•  
美容

美肌 エステ 脱毛

脱毛クリームの効果とメリット・デメリット

脱毛クリームの効果とメリット・デメリット

ムダ毛のお手入れの方法のひとつに、「脱毛クリーム」があります。
脱毛という名前がついていますが、正確には除毛クリームであり、除毛の効果は長く続きません。

しかし仕上がりのキレイさから、定期的に利用している人も少なくありません。
脱毛クリームの効果やメリット、デメリットについてまとめました。

脱毛クリームって何?どうやって使うの?

脱毛クリームは、ムダ毛の気になるところに塗ることでムダ毛を除去することができます。クリームの他に肌に伸ばしやすい脱毛フォームやローション、ジェルなどの形状のものもあります。

脱毛クリームの使い方は簡単。ムダ毛が隠れる程度の厚さに塗り、指定の時間(5~10分程度)そのままにしてあとはふき取り洗い流せばOK。

クリームに配合されている成分がムダ毛を根元から溶かしてくれます。
実際に試してみると、ムダ毛がチリチリに縮まって面白いほどよく取れるのでびっくりするかもしれません。

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームのメリットは、カミソリなどで処理するよりも仕上がりがキレイなことです。
カミソリで剃っても、せいぜい毛穴ギリギリのところで毛がカットされるため、毛がブツブツして見えることがあります。

脱毛クリームを使うと、毛穴の中までクリームが浸透するので、見た目では毛の断面が見えません。
そのため、ムダ毛のないキレイな肌に見せることができます。

また、カミソリで剃った後のように剃り跡のジョリジョリ感がないのも人気です。
つるつるとした状態はカミソリよりも若干長い間持つところもメリットですね。

脱毛クリームのデメリット

脱毛クリームの最大のデメリットは、肌に負担をかけやすいところです。
クリームには毛を溶かす成分が配合されています。
剛毛を溶かすほどの強力な薬剤が使われているため、肌が荒れる原因になってしまいやすいです。

そのため、肌が弱い人には向きません。
また、肌が丈夫な人も繰り返し使用するとダメージを受けやすいです。

また、薬剤が強いため顔の脱毛には使えません。
デリケートなVIOラインも避けた方が無難でしょう。

脱毛クリームを使う場合は、必ずパッチテストをして肌トラブルがおきないかチェックしてからにしてください。
最近は肌あれしにくいタイプの脱毛クリームも増えています。
敏感肌の場合はこうしたタイプの脱毛クリームを選ぶ方法もあります。

肌あれを防ぐには、脱毛クリームをしっかり洗い流したあとの保湿が大切です。
赤みが出たり、熱を感じたりしたらすぐ肌を冷やして消炎効果のあるローションなどでお手入れするようにしましょう。

脱毛サロン特集

脱毛に関する記事

おすすめ