒素の侵入を防ぐほか、ビタミンを合成します。また、酸の刺激で腸内のぜん動運動を活発化させて、排便をスムーズにします。

悪玉菌

下痢や便秘を引き起こし、体調不良や肌荒れから、がんや生活習慣病の原因にもなります。
O-157などの大腸菌は、増えすぎると腸の働きを鈍らせ、下痢や便秘を引き起こしたり、ガスがたまってお腹が痛くなったりします。イライラや頭痛の原因にもなることがあります。一方で、強い外敵菌を退治する長所を持っています。

たとえばウェルシュ菌は、大腸に下りてきた食べ物に含まれるたんぱく質やアミノ酸を分解して、アンモニアなどの有害物質を作ります。また毒素や発がん物質を生産します。

日和見菌

善玉菌とも悪玉菌ともいえない菌で、普段はおとなしいのですが、悪玉菌が優勢になると悪玉の方にかたむきます。
そのため善玉菌を増やして腸内バランスをよくすることが重要です。

善玉菌を増やす食べ物

では、善玉菌を増やすのにはどのような食物をとったらいいのでしょうか?

まず乳酸菌を多く含む食物から善玉菌そのものを摂ることです。乳酸菌が豊富に含まれている食品としては、ヨーグルトやチーズ、納豆、みそ、漬物、キムチなど発酵食品が代表的です。

オリゴ糖は、体内でビフィズス菌をはじめとする善玉菌のえさとなり、大豆や玉ねぎ、ごぼう、ネギ、ニンニク、アスパラガス、バナナなどに多く含まれています。また、特定保健用食品として開発されたオリゴ糖を摂る方法もあります。

さらに食物繊維の豊富な食べ物を摂ると、腸内細菌で有機酸が作り出され、腸内を酸性にするので善玉菌に優勢な環境を作り出します。海草や野菜など食物繊維の多い食べ物を食事に取り入れることも効果的です。

また腸の働きを活性化させる香辛料は、消化吸収を促進するだけでなく、カビ止めや殺菌、消毒の働きも期待できます。

生活習慣を見直す

生活習慣や年齢によっても、善玉菌や悪玉菌のバランスは異なってきますから、食事だけでなく、規則正しい生活や適度な運動を続けることも大切です。

睡眠の時間も重要ですから、同じ時間に起きて排便のリズムを作っていくことです。

腸内貯菌で健康な体を

善玉菌を増やして、腸内細菌のバランスをよくすることが腸の健康を保ち、免疫力をアップさせます。
まず食事や生活習慣を見直して、善玉菌の貯菌で健康と美肌を保ちましょう。

【参考文献】

『腸が死んだら、人は死ぬ』 著:村田博司 ポプラ社

参考
食生活と腸管免疫・アレルギー
http://www.nyusankin.or.jp/scientific/kaminogawa1.html
e‐ヘルスネット
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-003.html
善玉菌を増やす食べ物
http://www.clue4health.com/friendly_bacteria/
善玉菌を増やす3つのポイントで腸内リセット
http://fytte.jp/tips/suguyase/1209/post_12.php
腸内環境がとっても大事
http://mega3.jp/enteric/
おすすめ