•  
美容

肌荒れ 乾燥 クレンジング

冬の乾燥に負けない!うるおいクレンジング

冬の乾燥に負けない!うるおいクレンジング

あなたの肌、乾いていませんか? 冬の乾燥に負けない肌をつくるためは、クレンジングが重要です。
クレンジングの選び方と正しいクレンジング方法を知ることで、肌のうるおいを守りましょう。

乾燥肌の宿敵、界面活性剤

メイクを落とすには油分が必要です。
油分でメイクの汚れを浮き上がらせてから水で洗い流すことで、きれいにメイクを落とすことができます。
しかし、水と油は相反するもの。
この2つをなじませるために必要なものが、界面活性剤です。

ただ、界面活性剤の質や量次第で、クレンジングによって肌を傷めてしまうことになります。
そこで重要になるのは、メイクを落とすために必要な洗浄力があり、界面活性剤の配合量が適切なクレンジングを選ぶことです。

クリームの優しさで肌を守る

乾燥は、肌にとって大きなダメージとなります。
特に要注意なのが、しっかりメイクも手早くスルッと落ちやすい便利なオイルタイプ。
オイルタイプは肌に必要な皮脂まで取ってしまいますので、肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。
界面活性剤の配合量も多くなっていますので、肌への負担も大きいでしょう。

また、ふき取るタイプも要注意。
夜遅く帰宅したときや疲れているときには便利ですが、お肌をこすることで乾燥によって敏感になった肌に大きな刺激を与えてしまいます。

乾燥肌や敏感肌の方は特に、日頃から刺激の少ないクレンジングを使うことが大切です。
肌のうるおいを守りながら、優しくメイクを落とせるのはクリームタイプです。
特に、乾燥が激しくなる冬には最適なクレンジングといえるでしょう。
肌への刺激が弱いものも多く出ています。
選び方としましては、上質で適度な硬さのあるものがよいでしょう。

クレンジングの使い分けで「落とす」と「守る」を両立する

オイルクレンジングを愛用している方は、クリームタイプの洗浄力に不満を感じられることでしょう。
ファンデーションを落とすにはクリームタイプの洗浄力で十分ですし、仮に多少残っていてもその後の洗顔で落とすことができます。

濃いアイメイクや口紅が落ちにくい部分です。
この部分だけ低刺激のオイルをコットンに染み込ませて、それを落としたい部分に乗せて数分放置してなじませます。
そして、決してこすることなく、そってなでるようにふき取ります。

その後、クリームタイプのクレンジングを清潔な手にとり、乾いた状態の顔にのせます。
力が入りにくい薬指と小指を使って優しくなでるようにして、肌にクレンジングをなじませていきましょう。

このとき、肌への刺激を防ぐために、クレンジングはケチらずにたっぷりと使うことがポイント。
皮膚の弱い部分を刺激から守るためには、額→鼻→あご→頬→口元→目元の順につけるようにしましょう。

メイク汚れが浮き上がってきたら、水に近いぬるま湯ですすぎます。
熱めのお湯は乾燥を助長させますので、乾燥肌の方は特に注意しましょう。

うるおいを守るクレンジングとは、刺激から肌を守ること

クレンジングは汚れを落とすと同時に、肌の負担になる行為でもあります。
ですから、肌への刺激が少ないものを選び、そして刺激を与えない方法で行うことが、非常に重要となるのです。
特に乾燥による肌のダメージも大きい冬には、優しく肌をいたわることが、うるおいを守るための最善の方法といえるでしょう。

参考:
敏感肌・乾燥肌のクレンジング
http://www.bihada-kobo.com/kansou/skincare/cleansing.php

乾燥肌の人は、クレンジングオイルに気をつけて
http://antiaging6.blog.fc2.com/blog-entry-187.html

乾燥肌は「クレンジングを使い分ける」がスキンケアのポイント
http://slism.net/beauty/selectively-used-cleansing.html
おすすめ