•  
美容

ダイエット 睡眠 ウォーキング

効率よく痩せたい!脂肪燃焼で短期間ダイエット

効率よく痩せたい!脂肪燃焼で短期間ダイエット

暖かくなってきたこの季節、気になり始めるのが冬の間に溜まった脂肪!春夏のファッションはボディラインが目立つ服が多いので、すぐにでも体を引き締めておきたいところですよね。

「痩せたいけど辛い運動はイヤ」「運動する時間がない」。そんな方も多いでしょう。そこで、今回は効率よく痩せることを目標にした、脂肪を燃焼させる短期集中ダイエット法をお伝えします。

キーポイントは“有酸素運動の効果をいかに高められるか”

ダイエット方法として効果的とされる一つに、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動があります。さまざまなメディアで有酸素運動の大切さはよく説かれているため、このことはご存知の方も多いでしょう。

しかし、意外と知られていないのが、“有酸素運動をいかに効率的に行うか”ということです。せっかく頑張って運動するのであれば、その効果を最大限に高めたいですよね。そのためには、以下の方法を実践してみてください。

1.たっぷり眠り、早朝に運動する習慣をつくる

睡眠時に分泌される成長ホルモンには、骨や筋肉の成長を促すだけでなく、実は内臓脂肪の分解をする働きもあります。さらに、糖質を代謝させることによってエネルギー消費を高めたり、タンパク質の合成を助けて筋肉の発達を促進させたりするなど、ダイエットにも役立つ要素がたくさんあるのです。

成長ホルモンをしっかりと分泌させるには、分泌量がピークとなる夜10時~2時の間に良質な睡眠をとることです。それには、夜9時頃に就寝するのがベストです。

早く就寝することで早起きもしやすくなるので、朝は本来の活動より早めに起きて運動をする習慣をつくりましょう。

2.空腹時ならなお良し!運動は朝食前に

運動では、エネルギーとして血液中のグリコーゲンが使われますが、起床してから食事をとるまでの間は血液中にグリコーゲンがありません。運動をするために必要となるグリコーゲンがないため、体はかわりに脂肪を分解してエネルギーとして使い始めるのです。

したがって、朝食をとる前の空腹状態での運動がもっとも効率的に脂肪を燃焼できる時間帯だといえるでしょう。

3.運動前に、まずはカフェインでほっと一息

運動開始の約15~20分前にカフェインを摂取しましょう。このときにカフェインを摂取しておくと、運動開始してすぐに脂質を分解することができるといわれています。しかも、本来は最初に使われるグリコーゲンの消費をカットできるため、持久力がアップします。

カフェインのなかでも、温かいブラックコーヒーがおすすめです。冷たいものは血中に吸収されるまでに時間がかかってしまいますし、糖分は脂肪燃焼の効率を下げてしまいます。コーヒーでも紅茶でも、ホットで砂糖は入れずに飲むことをおすすめします。

4.いざ本番!「筋トレ→有酸素運動」の順番で

いよいよ有酸素運動! と言いたいところですが、その前にまず必要なのが、無酸素運動です。まず最初に、筋肉に負荷をかけやすいストレッチや筋トレを行い、成長ホルモンの分泌を高めておきましょう。その後、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動を行うと、脂肪の分解や燃焼が大変効率的に行われます。

効率よいダイエットのためには順番どおりに定期的に

1~4は各々が痩せるために有効な方法ですが、これらの順番を変えてしまうと、その効果は落ちてしまいます。少しでも楽に、早く痩せたいと思う場合は、これらの方法を順番どおりに定期的に行うことが重要です。

短期間ダイエットでは、上記にのっとったやり方で、たとえば週3回ほど、早足でのウォーキングを20分以上行いましょう。効果には個人差がありますが、効率よいダイエットが可能となるでしょう。食事量などにも気をつけながら試してみてください。

参考
効率よく脂肪を燃やす運動方法
http://www.vken.net/t-diet/d-info/exa-shibou/index.cfm
成長ホルモンとダイエットの深い関係
http://www.diet-salon.com/menu/gh.html
効率的な有酸素運動を心がける
http://www.diet-kotu.com/undou-hou/kouritu-yuusanso.html
脂肪にはカフェイン!?~コーヒー・紅茶が脂肪を燃やす~
http://health-to-you.jp/exercise/ko-hi-koutyagasibouwomoyasu7367/
コーヒーを飲んでどんな運動をすればいいの?
http://www.alles.or.jp/~bigswamp/memo2.htm
おすすめ