•  
美容

美肌 エステ 脱毛

VIOライン・ハイジニーナ脱毛って何?

VIOライン・ハイジニーナ脱毛って何?

脱毛の部位で最近人気があるのが、VIOラインで海外ドラマの影響から脱毛することに抵抗感を持つ人が減っています。このVIOラインの脱毛についてまとめました。

ハイジニジーナ脱毛=VIO脱毛

VIO脱毛はハイジニーナ脱毛とも呼ばれています。具体的には、Vライン、Iライン、Oラインを指し、大雑把に言えばショーツで隠れる場所を指しています。

VIO脱毛の範囲は脱毛サロンやクリニックによって微妙な違いがありますが、目安は以下のようになります。

・Vライン
基本的にVラインはショーツと腿の間を指すことが多いです。
つまり、ショーツからはみ出た部分のことをVラインと呼んでいます。
脱毛サロンによってはVラインサイドと言うこともあります。

ただし、VIOラインで括られるとちょうど前から見てショーツで隠れる範囲すべてを指すケースもあります。

・Iライン
女性器を中心とした範囲で、肛門までを指します。

・Oライン
肛門周りの狭い範囲を指します。

VIOラインを脱毛(ハイジニジーナ脱毛)するメリット

普段は一目につきにくい場所であるVIOライン。しかし水着になる機会や彼氏ができた時に急に気になるようになりますよね。

ショーツからはみ出る毛はとても恥ずかしいです。かわいい水着も台無しになってしまうので、夏を前にVIOラインを脱毛する人が増えます。

VIO脱毛(ハイジーナ脱毛)をすると、お手入れが不要になりチクチクからも解放されます。また、蒸れにくくなるので痒みや匂いの悩みからも解消されます。

VIOラインの脱毛(ハイジニジーナ脱毛)はボリュームを調整できる

I・Oラインはムダ毛をすべて脱毛してしまう人が多いですが、Vラインは圧倒的に毛を残す人が多いです。Vラインの形はいろいろあり、ナチュラルなトライアングル(逆三角形)が人気。もちろん無毛状態にするのもOK。

ただし、一度脱毛してしまうともう生えてこなくなるため、元の形に戻すことはほぼ不可能です。脱毛する時にどの程度毛を残すかよく考えるといいでしょう。

VIOラインの脱毛(ハイジニジーナ脱毛)はどうやるの?

恥ずかしさがつきまとうVIOラインの脱毛(ハイジーナ脱毛)は、サロン側が使い捨てショーツを用意してくれます。
施術方法は他の部位と同じですが、ショーツをずらしながらの施術なので、VIOラインが丸見えになる時間は最小限に抑えられるので安心です。

VIOライン脱毛(ハイジニジーナ脱毛)のデメリット

太くて根深い毛が多いのが、VIOラインの特徴です。そのため、他の部位よりも痛みを感じやすい傾向があります。しかしVIOラインは狭いので、痛みを感じても短時間ですみます。

恥ずかしさに躊躇する人も多いパーツですが、脱毛する人が増えている上にVIOをまとめて脱毛できる安いプランが増えています。脱毛するならこのチャンスに乗ってしまえば、今後ずっとムダ毛を気にしなくていいのでかなり快適になれます。

思い切ってチャレンジしてみませんか?

脱毛サロン特集

脱毛に関する記事

おすすめ