•  
美容

水を上手に飲んでキレイに!健康に!

水を上手に飲んでキレイに!健康に!

「1日最低2リットルの水を飲めば痩せてキレイになる」なんて話を聞いたことはありませんか?
スーパーモデルや女優が実践しているとかで一時期メディアを賑わし、話題になった美容法です。

しかし、この説に警鐘を鳴らすお医者さんもいます。東洋医学の観点からみると「水毒症」といって、様々な症状をひきおこすというのです。
では、どのように水分を補給すれば、美容と健康にとっていいのでしょうか。

日常では、1日1~1.5リットルで十分

私たちの体は、一日2リットル以上の水分が失われます。だからといって、同じ量の水分補給が必要というわけではありません。水を直接飲む水分補給のほかにも、食べ物から水分を吸収したり、体の中で水分を生産し蓄えたりしているので、1日2リットルも水を飲むと、体内に水分が余ることもあるのです。

余った水分は排泄されるのですが、体を冷やし、むくみや冷え頭痛をひきおこしたり、シミや肝斑の原因となったりするといわれているので、特に女性は気をつけなくてはいけませんね。

冷えすぎた水はNG! 水は常温で

水をグラスに注ぐとすぐに水滴がつくほどに冷えた水は、とても美味しそうに見えますが、体を一気に冷やしてしまうので要注意です。

体の内側が冷えると体内の巡りが悪くなり、むくみや冷え、さらには婦人科系の疾患リスクも高くなってしまうのです。美容や健康管理が目的であれば、常温で飲みましょう。
もし、夏場にどうしても冷たい水が飲みたければ、野菜室の温度(6℃前後)に多少冷やすくらいならいいでしょう。

朝の一杯でカラダがよみがえる

私たちは寝ている間、さほど汗をかいてなくても500mLほどの水分が失われています。
また、夏の夜には1L以上汗をかくこともあるので寝起きの体はカラカラです。

朝起きたらまずコップ1杯の水を飲むようにしましょう。
朝イチに水を飲むと、休んでいた体に水がいきわたり目覚めもスッキリ! 朝の水は少し冷やしたものでもOKです。胃腸が弱い方は、やはり常温で。

デトックスを意識する方は、あたためて白湯で飲むのもおすすめです。

夏の水分補給はタイミングにも気をつけて

夏の水分補給は、飲みすぎると夏バテになるし、不足すると熱中症になる恐れもあるので特に注意が必要です。
のどが渇いたと感じる前のタイミングでこまめに水を飲むのがポイントです。
また、冷房のきいた部屋で長時間いる場合には、温かい飲み物を上手に補給して体の冷やしすぎに注意しましょう。

水は飲み方しだいで薬にも毒にも

美しくなろう、健康になろうと思って水を飲んでいるつもりでも、間違った飲み方を続けていると体の不調につながります。

水は飲み方しだいで、薬にも毒にもなるのです。
適切な飲み方を知っていれば、この夏の健康管理も大丈夫! 上手に飲んでキレイで健康な体を目指しましょう。

参考
水1日2リットルは間違った健康法! 正しい水との付き合い方とは?
http://news.livedoor.com/article/detail/7633826/
水をおいしく飲むために、温度も気にしてみよう!
http://www.evian.co.jp/water/life/03/
医師が忠告「本当に必要な水の飲み方」とは
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110912/113969/
夏バテを防ぐ水分補給
http://health.goo.ne.jp/special/summer/technique/technique003.html
おすすめ