•  
美容

美肌 生活習慣

白髪染め、白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメント、それぞれの特徴を知る!

白髪染め、白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメント、それぞれの特徴を知る!

白髪染め、白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメント、それぞれの特徴を知る!

顔にシワやシミができたり、たるみができたりすると老けて見えてしまいますが、白髪が増えることも老けて見える原因になります。

白髪は自分では気づかないうちに増えてしまうこともあるものです。
人によっては若い年齢で白髪が多く出てしまう人もいます。

そこで解決策として白髪染め、という方法があります。
さらに白髪用カラーシャンプー白髪用カラートリートメントなどもあります。

それらの白髪対策について紹介しましょう。

白髪ができるのはなぜ?


もともと髪は色素がないため白髪である、ということはご存知でしょうか?

そこにメラニン色素が混ざり、髪に色がつきます。
色素が不足していると髪が黒く染まらずに白髪のまま生えてきてしまうのです。
メラニン色素はメラノサイトという細胞内で作られます。
メラニン色素が生成されるにはチロシナーゼという酵素も必要です。
それらの働きが不十分だとメラニン色素ができずに白髪になってしまうのです。

ではなぜメラニン色素ができないのでしょうか?

その原因の一つは遺伝だと言われています。
確かに薄毛や抜け毛と同じように、遺伝要素は否めないものの、それだけで白髪になるとは言い切れないようです。



その一つが、チロシナーゼ酵素の不足です。
メラニン色素を作り出すために必要となるチロシナーゼ。
それがなければメラニン色素が生まれません。

しかし、チロシナーゼは酵素の一つで、酵素は加齢とともに体内から減少していくものです。
そのため、チロシナーゼ酵素が不足しメラニンが生成できなくなると白髪が増えてしまうのです。

ダイエットや偏食をすると髪の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。


特にチロシナーゼの働きにはミネラルが必要です。ミネラルなどの栄養素が不足すると白髪ができやすくなります。

食生活もそうですが、睡眠不足や不規則な生活は自律神経の乱れにつながり、血行不良を引き起こします。新陳代謝も悪くなり、白髪が増えてしまいます。

ストレスも血行不良の原因となるもの。
ストレスを抱えたままだと、白髪が増えてしまうのです。

白髪があると抜いてしまう、という人もいると思いますが、抜いてしまうのは頭皮によくありません。
皮膚のダメージにつながり、頭皮環境を悪化させてしまいます。
そのために白髪が増えてしまう、ということも考えられます。

白髪を見つけても抜かずに、白髪染めや白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメントなど別の対策をしましょう。

白髪染めのメリットとデメリット

白髪対策の一つに白髪染めがあります。
日常的に白髪染めをしている人も多いでしょう。

白髪染めとは専用の薬剤を使い、白髪を染める方法です。

白髪染めで白髪が染まるメカニズムとしては、髪のキューティクルを剥がし、液が内部まで浸透することで白髪が染まるというものです。

白髪染めはドラッグストアなどに行けばさまざまな種類の白髪染めがあり、自分で手軽にできるのがメリットです。
お店で白髪染めをすると高い費用がかかりますが、白髪染めを使って自分で白髪染めを行えばリーズナブルに白髪染めをすることができます。

白髪染めは簡単にできるのがメリットですが、白髪染めは髪と頭皮にダメージを与えてしまうのがデメリットです。
白髪染めは髪の毛のキューティクルの内部に液を浸透させて色をつけるので、キューティクルにダメージを与えます。
先にも説明しましたが、キューティクルは髪をも水分やタンパク質を逃さないよう、守る働きをしてくれています。
そのキューティクルが白髪染めによってダメージを受けると、水分タンパク質が髪から出ていきやすくなります。
そのため、白髪染めを頻繁にしていると髪がパサつく、ハリがなくなる、といったデメリットが出てくるのです。

また、白髪染めは慣れていないと、色むらができやすくなり、白髪染めをしても仕上がりが美しくありません。
白髪染めの準備や後片付けも面倒なものです。
ただし、最近ではプロでなくても自然な髪色に仕上がる白髪染めや、コームでとかすだけで白髪染めができるという簡単なタイプの白髪染めもたくさん出ています。
そういった白髪染めを使うと、ストレスなくキレイに白髪染めができるでしょう。

白髪染めの頭皮や髪へのダメージが気になる人は、頭皮や髪に優しい成分でできた白髪染めを選ぶといいでしょう。
そのような白髪染めは髪を傷めにくいというメリットがあります。

白髪染めの種類を検討する

白髪染めにはタイプがあります。

クリームタイプの白髪染め
泡タイプの白髪染め、さらに液状の白髪染めがあります。
さらに部分染め用の白髪染めもあります。

クリームタイプの白髪染めは、部分染めをする際に便利です。
量の調節も簡単にできるので、使い勝手がいい白髪染めと言えるでしょう。
全体を染める白髪染めのほかに、1本持っていても便利かもしれませんよ。

乳液やジェルタイプの白髪染めは、のびがいいので、使いやすいというメリットがあります。
染める速さもクリームタイプや泡タイプの白髪染めと比べると、速く染めることが可能です。
ムラができにくいのも、液状・ジェルタイプの白髪染めのメリットでしょう。

泡タイプの白髪染めは使いやすいのがメリットです。
スタイリング剤などでも泡タイプは使いやすいのではないでしょうか?
スタイリング剤などで慣れている人は、泡タイプの白髪染めがおすすめです。
外出前に手軽にできるのもメリットです。

また、白髪染めには昔からある粉末タイプもあります。
粉末タイプの白髪染めは、水に溶かして使います。
ツンとしたニオイがないので、白髪染めのニオイが苦手な人にはおすすめです。
部分染めも可能でリーズナブルな価格で購入できる白髪染めが多いです。

さらに、白髪染めにはヘアマニキュアと呼ばれるものがあります。
ヘアマニキュアは髪の表面を染めるだけなので、通常の白髪染めほどの持続力はありませんが、髪への負担も軽くなります。
頭皮へ刺激も少ないので、頭皮が弱っているけれど白髪を染めない、という場合には便利です。


ヘアカラーと白髪染めの違い


白髪染めとヘアカラーは違うのでしょうか?

白髪染めはヘアカラーの一種です。
ヘアカラーの中でも、白髪を染めるものを白髪染めと呼び、黒髪を染めるものをヘアカラーと呼びます。
白髪染めもヘアカラーも、通常は1剤と2剤を混ぜ合わせて髪に塗ります。
白髪染めと黒髪を染めるヘアカラーは、毛髪の色を濃くするか、薄くするかによって、成分の量や配合に違いが出ます。
白髪染めは白髪がキレイに染まるように、ヘアカラーは黒髪がキレイに染まるようにできています。

白髪染めをした後は、できるだけ色を長持ちさせたいものです。
そのためには、白髪染めをした後のケアが重要です。
特に白髪染めの後は、刺激を受けやすい状態なので、シャンプーを使用せずに液を十分にすすぎましょう。

その後、白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントを使い、白髪染めによってアルカリ性になった髪を弱酸性に戻してあげることが重要です。

また、シャンプーのし過ぎは禁物です。
シャンプーをし過ぎると、せっかく白髪染めで髪の内部に浸透させた染料を洗い流してしまうことになります。
シャンプーは1日1回にしましょう。

さらに、髪を洗う際に、力を入れて洗うのもNGです。
優しく、ていねいに洗うようにしましょう。白髪染めの頻度を少なくするためにも、白髪染め後は配慮のあるケアをしましょう。

白髪染めはお店でやった方がいい?

自分で行う白髪染めとお店で行う白髪染めでは、さまざまな違いがあります。
お店で白髪染めをやってもらうと白髪染めの料金は安くはありませんが、プロがやってくれるので白髪染めの仕上がりがきれいです。
すべてお任せできるので、白髪染めを行う際の準備や後片付けなどに手間を取られることもありません。
白髪染めの染料が手や服につくなどといった失敗もありません。
何より、自分で白髪染めを行うよりも頭皮や髪へのダメージが少ないのです。

美容院などのお店で行う白髪染めは、高い料金を取られます。
それは技術料だけではなく、白髪染めに使用する薬剤も安いものではないからです。
使用する白髪染めには髪や頭皮にダメージの少ない成分が配合されている白髪染めを使っているのです。

さらに頭皮に近い部分とそれ以外の部分では使用する白髪染めの薬剤も異なります。
頭皮に近い部分にはよりダメージが少ない白髪染めの薬剤を使います。
このような配慮がなされているので、白髪染めをしても髪や頭皮へのダメージも少なくてすむのです。

お店で白髪染めを行うと楽ですし、キレイに仕上がります。髪や頭皮へのダメージも少ないといったメリットがありますが、やはり自分で白髪染めを行った方が安くできますね。

また、定期的に白髪染めに通わなければならないので、その時間を確保する必要があります。
白髪染めは10分や20分でできるものではないので、時間を確保するのは忙しい人にとっては難しいこともあるでしょう。

お店に行けないと、白髪が目立ってしまいそれがストレスになってしまうこともあります。
そんなときは、自分で白髪染めをした方が楽だ、と感じることも多いかもしれません。

白髪染めの頻度に注意


白髪が気になるのはストレスになりますが、白髪染めを行う頻度には注意しましょう。

特に自分で白髪染めをする場合は、2ヵ月に1回程度が理想です。

白髪染めは特に自分で行う場合は、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。
その結果、白髪染めをすると白髪を増やしてしまうことにつながるのです。
それを避けるためにも、白髪染は多くても1ヵ月に1度のペースで行うようにしましょう。

そこでおススメなのが、2ヵ月に1回はお店に行って白髪染めをしてもらい、白髪が気になった部分を自分で白髪染めをするという方法です。

部分的な白髪染めであれば、色ムラの心配も少ないでしょう。
気になる白髪をすぐに染めることもできます。

白髪用カラーシャンプーのメリットとデメリット

最近では頭皮や髪へのダメージが少ない白髪染めも増えていますが、やはり白髪染めを使う限り多少のダメージは覚悟しなければならないでしょう。

しかし、それを防ぎながら白髪染めができる方法として、白髪用カラーシャンプーがあります。

白髪用カラーシャンプーは白髪染めとは異なり、頭皮か髪を傷める心配がないどころか、頭皮環境をよくしてくれる成分が配合されている白髪用カラーシャンプーが多く、手軽に使えるのがメリットです。
白髪用カラーシャンプーを使うだけで、白髪が少なくなっていく、という理想的な方法が白髪用カラーシャンプーです。

白髪用カラーシャンプーは通常のシャンプーと同じように使うだけです。
それだけで白髪が染まるのが白髪用カラーシャンプーです。

白髪染めのように放置する必要もなく、洗って流すだけというのも白髪用カラーシャンプーのメリットとなっています。
白髪染めのように放置する時間も必要ありません。



また、白髪染めのように、「白髪染めをした」ということが分かりにくく、自然に白髪を染めることができるのも白髪用カラーシャンプーのメリットです。

ただし、白髪染めのように即効性がないのがデメリットとも言えるでしょう。
色がつくまでには最低でも1~2週間程度かかる白髪用カラーシャンプーがほとんどです。

白髪染めのようにすぐに白髪を染めたい、という場合にはおススメできませんが、自然に色がつき、白髪染めのように頭皮や髪などに与えるダメージが少ないので、頭皮環境がよくない、という人に白髪用カラーシャンプーはおススメです。

さらに白髪が染まった後も使い続ければ、白髪予防にもなります。
ただし、通常の市販のシャンプーと比べると白髪用カラーシャンプーは高価なものが多いので、コストはかかってしまうでしょう。

白髪用カラーシャンプーにはどのような成分が含まれている?

白髪になる原因は頭皮環境が悪くなっているということも要因の一つです。

特にそれが気になっている人は、白髪用カラーシャンプーの成分も気になるところでしょう。
白髪用カラーシャンプーの多くは天然成分が使用されています。

そのため、頭皮や髪への負担が少ないのです。


さらにアミノ酸系の白髪用カラーシャンプーも増えてきていますので、白髪用カラーシャンプーの中でもそういったタイプの白髪用カラーシャンプーを選ぶことで、頭皮環境の悪化を防ぐことができるでしょう。

ただし、そういった白髪用カラーシャンプーは洗浄力が物足りないと感じることもあるでしょう。
その場合は2度洗いをすることをお勧めします。
余分な皮脂が取り除かれないままでは、頭皮環境の悪化につながりますので、面倒かもしれませんが、汚れはしっかり落とすことが大事です。
白髪染めの手間よりは面倒ではないでしょう。

また、白髪染めをしている人も、白髪用カラーシャンプーを使うことで、頭皮や髪へ負担を減らすことができるでしょう。
白髪染めを繰り返して、頭皮や髪にダメージを受けている人は、白髪用カラーシャンプーを使ってみるといいでしょう。

白髪用カラートリートメントのメリットとデメリット

白髪用カラートリートメントは、髪を美しく保つための成分が配合されているものです。


白髪用カラーシャンプーよりも美髪のための有効成分が多く含まれ、また色がしっかりつく、というメリットがあります。

そうはいっても、白髪染めのようにしっかり色が付く、とは言えませんが、白髪用カラートリートメントは5~10分放置するだけです。
さらに2~3回と白髪用カラートリートメントを使うことで、よりしっかりと色がつく白髪用カラートリートメントが多いです。

白髪用カラートリートメントにもさまざまな種類があり、放置時間は数分のものもあれば、30分以上待たなければならない白髪用カラートリートメントもあります。
また、満足するには最低でも1~2週間程度かかるものも。
色がついたら、毎日使う必要はなく、週に1回程度の使用で大丈夫です。

デメリットは価格です。

白髪用カラートリートメントは通常のトリートメントよりも高額な白髪用カラートリートメントが多いです。
しかし、一度色がつけば、毎日使う必要はないので、美容院などで白髪染めをするよりもリーズナブルです。

もちろん、白髪用カラートリートメントを使っていれば、他のトリートメントを使う必要はありません。ただし、白髪用カラートリートメントの中には、毎日使わない方がいい白髪用カラートリートメントもあります。

それぞれの白髪用カラートリートメントの使用方法を確認し、正しい方法で使用しましょう。

近年では頭皮のヘッドスパ効果が期待できる白髪用カラートリートメントや、より簡単に色がつく白髪用カラートリートメントなども出ています。
また、白髪用カラートリートメントは、肌への負担が少ないので、素手で取り扱っても問題はありません。

しかし、中には、白髪染めほどではありませんが、手に色がついてしまうこともあります。気になる場合は、ビニール手袋などを利用するといいでしょう。

白髪用カラートリートメントを効果的に使用するには?

白髪用カラートリートメントの効果を上げるためには、量はたっぷり使うことをお勧めします。
白髪が気になる部分を中心に髪全体になじませるのですが、量が多い方がムラなく、しっかりと色がつきます。
また、種類にもよりますが、1回の使用だけではなく、数回繰り返すことでキレイに色がつくでしょう。

白髪用カラートリートメントを使うのは、シャンプーをした後が多いと思いますが、中にはシャンプーをしなくても使えるものもあります。
その際には、ヘアワックスやヘアクリームなどのヘアケア製品がついていない状態で使いましょう。
髪にワックスやクリームが付着していると、成分が髪に浸透せずに効果が出にくくなります。

また、トリートメントをすすぐ際には、色が出なくなるまでしっかりとすすぎましょう。
すすぎ残しがあると、色が枕カバーや衣服などに付着してしまうことがあります。

また、頭皮や髪にダメージが少ないと言われていますが、肌の弱い人はパッチテストをすることをお勧めします。
腕の内側や太ももなどに、綿棒でトリートメントを塗り、乾かします。
1日放置し、かゆみやかぶれ、痛み、赤みなどが出なければ大丈夫です。安心して使用しましょう。


白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントの選び方

さまざまある白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントですが、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
選び方の目安としては、次のようなポイントをチェックするといいでしょう。

センブリエキスヒアルロン酸など、頭皮環境をよくする成分が主成分となっている商品を選ぶことをお勧めします。
色持ちを重要視するなら、シルクプロテインプロビタミンB5などといった、髪のダメージを補修してくれる成分が配合されているものを選ぶと、色が落ちにくいです。

白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントは、継続して使用するものです。
そのため、あまりにも高額な商品だと継続できなくなってしまうこともあります。
自分でできる範囲の金額の商品を選ぶ、または定期購入や複数購入だと安くなる商品を選ぶと買いやすいでしょう。

白髪染め、白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメントの購入方法と注意点

白髪染めや白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメントは店舗や通販で購入することができます。
中でも白髪染めを自分で行う人は、ドラッグストアや量販店、スーパーなどで購入するケースが多いでしょう。
ドラッグストアなどの店舗で白髪染めを購入するのであれば、写真などがあり色も確認できるので安心です。
ただし、写真なのでそのままの色通りになるとは限らないという点は承知しておきましょう。
店頭で購入すれば、送料などもかからずにすみますね。

また、CMなどで紹介されている白髪染めや白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメントが、必ずしも自分に合っているとは言えません。
人気があるから、よく聞く名前だから、などといった理由だけで、白髪染めを購入することはやめましょう。
これは白髪染めだけではなく、白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントにも言えることです。

白髪染めを購入する際には通販が便利です。
さまざまな種類の白髪染めがありますので、特に肌の弱い人や頭皮や髪にダメージを受けている人などは、頭皮や髪に優しい成分が配合されている白髪染めを購入することができます。

白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントも店舗ではあまり数が多くないため、通販で購入する方がいろいろなタイプの白髪染めや白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメントなどから選ぶことができます。


白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントは、通販でしか購入できないものもあります。
また、通販を利用して白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントを購入すれば、定価よりも安く購入できるといったケースもあります。

だからといって、高額な白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントがいいか、というと100%そうとは言えません。

大事なのは、どのような成分が配合されているか、白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントに配合されている成分が自分に必要なものか、ということです。

また、白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントは、白髪染めよりも使用頻度が高くなりますので、あまり高額な白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントを買ってしまうと、後が続かない、ということになりかねないので、注意しましょう。

自分のできる範囲の価格帯の白髪用カラーシャンプーや白髪用カラートリートメントを購入することが大事です。

白髪を増やさないためには?

白髪染めや白髪用カラーシャンプー、白髪用カラートリートメントなど、さまざまな白髪対策はありますが、頭皮環境が悪い、不健康な髪の毛だと、上手に白髪染めができないことがあります。

白髪染めの効果を高めるためにも、白髪を増やさないためにも、黒髪になるためのメラニン色素を正常に生成できる状態でいることが大事です。

そのためには、髪や頭皮に対する栄養が必要です。メラニンを作り出すためには、チロシナーゼ酵素が必要です。
そのためには、昆布ヒジキに含まれるヨードを摂ることが大事です。
また、メラニン色素の一つであるチロシンは、チーズなどの乳製品や、アボカドバナナかつおまぐろ大豆ナッツ類に含まれています。

また、血行不良になると毛母細胞に栄養が行き届かず、メラノサイトも活性化されません。
適度な運動、毎日の入浴などで体を温める、といったことを実践しましょう。

さらに睡眠不足をすると自律神経が乱れて成長ホルモンの分泌が悪くなります。
血行不良にもつながり、新陳代謝が遅れてしまい白髪ができやすくなってしまいます。

ストレスも自律神経を乱す原因となりますので、注意しましょう。
急激なストレスを感じると白髪が増える、というケースもあります。
無理をしない、休息を取る、リラックスする時間を作るなど、ストレスを発散させましょう。

さらに、紫外線は肌だけではなく、髪や頭皮にも悪い影響を与えます。
紫外線は頭皮を乾燥させて、皮脂の分泌を過剰にして頭皮環境を悪くします。

さらに活性酸素を生み出し、細胞を老化させてしまうのです。
その結果、白髪が増えるということになります。
頭皮や髪の紫外線対策としては、帽子や日傘を活用することです。

白髪予防の方法として、頭皮マッサージもおススメです。

白髪用カラーシャンプーでシャンプーをするときなどに、頭皮マッサージをしましょう。
頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行がよくなります。

方法は簡単です。
頭皮を指の腹で揉みこむようにマッサージをします。10本の指で頭皮をつかみ動かす、という動作も取り入れるといいですよ。

頭皮環境をよくし、健康な髪でいることで、白髪を減らし、また、効果的な白髪染めができるのです。

おすすめ